« 2017年1月 | トップページ

2017/03/25

チャンゴ体験

チャンゴのワークショップがあったので、どんな楽器でどう演奏するか興味が湧き、参加してみることにした。
 会社を16時に退社したのに、途中の駅で電車を約30分待つことに、、、
都会だと思っていても、こんな事はよくある。
吹きっ曝しの駅のベンチで、じっと本を読む指先が冷たい。
東京では開花宣言があったというが、家の前の桜にその兆しは遠い。

やっと来た電車に乗り、、(、結構混み合っている。これなら、電車の間隔を狭めて本数を増やせよな)
鶴見のサルビアホールの受付に行く、一番乗り!
会場は広く、新しい。
ここに入るのは初めてなので、ちょっとドギマギした。
37863787

募集は40人だったが、参加者は約10名。
ちょっと寂しい気もする。 この場所自体有名というわけではない。
それに、何せ韓国の民族音楽だから、毛嫌いする人もいるのではないか?


3789


これが、そのチャンゴという楽器()左右で高低の音が違う。 
左右の皮を結んでいる紐を絞ることで音程の調節が出来る。
利き手に、ムチのような竹を軽く持つ。 
私は右利きだから、チャンゴはこの向きのまま、打面の2/3を叩く位置にあてる。
左は木魚を叩く棒のようなスティックを下向きに、小指の上を通して挟むようにして持つ。
叩く位置は左の打面の中央。 こちらは、左手をひねって右側を叩いてもよし、直に左手で叩いても良いと言うことである。

叩き方は3種類、①左右両方を一度に打つ「トン」、②右を打つ「タ」、そして③左で打つ「クン」
リズムは三拍子というか、二分音の三連符。
説明によれば、全体が、「起」「景」「結」「解」の4パートに分かれ、それぞれが3音ずつの打点があり、全部で12打点の繰り返しという。
例えば、
トン クン タ、 クン タ タ、 クン クン タ、 クン クン クン
といった打順で、12打で一つのループを構成する。
1打目は両手で叩く「トン」なので、大きな音、そして9音目が「タ」でこれも強く叩く。
10~12打目は弱く叩く。 これがお約束形ということらしい。
音を省いたり、早めたりの変化もある。 しかし、第1打と9打は変わらないという。


説明を受け、1時間ほど実際に叩いてみる。 単調でない事が、音を楽しくさせている。
最後に20分ほど先生(李昌燮)の演奏に聴き惚れる。
3792


良い体験でした。 でも、習おうとは思わない。 知っているだけで良いかな?

お借りした楽器には、「潮田小学校」とラベルに書いてあり、
「へぇー、小学校で習っているんだ」と感心させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

味噌造り

朝7時に家を出る。北習志野09:15の待ち合わせには遅れたくないから、、急ぐ。
大手町で東西線に乗ったが、西船橋止まり。 西船からはベティも乗ってきたので、くっちゃベリながらガラガラの車内を笑い声で満たす。
北習志野では、エリジーニャに会う。 
そう、今日の味噌造りは、サンバ人のためのサンバ人の味噌造り、北習志野から乗ったバスにはサンバ関係の人で一杯。
とあるバス停で降りた。 バス停名はここに記載できないのでご勘弁を
そのすぐ近くに味噌造り場があった。
到着すると、既に味噌の仕込みのために、大豆を茹でてあり、冷ますために外気に当てている。
0173


造る手順は
まず、塩と麹をよく混ぜる
0174


そして、茹でた豆をいれて、混ぜる
0178

よく混ざったら、それをミルで磨りつぶす。
0181

そして団子状にして、樽に空気が入らないようにして詰める。
0184
0185
0188


最後にラップでフタをし、周りはアルコールでよ~く拭き取り消毒して、冷暗所に保存しておくだけである。
納豆菌がはいると納豆になるので、気をつけよう。
そのため、この1週間、納豆を食べていない。

ここで、できあがるまで半年以上預かってくれるというのだが、出来上がったときに着払いの宅配便が煩わしく、この後バテリアの合宿もあるので、早く退出する必要がある。
たかが10kg、持って帰ることにした。

しかし、思いの外、重い。 すぐ悔やんだが、そこは根性、岩井まで持って行って、翌日フェリーに乗って帰ってきた。

京急久里浜駅に着いて、携帯が無いのが判り、公衆電話から、フェリー会社に電話した。
見つかったので、港にとって返したが、結局1時間のロス。
みんなと一緒に電車に乗ってぐるっと東京湾を回っても時間は変わらなかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ