2016/12/21

クリスマスパーティ

2945

クリスマス近くになると、パーティが開かれる。
場所は和光市、サンアゼリア小ホール。
浅草サンバに出場するトップリーグのチームのパーティである。

批判的に言えば、大人の学芸会ってとこですが、この日のために半年前から準備してきて、この姿です。
3609


一つは女性3人と男性4人で踊る数分間のサンバショー。 もう一つは8人で踊るアシェというブラジルダンス。
両方ともしっかりと踊り、楽しみました。 もっともサンバの方では、土台にしていた台が転けて、あわや私も転びそうになりましたが、何とか立ち直り、事なきを得たというハプニングはありました。
3608

最後にはバテリア(打楽器隊)でフィナーレを迎え、飲む(酒)、打つ(楽器)、買う(つまみ)、そして騒ぐの4拍子で大変に盛り上がりました。
今回の自分たちを含めた客は426人!
これで、一年が終わったように感じるのは、サンビスタ(サンバ人)だからなのでしょうね。

9430

さて、年賀状を書かなくちゃ、、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/03

壊れた楽器

楽器って優しく扱わないと壊れるんだよね。
でも、この楽器に関しては、、、
Dscn3326 
 
 
 
断面は3320



 

と、ちょっと画像が悪いけど、破断面を見ると右下側がさびが見えている。
最初から、もしくはかなり以前から表面に亀裂が入り、その後、叩いた振動で破断が進み、28日の夜にポツリと折れてしまったようだ。

同じような症状が、同時期に輸入したアゴゴ(打楽器)の同じ場所に多数現れているので、製造時に温度が低いまま、形を整えたため、そのときからの欠陥に違いない。 
今回の楽器も仲間の物だが、日本では作っていないので、修理するしかないよね。

破断した部分を綺麗に削り、少し尖らせたようにして、溶接金属が収まる場所を空けてやる。
Dscn3329
 
 
 


そして、溶接用の眼鏡を老眼鏡の上からかけて、、、
バチバチバチ(^_-)☆、-☆  - ☆
こういう点付けに近い溶接って難しいんだよね。
溶接の開始と、終了位置には溶接不良が発生しやすいので、長い距離なら綺麗に溶接できるのだが、、、

やはり一回付けて、気に入らない所を削り落とし、また溶接。
それでも
Dscn3332
 
 
 


とまぁまぁの仕上がり。

これで、喜んでもらえるかなぁ?
 


今回使用した道具はこちら、

 
Dscn3325


これは家庭用の溶接機である。 
今回使った2.0mmの溶接棒でも電流値は最低の位置にあわせた。
本業?いえいえ、ちょっと異常な事務系サラリーマン。
この程度は日曜大工ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/01

浅草サンバカーニバル2016

浅草寺の裏はパレードの前々日から、パレードに使う山車の組み立て作業が始まっています。
今年のメインの山車はこんな感じで、温泉をイメージしています。
Dscn3301Dscn3309

 
 
 
 
 
色っぽい像でしょう? 「しげこ」さんと名付けられました=^_^=

小さな山車もあって、それぞれ温泉場のイメージが湧くように工夫しています。
Dscn3315Dscn3316

 
 
 
 
暑い日差しの中、木曜の午後、金曜、土曜のスタート間際まで、組立や飾り付けに忙しくしています。
当然ながら、みんな有給休暇を取って、作業をするのですが、私は午前中歯医者の予約を入れちゃいまして、木曜日の午後から参加しました。
ここの作業する場所は、境内であるため、露出の多い服やド派手な服は禁止。 音出しも禁止。 ましてやサンバ衣装など、即刻退場の上、減点対象です。 警備員もいて、皆、神経使っています。

それでも、午後6時には作業を止めなければならないので、その後がプレ宴会で、近くのホッピー通りへ向かい、仲間内でこってり飲むのである。


明日が楽しみ~~~~!


夜が明けると、本番当日。 集合場所に集まり、衣装を確かめて、山車の最終飾り付けへ向かう。
12時半になると、周辺の道路は規制が始まり、車両をシャットアウト。
13時からS2リーグのスタートが開始する。

トップリーグはちょいと遅く、14時に完全スタンバイ
我々は、こんな衣装を着ていました。
Rimg0652

そしてバテリア(楽器隊)は近くの小学校の体育館で「音出し」、まぁ、楽器の調子を見るようなものである。 空を見ると雨が降ってきました。 丁度体育館にいる間が、一番強く降っていました。
外に出ると、ぽつぽつの小雨に変わり、雨が止んでいきます。
ここで、16時のスタートまで、待機。


Rimg0661

ちょいとしたところで、休むと、なんか元気が湧いてくる。
スタートが近くなると、だんだん不安と期待と色んなものが心にわき上がってくる。

さあ、スタート。 音出しOKサインが出ると、スピーカーから、檄が飛ぶ。
「みんな温泉に行きたいか?!」 Oh!
...........
そして、ヘピニキ(小太鼓)の音が、タンタンタタタン タンタンタタタン タンタンタン と音を刻み始めたら、後は怒濤のように歓声と楽器の音が響く。
もう、こうなったら、ゴールまで、、、

沿道には知った顔が一杯いて、みんな応援してくれている。 気持ちいい!
小雨が肌に当たるのも気持ちいい。
そして、松屋の前を右に曲がって、雷門へむかう。 
ここの角っこは、観客も少ないし。審査員席までまだある、ちょっと気を抜いた。
イカンイカン、後でVTRを見ると、笑顔が消えていた。 あいや~

その後は、目一杯、叩いて歌い、ゴールに着くまで真っ白。
時間内にゴールすると、疲れがどっと出た。

それでも山車をまた境内まで人力で押して行かなければ、、、早くビールが欲しい!

その後境内の手前で着替えの済んだ人たちとチェンジ。 
そして、苦労して作った山車は、分解。 18時過ぎには3台のトラックに積み込み、境内の我々の場所はゴミ一つなくなっていた。

50分のパレードのために、ここまでして、、、、

一時間後、虎ノ門近くの打ち上げ会場で、泡を口に大騒ぎ、、です。
パレード順位発表もあり、去年と同じ5位を知らされて、ガッカリするやら、まぁ、こんなもんかと納得する人。

さぁ、来年に向けて頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/26

明日はいよいよ浅草サンバカ-ニバル!

明日は
浅草のサンバカーニバル!

この日を待ちわびている人は数多い、
韓国に帰省した我が語学先生を除いて、、

カーニバルには山車がつき物、その準備に、今日も30人以上が浅草寺の裏に集合、真夏の炎天下で組み立て、飾り付け作業を行う。
他のチームも20~30人が作業に来ている。 金曜日なのに。

とあるチームも山車作りに精が出る。
ただ、パレード前なので、写真が出せないのが辛い。
JCOMでは、午後一杯サンバパレードの中継をしますので、それをごご覧ください。

今年は優勝したいなぁ

既に美酒に酔う自分を想像中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/12

練習のアフター、

夜の練習が多い。
月曜はサンバ、火曜はバテリア、水木曜日がアシェ、他、、
今週も日曜日は調布でパレード参加、月曜夜に飯田橋でレッスン、火曜夜は駒込練習、、、、
水曜日は休む予定だったのが、急遽、17日の国際フォーラムステージが決まり、その練習に南千住に行く。
たまに場所が変わるので、気をつけているが、夜8時に「ふれあい会館」の2階の案内板で確認する。 しかしこの時は、すでに明日の予定を書き込んであり、表示がない。よくやるんだよな、役所の人は自分の都合だけ考えて、翌日の予定表を白板に早く書く。
この日もそうだと思って、いつもの3階の和室に入ろうとしたら、なにやら雰囲気が違う。 どう見てもここではない。 では洋室か?とそちらを覗く。 囲碁を打っている、ここでもない。 ひょっとして、私が間違えて同じ荒川区の日暮里か西日暮里と間違えたのか? 2回の受付に戻って問い合わせると、多目的室であった。 私で3人目だったらしく、あわてて、白板に記入していた。  ったく、もう。
それでもその後に和室まで行ったのが2人。 
9時30分までみっちり練習し、行きつけの居酒屋「次郎長」へ、、店長が清水さんだから、次郎長、わかりやすい。
新鮮な魚介類があるので、それを目当てに行くのだが、遅いとはいえ、10人が一気になだれ込むので、店も大変だろう。 何とか入り込んで、17日の打ち合わせを兼ねて乾杯!
そして注文が始まった。
岩牡蠣がメニューに載っている!
3264


でかい!
大きさも当然自然のものだから大小がある。

手の早いもの勝ちか?
いえいえ、ここにはれっきとしたルールがある。

それはジャンケン。 しかし10人もいると中々決まらない。 諦めかけた時、9人がパー!、そして私がチョキ! 一抜けで、一番大きな牡蠣をいただく、レモンを絞ってグビっと、、うめ~!
その後ジャンケンが続き、結構盛り上がるのだ。

おっといけない、 終電に間に合わなくなる。 心残りだが、先に店を出た。
明日は山の日、週末に花火大会のあった河川敷で、浅草パレードの外練がある。
早く帰らないと、と思っても終電に近い。

パレードの外練は、パレード前に衣装が映ると問題があるため、写真を載せられない。
浅草の27日が終わるまで、ヒミツである。

そうだ、金曜日は13日のための練習がある。  アツくて疲れる夜がつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/06

鬼怒川へ

しばらくの間、パソコンが壊れ、不自由していたが、結局、CPU、メモリー、ボードとほぼ全取っ替え。
多分使いすぎで、CPUかメモリが熱で吹っ飛んだと思われる。
いろいろと修理を試みたが、だめで、OSをWin7にグレードアップすることに決めた。 Win8以降はどう見ても使い辛い。 どちらにしろ、XPのソフトは使えないのが多く、困った局面である。 一番あわてたのが、年賀状の住所録、これが使えるようになるには、またソフトの入れ直しが必要だった。 こういったことは、OSが新しくなったら、すべてカバーしてほしいものなのに、それが出来ないというのは、絶対どこか間違っている。
そうは言っても、しょうがないから、結局買うことになった。
.......
ブログを書く気持ちも失せる。
そんあこんなで、結局、年も変わり、2月に入ってしまった。
幸いにもハードディスクは大丈夫だったので、多くのデータは無事。

Ds2844


アシェのダンスイベントも、クリスマスパーティーやら、ニューイヤーパーティーとこなし、アシェ合宿に鬼怒川へ行くことになった。
Ds2853
Ds2887


30日あさ、東部特急スペーシアで鬼怒川温泉へ

Ds2868

アシェ練習後の夕食はなんとビュッフェ形式。 そして飲み放題!


Ds2878


そして部屋は豪華スウィート。 支配人の奥さんが、アシェのメンバーの妹さんということもあって、破格の値段で泊めさせていただいた。

そうそう、メンバーで結婚式を挙げる前にベイビーが出来、結婚写真のない夫婦に、サプライズとして結婚式の写真を撮った。  靴までは用意できなかったので、足下はサンダルだったりするが、まあまぁ喜んで頂けた。


Ds2886


温泉も良かったし、また、来たいホテルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/12

真夏のアシェ・ダンス


8月になり、太陽がギラギラと輝く中、音楽に合わせてブラジルのアシェダンスを踊った。2438

場所は、小田原の早川港で、小田原みなとまつりのイベントの一つとして参加した、横浜のクルベ・ド・パイシャオンと言うチームの一員に混ぜて頂いた。
ビデオを撮って、見ながら練習し、通勤時には音楽をずーっと鳴らしてイメトレしていたが、1曲はあまり自信がなく、外させて頂いた。 最も、踊りのポーズに女性的な物が多く、ちょっと気乗りがしなかったのが影響しているかも知れない。 セイウチペゴーチから始まってクドゥーロまですんなりと踊れたというか、曲に合わせて体を動かすことが精一杯。 WS(ワークショップ)用の曲までの2分ほどのMCがいい休憩となり、曲は楽しく浮き上がるような振り付けなので、これはもう、楽しくてしょうがありません。 それにしても観客が少ない。 WSにお客さんを呼び込もうとするが、なかなか厚い日差しの中に出てこない。 それでも2人ステージに上がってくれたので、ホッとする。 そしてWSで踊った最後の2分間は、もうバテバテになっていて、ぶっ倒れそうでした。 終わってステージ裏で少し体を休めていたが、すぐにビールとつまみを買いに行き、まずコップ一杯のビールを流し込んで、それからやっと戻ってきた活力で缶ビール等を買って戻り、お弁当も戴いて復活しました。
その後別行動中のメンバー3人のイル「お魚センター」で打ち上げ、ここは、周りに魚介類のお店があって、買った物をすぐ焼いて食べることが出来る。 生牡蠣を一個捌いて食べた時点で、もう満足。 トンビ、蛤、海老、牡蠣、カマスなどを焼いて飲む。 最高に楽しい打ち上げです。 だって他の6人は総て女性なんだもんね。
2436


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/08/30

浅草 2014/8/23

Poster

山車の飾り付け作業で疲れた体にビールを入れたら、とてもじゃないが、前日夜練習なんて出来やしない。 結局、浅草の「鈴よ○」で夜9時まで騒いで帰宅したが、当日二日酔いでもよいように、荷物は袋に詰めてある。 案の定、ちょっと飲み過ぎたか?食欲がない。

7時15分、家を出て浅草に向かう。 控え室として借りている浅草公会堂の1Fは、きっかり9時まで鍵を開けてくれなかったので、15分前に到着したのに待たされる結果となり、ちょっといらついてしまった。
Photo


荷物を置き、衣装の再確認を済ませると、山車の飾り付け作業場(浅草寺裏)に駆けつける。
昨日と違って土曜日だから、人手は足りているようだが、山車の代襲飾り付けを行う。
今年は「ナニワ」がテーマなので、大きな山車は戎橋、カーネルサンダースやグリコが上から飛び込んで水を出す仕掛けもあるようだ。 それから、たこ焼きやさんの山車、これには おばちゃん役ぴったりのアミ○んが乗る。それと優勝セールのワゴン山車。
パラパラと雨が降ったが、これもお昼には止んで、午後からのパレードで雨に降られたチームもなかった。
午後2時を過ぎて、バテリア全体で毎年「音出し」で使っている浅草小学校の体育館へ移動、流石に60数人の「食い倒れ太郎」が移動すると圧巻である。
3時過ぎにスタンバイエリアに移動したら、先日鳥人間コンテストに車に乗せてもらった、名古屋の△崎さんのご主人が来ていて、2人でツーショットにしたが、本当は綺麗なハイーニャ(バテリア女王)と収まりたかったはず。 でも、嬉しいですね。わざわざここまで出かけてきてくれるなんて。感激です。
Rainha


3時半を回り、そろそろスタート時間、緊張してきます。
Bossaから始まり、テーマを歌ってから、今年のエンヘード(行進曲)を演奏し出します。出だしはかけ声から、「好っきやねん、好っきやねん、大阪好っきやねん、、、」
歌い出しが始まると、もう気分は上々、手が止まりません。 それでもパレードしながら、演奏に余裕のある時には観客を見回すことも出来ます。 でも、判ったのは松屋の手前で、クルベの人たちを見つけた程度、後は観客のあまりの多さに、何も判りません。 審査員席前だよ!の合図で、なぎら健一氏を発見、ちらっと見てしまいました。
私の方は、当然友人を発見できないですが、逆に観客もバテリアの「食い倒れ太郎」のコスチュームと黒めがね、赤ほっぺで、皆同じ顔に見えたらしく、サムさんどこにいたか判らなかった、と聞きました。 場所も端っこでなくて、真ん中の辺りでしたから、よけいそうでしょう。
気持ちよくパレードを終えた後は、山車の解体、7時にはトラック2台に積み込んで浅草寺裏の我々のスペースにはゴミもないようになっていました。
それから、打ち上げ会場に向かい、みんなで結果発表に臨む。 残念ながら、優勝祝勝会とはなりませんでしたが、昨年より順位を一つあげ4位に。 わぉ! 盛り上がります。

三々五々と解散になりましたが、そんな派手なシャツで帰るの? 見ると多くのひとが派手なエスコーラ(チーム)のシャツを着て、、、私もそうだが、家まで、意気揚々と帰りました。
また、来年のパレード優勝目指して、1年のスタートですわ。=^_^=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/24

忙しい夏

忙しい3連休だった。
初日は、都市対抗野球の観戦。と言っても1回の裏で抜け出す。
応援に行くと、会社から交通費が出るので、それが目当てだったりして、、その脚で、サンバのエンサイオ(練習)へ行く。
これは外せない。何せ、浅草の衣装の配布があり、時間までに受け取りに行かないと、後々ややこしくて大変になる。で、ここも最後まで出ずに4時半で切り上げ、。
次は青山!何と洗練された街というか、雰囲気は私と全然あっていない、高級感ばかり目立つ。 当然コンビニなんて見あたらない。
花屋に入って、バラを選んで包んで貰った。 バイトの女の子だと思うが、まるで鈍くさくて、男性店員に変わって貰ってやっとリボンを結んでも貰う。
今日はS大後援会のOB友人達とのお誕生日会である。 だから、お誕生日となった女の人に花をプレゼント。
良いお店でした。
飲み放題で、バンバンワインを注いで貰って、すっかり酔ってしまった。
気が付くと家の前へ夜半に到着。
翌日は、防災訓練だとか、、、本当は飛びに行きたかった。 しかし、防災訓練をすっぽかすわけにも行かず、放水訓練などを行った。 そしてその後、自治防災隊(私はその隊員)の組織変更についての会議、ビール・寿司付き。
これでは、午後サンバチームの装飾の手伝いに出ようと思っても、行きがそがれちまう。
もっとも手伝いに出たら、豪雨にあったとかいう話だから、行かなくて正解??
近所への買い物だけですました。
3連休の最後は、横浜ベイサイドにいって、アシェのチームのビデオ撮り。仲間が踊っているのを見ているのも良いが、やはり阿波踊りと同じで、踊らにゃソンソンでしょうね。勝手に体が動くので、ビデオがぶれてしょうがない。
左手でビデオをとったが、右手は、おっちゃんの要望で、カメラ撮りした。 ズームだワイドだと変化を持たせたが、やはり、こういう時は、三脚がいるね。 アシェの最後は子供達と一緒にダンス。 これはまぁ、付けたしでしたが、ははは。
お昼になって、みんなと一緒に食事と思ったが、次の予定があって、浦安のディズニーの先まで行ってパレードの練習。 渋滞も考えてバイクで飛ばしていった。 バイク姿が、みんな格好良いと言うが、本当にそうかな?
ぶっ飛ばして帰ってきたら、夜の8時になっていた。 ふう。 当然のごとく1杯ビールを飲んだら、あることを思いだした。
月曜日だから、サンバのバテリア(楽器隊)のinfoメールを作らなきゃ!
結局メールを流せたのは水曜日の夕方。
忙しかったなぁ、、、いやいや、次の土曜日は湯河原のパレードはあるし、日曜日は鳥人間コンテストが滋賀県であるじゃないか。 とすると次ぎに飛べる日は8月3日までないじゃないか!!
パラグライダーも次のレベルが受かるのが先延ばしになっていく、、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/03/09

ペナンへの小旅行 その4(最終)

ソファの上だったが、目覚ましの音が鳴るまでぐっすり寝られた。 ただ、起き出したのは4時半! なんてこった、寝ぼけて、携帯の目覚ましを東京時間でセットしたから、現地時間と逆にしてしまった。 大体グローバル対応の携帯のくせして、目覚ましの方は修正してくれないから、間違えたじゃないかと、愚痴をこぼすが、それよりももう一時間寝よう。
Asa8ji


朝食は、前日のメニューに加えて、ジャガイモが卵焼きに入り、オニオンサラダが付いて少し豪勢。
今回現地での手伝いをして頂いたH川さんと一緒に、予定していた8時半に宿を出た。そこからバスに乗るのだが、バス停に着く前に2台のバス通過を見送り、その後20分以上バスが来なくて、気が焦る。 バスに乗っても立ち席で、例の荒い運転だから、結構しんどい思いをした。 H川さんは途中で降りると言うことだが、バス停が判らない。案内のアナウンスもないところから、GPS機能のスマホのマップで、目的地に近づくのを睨めっこ。 まあまあ近づいたところでバスを降りたが、それまで会話していたので、一人では辛いところがそこそこのバス旅になりました。
そのあとすぐ座れて、 Komtar に着いたら、何と9時半、慌てて、空港行きのバスを捜し、5番のバス停から401Eと言う路線に乗りました。 Eが突いているのはこの路線だけだから、きっと急行なんだろうな?と思ったが、10時25分のチェックインに間に合うかどうかヒヤヒヤものだった。

チェックインカウンターで、手続きを済ませ、空港レストランへ直行、到着時に見た
Mew_sup

Meu Sup を
食べたくてしょうがなかった。 そして保安検査を抜けて、先にトイレを済ましてから、搭乗すべく搭乗口に行くと、ガランとしている。 グランドアシスタントが、"Mr. Sam?" と声を掛けられた時にはビックリ、
急いで下さいと言われ、階段を下りて、飛行機へ乗り込む。 出発の定刻の5分前だった。 のんびりSupすすっている時間はなかったわけだ。 しかし、食べたいものは何とかして食べるのが、食い意地の張った私のこと。 ここは、我慢してね。 ただし、これからは飛行機の時間は余裕を持って乗り込みますョ。

さて座った席は、通路側だったが、窓側は白人夫婦と1歳くらいの女の子、シートベルトどうするのかな?と思ったら、シートベルトに付ける追加の赤ちゃん用ベルトがあるんですね。 一つ賢くなった。
トランジットのクアラルンプールに到着して、ここで2時間ほどあるので、ゆったりと食事をした。
Prawn

メニューはチキンライスとエビそば(Prawn Mee)
であるが、具とスープは美味しかったけれど、やはり麺は今一パッとしませんネ。
ここで、困ったことが出来た。 おみやげを空港でと思っていたが、なかなか良い物が見つからない。 産地が何処で作られたか判らないが、とりあえず、アルファベットのいっぱい付いたお菓子を買った。どんな味なんだろう?
本当は紅茶辺りが良いかなと思っていたが、それがないのでしょうがないですね。
Pie

クアラルンプールからは、定刻より10分ほど早く離陸、羽田到着が2230予定だったが、着陸が22時丁度でした。 到着から、税関を抜けるまで、半分駆け足状態。 携帯の電源蓋を操作しながら歩いていたので、ゴンと動く歩道脇のポールに衝突。 それでも、携帯の操作を止めず、入国管理所間際でやっと家に到着メールを送信できた。 レンタルの電話も、慣れないとややこしい。

出発ロビーでレンタルを返したら、22時25分。 当然のごとくコンビニにビールを買いに行った。出発ロビーからは帰りの横浜行きバス停が判りづらい。 突いたら、22時30分発丁度出たあと。 寒い、日本は寒い。 そしてビールを飲んでもっと寒い。 吹きっ曝しのバス停で待つ20分、特に日本が寒いと感じました。
でも、日本に帰るとほんと 心がホッと落ち着く。 神経の張りつめ状態がなくなるって素晴らしいことです。

今回のペナンで一つ気がついたこと。 旅先ではマンホールの写真を撮っていますので、今回もとれることを期待しました。しかし、マレーシアでマンホールは見つからない。電柱も見つけられなかった。
電力は地下配線で、風景は綺麗。 でも、ゴミはアルミも紙もプラスティックも一緒くたで、マンホールがないと言うことは、、総て燃やすか埋め立てだが、埋め立ててはいないと思うな。 下水の方は、多分そのまま垂れ流しだろう。 だから、道路の側溝がやたらと大きい。それがそのまま海に繋がっている。 海へ注ぎ込む水路は緑の藻がべったりと付いている。だから、誰も海で泳がないんだ。 泳いでいる人は一度も見かけていない。

海の潮汐は月と太陽に海水が引っ張られて出来る。 海流も赤道付近は東から西へ流れる。 従って、マレーシアの東南端、シンガポール辺りで出た汚水があるとすれば、マラッカ海峡を北西に上がってペナンを通る。 それだけでも泳ぐ気にならないわけだ。
私は綺麗な川、海を守りたいとペナンに来て思いました。

P.S. ここのトイレはどんな使い方をしているのだろう? 様式でも温水便座はなかった。 でも横には水のホースがあった。 ひょっとしてこのホースで、お尻を洗う? 、、そんな使い方でも良いかも??
Toilet

| | コメント (2) | トラックバック (0)