2017/03/25

チャンゴ体験

チャンゴのワークショップがあったので、どんな楽器でどう演奏するか興味が湧き、参加してみることにした。
 会社を16時に退社したのに、途中の駅で電車を約30分待つことに、、、
都会だと思っていても、こんな事はよくある。
吹きっ曝しの駅のベンチで、じっと本を読む指先が冷たい。
東京では開花宣言があったというが、家の前の桜にその兆しは遠い。

やっと来た電車に乗り、、(、結構混み合っている。これなら、電車の間隔を狭めて本数を増やせよな)
鶴見のサルビアホールの受付に行く、一番乗り!
会場は広く、新しい。
ここに入るのは初めてなので、ちょっとドギマギした。
37863787

募集は40人だったが、参加者は約10名。
ちょっと寂しい気もする。 この場所自体有名というわけではない。
それに、何せ韓国の民族音楽だから、毛嫌いする人もいるのではないか?


3789


これが、そのチャンゴという楽器()左右で高低の音が違う。 
左右の皮を結んでいる紐を絞ることで音程の調節が出来る。
利き手に、ムチのような竹を軽く持つ。 
私は右利きだから、チャンゴはこの向きのまま、打面の2/3を叩く位置にあてる。
左は木魚を叩く棒のようなスティックを下向きに、小指の上を通して挟むようにして持つ。
叩く位置は左の打面の中央。 こちらは、左手をひねって右側を叩いてもよし、直に左手で叩いても良いと言うことである。

叩き方は3種類、①左右両方を一度に打つ「トン」、②右を打つ「タ」、そして③左で打つ「クン」
リズムは三拍子というか、二分音の三連符。
説明によれば、全体が、「起」「景」「結」「解」の4パートに分かれ、それぞれが3音ずつの打点があり、全部で12打点の繰り返しという。
例えば、
トン クン タ、 クン タ タ、 クン クン タ、 クン クン クン
といった打順で、12打で一つのループを構成する。
1打目は両手で叩く「トン」なので、大きな音、そして9音目が「タ」でこれも強く叩く。
10~12打目は弱く叩く。 これがお約束形ということらしい。
音を省いたり、早めたりの変化もある。 しかし、第1打と9打は変わらないという。


説明を受け、1時間ほど実際に叩いてみる。 単調でない事が、音を楽しくさせている。
最後に20分ほど先生(李昌燮)の演奏に聴き惚れる。
3792


良い体験でした。 でも、習おうとは思わない。 知っているだけで良いかな?

お借りした楽器には、「潮田小学校」とラベルに書いてあり、
「へぇー、小学校で習っているんだ」と感心させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

味噌造り

朝7時に家を出る。北習志野09:15の待ち合わせには遅れたくないから、、急ぐ。
大手町で東西線に乗ったが、西船橋止まり。 西船からはベティも乗ってきたので、くっちゃベリながらガラガラの車内を笑い声で満たす。
北習志野では、エリジーニャに会う。 
そう、今日の味噌造りは、サンバ人のためのサンバ人の味噌造り、北習志野から乗ったバスにはサンバ関係の人で一杯。
とあるバス停で降りた。 バス停名はここに記載できないのでご勘弁を
そのすぐ近くに味噌造り場があった。
到着すると、既に味噌の仕込みのために、大豆を茹でてあり、冷ますために外気に当てている。
0173


造る手順は
まず、塩と麹をよく混ぜる
0174


そして、茹でた豆をいれて、混ぜる
0178

よく混ざったら、それをミルで磨りつぶす。
0181

そして団子状にして、樽に空気が入らないようにして詰める。
0184
0185
0188


最後にラップでフタをし、周りはアルコールでよ~く拭き取り消毒して、冷暗所に保存しておくだけである。
納豆菌がはいると納豆になるので、気をつけよう。
そのため、この1週間、納豆を食べていない。

ここで、できあがるまで半年以上預かってくれるというのだが、出来上がったときに着払いの宅配便が煩わしく、この後バテリアの合宿もあるので、早く退出する必要がある。
たかが10kg、持って帰ることにした。

しかし、思いの外、重い。 すぐ悔やんだが、そこは根性、岩井まで持って行って、翌日フェリーに乗って帰ってきた。

京急久里浜駅に着いて、携帯が無いのが判り、公衆電話から、フェリー会社に電話した。
見つかったので、港にとって返したが、結局1時間のロス。
みんなと一緒に電車に乗ってぐるっと東京湾を回っても時間は変わらなかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/09

ミニツアー

甥っ子の結披露宴があるというので、この連休中に愛知県に行くこととなった。
でも、ただ行くだけではつまらない。 どうせならもう一泊してミニツアーと洒落こむこととした。

1月7日朝7時前に 家内と一緒に車で家を出て、まずは長男を拾いに行く。
三島を出たのは、8時半になってしまった。一旦御殿場まで戻り、富士の東側を進み、中央高速にのる。
諏訪湖SAで休憩したが、なんと諏訪湖にはまだ氷が張ってない。 暖冬を感じた。
とりあえず松本に着き、我が家の初詣として四柱神社を選ぶ。
3624


 
おみくじを引くと「吉」であった。 なんか今年は良さそうな一年になるかな?
そして、松本のB級グルメ「山賊焼き」(鶏肉のカツ?)を食す
3627

もう少しガーリックが効いた方が良いかな?と思ったが、まずまずである。
国宝から世界遺産をねらっている松本城は外観のみ見て素通りした。
3634


そこから、大王山葵農園に向かい、見学してきた。 わさび漬けを買ったが、山葵本体はかなり高額なので、ちょっと手が出ない。 そろそろ白骨温泉に向かう時間であったが、ちょっとだけ立ち寄った安曇野のJAが出している店に立ち寄ったら、山葵の値段が少し安い。 それでも、手が出ないので、一束¥300円の小さな若芽の山葵を購入した。
安いよ~!

白骨温泉に到着すると、1時間前に到着を知らせておいたお陰と思うが、既に部屋が暖められていて、気持ちよかった。 かつらの湯「丸永旅館」
3641


 
白骨温泉と言うだけに、お湯は白濁しており、気持ちよかった。
露天風呂の方は、混浴で、浅ましい欲望が起こるのは㍗仕方ないでしょうね。
36453652

食事も美味しく、久しぶりに温泉に浸かったと感じられる宿でした。
翌朝の朝食もしょっぱくなく、良い温泉でした。
9時半に出立して、岐阜の高山に向けて走らせたが、道路への積雪はなく、ラッキーでした。
雪が積もっていても大丈夫なようにスノータイヤを履いていましたが、ないのはないでスノータイヤの力が発揮できず、ちょっとがっかりな面もあります。

高山では、旧市街の風景が活かされており、気持ちよい風情でした。
3666

ここでは、飛騨牛のにぎり寿司が有名で、右の霜降り2貫¥800円の握りはとろけるようで、スルッとのどを通っていきました。
3672


さて、ここから愛知県蒲郡の宿までは3時間以上かかるので、早々の体で高山市を離れることが非常に残念で、次回は、ゆっくり来ようと思いました。

午後の高速道路を南下していくと、かなりの強い雨に見舞われ、山の上ではきっと吹雪だと思えば、一日早く温泉旅館に行けたことを喜んでいます。

西浦温泉に着いたのは15時半、ここでは、娘夫婦と合流した。
フロに入ったが、お湯が透明なので、少しガッカリ。
はてさて、甥っ子の披露宴はというと、、、、××的な話もあるので、割愛。
3674


  サンバダンスを見せつけたのが、良かったのか悪かったのか。。
翌朝は、娘夫婦と5人で相乗り、車に荷物を一杯積んで三島まで戻ってきました。
三島といえばやはりウナギ! 「うな繁」へ!
石焼きウナギを
3685


 
たれを器に沿ってかけて焼けたご飯と一緒に、また、とろろ汁をかけて食し、最後に残ったのは、だし汁をかけてお茶漬けのようにして食す!
3種類の食べ方が出来るのが、一番かな?
まあ、今回は食い道楽の旅と言っても良いのかな? 
総行程距離 1030㎞の旅で、うち200㎞は長男長女が運転してくれました。 子供達にも感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/14

夜の会合

陽のとっぷり暮れた土曜日。
東京駅近辺をぐるぐると探し回りました。Tekko St.って、よく判らない場所にあったりして、、
30分近く歩き回って、見つけました。お寿司のお店。
そこそこの料理が出て、美味しい日本酒飲み放題で¥5,000.- 安いですね。

大学の後援会活動で知り合った仲間達とワイワイ話しているうちに、
3603


時間はどんどん過ぎて、お寿司の食っきんぐ時間。
お寿司がこの形で出てくるとなんか良い感じがします。

お開き前に、次の幹事は?っという話になり、次回は新年会で私が幹事とか、、、、記憶にないけど、メールで知りました。(笑。

ハワイの話も出ていたようで、これもメールで知りました。

月曜日、メールが来た。 
ハワイ旅行の案内。

なんと来年の夏の設定で、9日間!

往復飛行機代各自負担、自由行動、現地集合現地解散、宿泊地格安、滞在日程自由!
(うへ! 上の行はひらがな無しの中国語みたい)

その後、メールでのやりとりがバタバタと数日。
決めちゃいました!

もちろん、うちは家内同伴、しかし、女性の参加者は単独行動! 自由してるね?

驚いたのは、半年以上先の話なのに、飛行機の座席予約がかなり埋まってるのだ。
ホント、飛び上がるぜ! 

学生時代に帆船で立ち寄ったきり、実荷40年ぶりのハワイです。
もう今から、心躍らせています。

良い旅行になるに違いない。=^_^=

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/09/25

久しぶりに飛ぶ

3374


 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 

今朝の富士
なぜか中腹が赤っぽい。
紅葉なのか? 低木もほとんどないと思われる場所と思っていたが、
これは秋の兆しだろうね。
富士の頂上付近は冠雪している。 あそこはもう冬。
うっかりとは行けない所ですね。

さて、久しぶりに朝霧に来た。 そして今日は、本と久しぶりに富士に向かって跳躍する。
3377

 
 
 
 
 
   
 


あの高さまで上がれればいいが、今日は何となく上昇気流が少ないので、私には無理かも。
思った通り、午後には雲が広がって、上昇気流はなし。
それでも、久しぶりの空の上は気持ちが良い。
もっとこまめに来て、早く上のクラスに上がらなければと思うのだが、この秋も予定は多い。
娘の結婚式も2週間後。  

気晴らしの空でもないが、済んだ空気に心を洗われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/19

今年も新米が、、、やはり美味い

今年も新米を仕入れに愛知県田原市に買い出し旅行である。
出がけに、車屋さんに寄って車検証を車にしまい込んだ。 0930出発である。
東名高速に乗り、沼津に向かうが、凄い雨が降り出した。
撥水加工したフロントガラスを飛沫が流れていく。見ていて気持ちいいが、霧雨の時は結構見づらい。
ワイパーを回すと、皮膜がはがれると思い、極力我慢する。
でも、海老名のSAを出るとき、思わずウィンカーのつもりで左手を動かしてしまった。日本車なのに、、。
メロンパンのために海老名に寄らなければ良かったのかも知れん。
ぬ場津インターでも、ついうっかり伊豆縦貫道に入り込んでしまい、3㎞ほど遠回りをしてしまった。
息子の家に立ち寄って、息子を乗せ、また東名に戻った。

残りわずかになったヒネ米があったので、おにぎりにしてもらい、車中でほおばる。 ヒネ米でも、しっかりと美味しい。 しかし、しくじった。 おにぎりを食べると言うことは、息子と美味しいものを食べに行けないではないか?
三ヶ日を過ぎて、しばらくすると燃料系に赤ランプが点灯。 次のインターで降りる予定だったので、すぐGSを探した。
横浜まで帰ることを考えれば、20Lあれば十分。 ここのガソリンの値段が数円高いので、
「現金で20L!」と頼んだ。 時間調整のための立ち寄り地を検索していたら、、
元気な顔のお兄さん(バイト?)が「はい、40Lで、4,760円です」 え?
「現金で20Lと言ったよ。なんで?」 見るとメーターは40を示しているし、、、間違いに気づいたのか、若いお兄さんとって返して戻っていった。 この時点で、¥110/L位なら40L分払ってもしょうがないかな?と思っていた矢先、、
先ほどのお兄さんが¥2,380の領収書を持ってきた。 え?ほんとに良いの?
ここは素直にありがとうして、「悪かったね」と声をかけておさらばした。

そこから2㎞離れたお稲荷さんに行く。
3355


全国的に有名な商売繁盛のお稲荷さんである。
しかし、立て札を見ると豊川稲荷というのは通称らしく、妙厳寺と言うのが正式名という。
知らなかった。
てっきり神社だと思っていた。
 


門の前でおもしろいマンホールを見つけた。
3353


なかなか面白い図柄である。
こういうのがあるから、マンホール写真の楽しみが大きい。

 
かくして、田原に到着し、まずは、菓子蔵「せき」に、、、爆買いするためだが、ここのアサリ煎餅は美味しいんだね。
毎年、ここで買うのが恒例となっている。
その後妹を乗せて、玄米袋詰め工場に行き、義弟の作ったお米を車に240kg積み込んだ。
その工場にいたおばちゃんから餅米5kgももらい、嬉しい限りである。

夜は、田原の花火大会であるが、生憎の雨。
花火の見えるお墓に行ったが、途中雨に降られて、酔いも覚めるわぃ。
で、花火は毎年綺麗で、今年も新作の花火が一杯である。
ここの花火は素晴らしいと、いつも感心する。

翌朝、妹夫婦に別れを告げ、近くの農協に行って、コイン精米器にかける。 30kgで¥400円という安さだから、沢山精米するときはここに限る。

さて、東名に最短距離で向かうと、一カ所、有料道路があり、ETCでなく人が集金しているはず、と小銭を用意した。 しかし、料金所の付近はがらりと変わり、建物がない。 やった、償還が終わったのだ。
今回の米買い旅は、金銭的に恵まれているなぁと思った。
14:00から、町会の会議があるので、東名をとばして沼津に着くと、10:45、、美味しいものを食べる時間は余裕がある!
そこで、息子の家の近所の「うな繁」に行く。Dscn3362Dscn3365

 
美味い!
ある程度客を見越して、ウナギを調理しているようで、ウナギを注文して15分もしないうちに料理が運ばれてきた。
 
これも良い。
息子が頼んだのは、石焼き鰻丼であるが、たれを注ぐと、美味しいお焦げが出来、パクつくことが出来る。
また、とろろが用意されていて、お椀に載せて一緒に食す。これも良い。
最後は昆布茶をかけてサラサラと、、ひつまむしのようだ。

ガソリンと有料道路代が少し浮いたが、ここで、一気に破産。
美味い物とでは、引き合いに出す方が間違っている?
ははは。
しかし、美味しかった。

横浜に着いてお米を納屋に移したら、、結構疲れ、会議に5分ほど遅れてしまった。Y。
ふん、良いトリップでしたぞ。=^_^=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/08

肉だ、肉だ、プルコギだ。

3305_2

 
 
 
 
 
  
 

よそ様のFB写真を見ていたら、急激に肉が食いたくなった。
そこで、TVでやっていた、「つるや」に行ってみた。
メニューを見てカルビが¥1,100.-でびっくり。手が出ない。
ホルモン、コプチャンなどの内臓系の安いのにした。
ご飯は大盛りって、、、、これじゃぁ、○○様のご飯みたい。


3301

 
 
 
 

 
 

で焼き始めて、箸でつまんで食べると、これがうまい!
肉を頼みすぎたキライがある。 ホルモンだけでご飯一杯いけちゃう。
ビールのつまみにセンマイ刺しも頼んだが、これもイケル! 
  

3307


久しぶりのせいか、大満足。 
 
 
 
 


ただしこの店は味は良いのだが、欠点がある。
1.少し隣で吸ったタバコの煙がこっちに流れてくる。 これはいけない。 せっかくの気分が台無しになってします。
2.レシートが機械式でなく、メモに書き込んだもので、当然通し番号もない。 絶対脱税している。 それも桁違いの額だと思う。 想像だが、2000万ぐらいはいってるかな? そのうち国税局の捜査が入るに違いない。 
 

3306


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/01

浅草サンバカーニバル2016

浅草寺の裏はパレードの前々日から、パレードに使う山車の組み立て作業が始まっています。
今年のメインの山車はこんな感じで、温泉をイメージしています。
Dscn3301Dscn3309

 
 
 
 
 
色っぽい像でしょう? 「しげこ」さんと名付けられました=^_^=

小さな山車もあって、それぞれ温泉場のイメージが湧くように工夫しています。
Dscn3315Dscn3316

 
 
 
 
暑い日差しの中、木曜の午後、金曜、土曜のスタート間際まで、組立や飾り付けに忙しくしています。
当然ながら、みんな有給休暇を取って、作業をするのですが、私は午前中歯医者の予約を入れちゃいまして、木曜日の午後から参加しました。
ここの作業する場所は、境内であるため、露出の多い服やド派手な服は禁止。 音出しも禁止。 ましてやサンバ衣装など、即刻退場の上、減点対象です。 警備員もいて、皆、神経使っています。

それでも、午後6時には作業を止めなければならないので、その後がプレ宴会で、近くのホッピー通りへ向かい、仲間内でこってり飲むのである。


明日が楽しみ~~~~!


夜が明けると、本番当日。 集合場所に集まり、衣装を確かめて、山車の最終飾り付けへ向かう。
12時半になると、周辺の道路は規制が始まり、車両をシャットアウト。
13時からS2リーグのスタートが開始する。

トップリーグはちょいと遅く、14時に完全スタンバイ
我々は、こんな衣装を着ていました。
Rimg0652

そしてバテリア(楽器隊)は近くの小学校の体育館で「音出し」、まぁ、楽器の調子を見るようなものである。 空を見ると雨が降ってきました。 丁度体育館にいる間が、一番強く降っていました。
外に出ると、ぽつぽつの小雨に変わり、雨が止んでいきます。
ここで、16時のスタートまで、待機。


Rimg0661

ちょいとしたところで、休むと、なんか元気が湧いてくる。
スタートが近くなると、だんだん不安と期待と色んなものが心にわき上がってくる。

さあ、スタート。 音出しOKサインが出ると、スピーカーから、檄が飛ぶ。
「みんな温泉に行きたいか?!」 Oh!
...........
そして、ヘピニキ(小太鼓)の音が、タンタンタタタン タンタンタタタン タンタンタン と音を刻み始めたら、後は怒濤のように歓声と楽器の音が響く。
もう、こうなったら、ゴールまで、、、

沿道には知った顔が一杯いて、みんな応援してくれている。 気持ちいい!
小雨が肌に当たるのも気持ちいい。
そして、松屋の前を右に曲がって、雷門へむかう。 
ここの角っこは、観客も少ないし。審査員席までまだある、ちょっと気を抜いた。
イカンイカン、後でVTRを見ると、笑顔が消えていた。 あいや~

その後は、目一杯、叩いて歌い、ゴールに着くまで真っ白。
時間内にゴールすると、疲れがどっと出た。

それでも山車をまた境内まで人力で押して行かなければ、、、早くビールが欲しい!

その後境内の手前で着替えの済んだ人たちとチェンジ。 
そして、苦労して作った山車は、分解。 18時過ぎには3台のトラックに積み込み、境内の我々の場所はゴミ一つなくなっていた。

50分のパレードのために、ここまでして、、、、

一時間後、虎ノ門近くの打ち上げ会場で、泡を口に大騒ぎ、、です。
パレード順位発表もあり、去年と同じ5位を知らされて、ガッカリするやら、まぁ、こんなもんかと納得する人。

さぁ、来年に向けて頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/14

体がきつい、それが楽しく続く良いこと、、、か?

木曜の外練では、衣装をまとって、楽器を叩きながらの行進練習。 日差しが照りつけ、本当に暑かった。
飲む水はすぐ汗となり、腕からしたたり落ちる。 これって、太りすぎの兆候かい? 練習が終わって、水を飲みすぎたせいか、ビールを飲む気がしない。 必然と休肝日、明日もあるしと思って、埼京線にのる。

よく金曜日、昼前に、うちの室長兼部長が体調不良を訴えた。 涼しい部屋にいても熱中症かと思ったが、すぐに救急車を呼んで診療所に送った。この場合、一人が救急車に同乗しなければいけないので、係長に乗ってもらい、私はもう一台の車に乗って、サポート役になった。
診療所では、脳に異常があるということで、大きな病院に転送することになり、結果的に脳幹に出血が認められ、そのまま入院することになった。 怒りっぽい人だし、タバコは吸うし、彼の父親も脳出血の履歴があり、多分喫煙所に行ってタバコを吸い、それが引き金になったのではないかと思おう。
14時前に奥さんが来院し、引き継いで、我々は帰ることとなった。 つくづくストレスは貯めないことが健康に良いと思う。
「stress_2016.pdf」をダウンロード


先日も、こんなレポートをいただいたが、厚生労働省の言う基準では、「ストレスをあまり抱えていないし、ストレスの要因となる要素もないようです」だって、、疑問に思うなぁ。

さて、練習のことを思い出し、友人に連絡を取った、しかし予定していた練習場所が取れないというので、夕方まで焦ったが、そうだ、自宅がある!と家に電話する。 が、家内は生憎の体調不良。 え?こっちも救急車? トイレで長くうなっていると、息子の返事。 出る物がでれば、、、
6時過ぎ、鶴見で練習場所を確保。 家と連絡したら、出る物がでた、特大のが、と報告あり、ほっとする。
友人が来るまで約一時間、一人で練習して汗がだくだく。 ちょっと休憩したら、友人が来てまた1時間弱の練習で本とへとへとになる。 今日は飲むぞと思っていたが、疲れの方が大きい。直行で帰ることにした。

翌日13日は、すっかり忘れていた梅干しを干し始めた。
2016
 
 
 


12時に三浦海岸に集合。
隣では、フレスコボールという、ブラジル発祥のスポーツをしている。Photo


 
 

この協賛が当然ブラジルで、そのご厚意で、我々もアシェが踊れるのだ。
ただ、オープニングでアシェを踊る時間があり、結構、動いてしまったので、疲れがどっと出たし、3番目と
2016_2

 
 

 
 
6番目が出番。 しかし、、、そう、疲れが出て、足がふらふら。
綺麗にそろった 
 
12
 
 
 
 
 
 
 
とは、比べものにならない。 でも、楽しい一日でした。
健康で、楽しく踊れるというのは、素晴らしい。
ストレス? そんな物は、ここにはありません。 ネ?

疲れは翌日にやってきた。
どうにも体がきつい。 今日は浅草前の全体練習の日だというのに、、、
お、お墓参りに? どうも義兄と家内、長男の3人で墓参りに行くというのだ。
どうせ私は遊びで忙しいからと、声とかけるのはぎりぎりのタイミングであった。
「はいな」
渡りに船というのはこのこと。 練習を休む口実が出来た。
お墓参りが骨休めだって?ふざけるなよ!
って声が聞こえそうですが、お墓ではみんな骨が休んでいますよ。 (笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/07

土曜はどうよう

歯医者の予約は3週間前に変更し、家内と一緒に出かけた土曜の朝、既に陽は高く昇り、うだるような暑さに変わっている。 横浜駅から10分ほど歩くとそのビルはあった。 7階に受付があり、ずらりと並んだ花嫁のドレスの数にびっくり、広いフロアなのに5階に案内された。 その一角にこの朝の目的、モーニングの試着室があった。
Dsc3250


試着すると、こんな様になる。

家内はふつうの黒だろうが、バージンロードを歩くほうは、モーニングだろうと今朝の試着会となった。
シャツはレンタルできないが、そのほかをあわせると3万円を少し出る。 シャツを入れてほぼ4万円!
たった3時間がこの価格である。 試着だけで1時間半。 娘のためなら、どうって事ないか。

家内とサンドイッチの軽食を取り、別れて、私は鶴見の工場へ向かった。

工場入り口で記念写真を撮る。

Dscn3258
なんじゃこりゃ。
ここは、写真のビール工場。
一番搾りを大々的に宣伝している。
 
 
 


そして隣接するレストランで、
食い放題飲み放題の至れり尽くせり

Dscn3263


5時に終わった後、急いで戸田に向かう。
 
 
 
 
 

Photo


戸田公園駅に着いたのは19:00丁度、そこから人のごった返す中を20分近く歩き、やっと見つけた友人達。
いつも一緒にブラジルの踊りアシェを踊っている友人達です。
圧巻の花火!それも頭上を見上げる巨大な夜空の饗宴は感動させる物があります。
寝ころんで見るのが一番。
他の人たちは6時くらいから飲んでいるので、私と同じ酩酊状態である。

その宴も20:30には終わり、対岸の板橋とあわせて、推定30万人近い人が動き出した。
当然駅は込んでると思い09:30頃駅に着いた。
駅の改札に上がる階段はまだ規制され、たどり着いた改札を見ると、なにやらいつもと違う感じ。 降りるときは気づかなかったが、改札口の隣の店の壁をぶち抜き、臨時の改札口を設けてホームに人を上げている。

この駅の一番のネックは改札口、次に昇降階段で、入ってきた電車を見るとまだ客車に余裕がある。 
輸送能力に問題があると思って、それが空いたと思ったときに来た私は大きな計算間違いをしていたことになる。
あの階段幅で1分間に何人が上れるかが一番の計算方法。
自分の算数の能力に疑問を感じた。 ははは。

さて明日は、府中の商工祭り、パレードとステージで頑張るぞ、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧