« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/26

切腹

本日、腹を切りました。
といっても、武士の切腹ではなく、お腹に出来た黒子みたいなのを切除いたしました。

何年か前に、指でひっかいて出来た 黒子をよく見ると、形がおかしく、色の濃淡が出ている。
ネットで探すと、癌化している可能性もあり、とある皮膚科の紹介で、聖M病院にかかった。
皮膚科の先生はどちらも若い女性で、どぎまぎしそう。

今日は、会社を休み、バイクで病院まで向かった。
時間は13時半なので、会社からは遠くて、半休では対処できなかったから。
治療室に呼ばれ、被手術着に着替え、ベッドに横たわる。 まるで「まな板の上の鯉」状態である。
被手術着はホックで必要な部分が開けられ、患部を消毒した後、穴の開いた緑色のシートをかぶせられた。
穴は当然手術する場所におかれる。 でもシートのゴワゴワで場所がよく見えない。

麻酔を打ちます、、、
この瞬間が一番恐怖を感じるんだね。 いつ注射の針が刺さって痛くなるのか?、、ずっと痛いのか?
最初の痛みを克服すると、後はもうどうでもいいやという感覚。
20分程度で手術は終わったが、途中の経過がよく見えていない、というか全く見えないので、少々不満。
体を動かすとメスがどう切り刻むかわからないので、動けないし、好奇心だけが膨らんでしょうがなかった。

手術後、処方箋をもらって、バイクにおそるおそる跨る。 何のことはない、全然平気である。

今日はお酒も禁止、フロも禁止、明日以降はシャワーのみ、そして患部をよく洗って、薬を付けろと言う。
痛み止めももらったが、、あまり痛みは、、ないとは言えない状況。
ちょっと寝る前に飲んでおこうかな?

3532
切腹前...
お腹のところにある黒子の形が変、、
それと色が均一でなく、怪しい雰囲気。
これってガンの兆候?


 
 
 
 

3533

切腹後、綺麗に5針縫えています。
この後、絆創膏でがかゆくてたまらなくなりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/10

三つ指

昨夜、娘が声をかけてきたので、部屋に行くと毛布の上に座って(うちには畳の部屋がない)
「お父さん、長らくお世話になりました.......」
これが三つ指ついて親に挨拶するあの儀式?
あまり期待はしていなかったが、されると、やはりちょっと嬉しくもあったが、随分寂しい気持ちがする。
娘の気持ちがスッキリとしたに違いない。
新しい家庭で、うまくやってくれれば、それが一番。
健康に気をつけて楽しく二人で過ごせればと願う。
いつ帰ってきても良いよとは言わなかったが、「部屋はそのままにしておくよ」
これって、出戻りOKという意味ではないですがね。


今まで、大きなけがや病気をしてこなかった娘、いつの間にか立派になって巣立ってゆくんですね。

赤ワインのッ栓を抜き、娘にグラスを渡す。 娘と飲むワインはやけに胃にしみ込む。
「旦那さんとはあまり喧嘩しないようにな」、「達者で...」
長男も一緒にワインを飲んだが、最後の夜はあっという間に過ぎて行く。


先ほど、先に行くと、娘は式場に向かった。

我々ももうすぐ家を出ることになる。 娘に幸多かれと願う。

そして、あれよあれよという間に、挙式が始まった。 
ドアが開く前、娘を見やると、世界中で一番きれいに見える。
ドアが開き、娘と歩くバージンロード、、、、粗相のないように、何も考えないようにして、まっすぐ歩く。 最前列のひとつ手前で止まる。 いったん娘の右手を離し、手袋を持ち替えてK君と握手する。 そして両手で、娘の手をK君の手に渡す。 わかってはいても,何か悔しい。
424


指輪の交換である。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
じわじわと式は進行していく。
 
446

 
 
 
 
 
 
 
 

花びらの舞う階段を下りていき、階段の一番下では、何組かのグループが集合写真を撮る。
ケーキカットは屋外でするようである。
 

披露宴も進み、新郎が各テーブルのバラを集め、花束にする場面があった。
集める最後のテーブルは私のところ、
バラを渡すとき,殴りかかる振りをした。
K君が避けた。 さすがテコンドー、できるな。 会場は大うけだった。 
 
461

 
 
 
お色直し、千代紙模様のドレスに包まれた娘、これもきれい。
 娘の笑顔がまぶしい。
  
 

娘が読む華族への手紙、、、もう少しで泣いてしまうほど、目が潤んできた。
絶対幸せになれよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »