« 切腹 | トップページ | 社会福祉協議会での見学 »

2016/11/08

切腹の続編

月曜日朝9時、予約は10時だが、町内の仕事があるので、早めに終わることを期待して9時15分には受付を終わらせた。 呼び出しの携帯ブザーがなるまではと、勉強に励む。 しかし、気が乗らないね~、切り取った腫瘍片の病理結果がどうなるか、、、
10:15分にブザーが鳴ったが、前の患者の診察がえらく長い。結局10:45になってから診察室に呼ばれ、あっさりと抜糸した。 そして、検査結果は、、、、、やはり、、、、脂漏性角化症、ガンではなかった。
ほっと一息して、バイクに跨り、家に帰る。
「ガンじゃなくて、脂漏性角化症だったよ」と報告、妻もその病名を知っていて、ホッとした雰囲気でした。

すぐ、社会福祉協議会の「寿福祉大会」がある会場へ急ぐ。
今日午後の福祉大会の司会者が遅刻してはいけないだろう、、、でも、しっかり遅刻してしまった。

緊張していたが、いざ始まってみると、来賓の挨拶の長いこと長いこと。
市議会議員は、自分達の政策を織り交ぜてしゃべるは、追加はあるは、、聞く方はたまったもんじゃねぇと思うのは俺
私一人?
記念品の授与は数分で終わったのに、ご挨拶が30分!

インターミッションを入れて第2部が開始。
最初は、ピアノとバイオリンの演奏。
3564
 
  
 
 
 
  
 

 
 
タイスの瞑想曲から、虹の彼方になど30分演奏である。
これが最後と言われた曲が終わり、
「どうも素晴らしい演奏ありがとうございました。、皆さんもう一度拍手を、、、」
ここで少し雰囲気がおかしいことに気が付いた、いや教えてもらった。
それは「アンコール」
やっちまった。
アンコール曲を用意してあるんだ!知らなかった!
打合せが抜けていると言えばそうだ。 私が悪い。

しばらくクラシックなぞ、聞いていなかったので、すっかり忘れていた。
あわてたけどもう、ドジを踏んだことがバレバレ!

せっかくの休日、またドジった。

|

« 切腹 | トップページ | 社会福祉協議会での見学 »

The Others」カテゴリの記事

地域の活動」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

通常、アンコール曲というのは用意されているもののようでございます、クラシックに限らず…
にけねこは1度だけ、びわこホールでアンコールに応えなかったピアニストを知っています。実はピアニストが来日後に体調を崩しました。熱のある状態で何とかステージをつとめたのですが、アンコールはご勘弁を、というものでした。

投稿: にけねこ | 2016/12/08 00時41分

アンコールって義務じゃないから、、と言いつつ皆さん用意しているんですね。
ここ数年サンバやら何やらけったいな音楽を楽しんでいると、アンコールという世界をすっかり忘れてしまったんですよ。
頭の中は8ビートが結構こびりついて離れない。ちょっと、このビートを頭から離すことも考えなきゃ、ねぇ?

投稿: Samson♪ | 2016/12/09 00時26分

アンコールって
本来は素晴らしかった演奏に対して
もっと聴きたい、
と再演をのぞむものですよね。
でも、一流のオケの定演などの場合は
アンコールには通常は応えてもらえないみたい。
またウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは、
アンコールは必ずラデツキー行進曲ですよね。

投稿: にけねこ | 2016/12/20 19時58分

そうですね。
素晴らしい演奏に拍手して、もっと、もっと聴きたいという人が拍手を続け、それに応えてレパートリーの中から一曲演奏するのが、アンコール。
意外と、メインに演奏する曲よりも良かったりする。 アンコールが義務と思っている風潮があるみたいですね。
サンバでは、その年のエンヘード(行進曲)をメインに演奏しますから、それ以上に良い曲はないと考えて演奏します。 それをみんなで一緒に楽しむので、アンコールという風土はないですね。 長く拍手するぐらいなら、一緒に踊れよ!って感覚です。=^_^=

投稿: Samson♪ | 2016/12/20 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/64459174

この記事へのトラックバック一覧です: 切腹の続編:

« 切腹 | トップページ | 社会福祉協議会での見学 »