« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/25

久しぶりに飛ぶ

3374


 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 

今朝の富士
なぜか中腹が赤っぽい。
紅葉なのか? 低木もほとんどないと思われる場所と思っていたが、
これは秋の兆しだろうね。
富士の頂上付近は冠雪している。 あそこはもう冬。
うっかりとは行けない所ですね。

さて、久しぶりに朝霧に来た。 そして今日は、本と久しぶりに富士に向かって跳躍する。
3377

 
 
 
 
 
   
 


あの高さまで上がれればいいが、今日は何となく上昇気流が少ないので、私には無理かも。
思った通り、午後には雲が広がって、上昇気流はなし。
それでも、久しぶりの空の上は気持ちが良い。
もっとこまめに来て、早く上のクラスに上がらなければと思うのだが、この秋も予定は多い。
娘の結婚式も2週間後。  

気晴らしの空でもないが、済んだ空気に心を洗われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/19

今年も新米が、、、やはり美味い

今年も新米を仕入れに愛知県田原市に買い出し旅行である。
出がけに、車屋さんに寄って車検証を車にしまい込んだ。 0930出発である。
東名高速に乗り、沼津に向かうが、凄い雨が降り出した。
撥水加工したフロントガラスを飛沫が流れていく。見ていて気持ちいいが、霧雨の時は結構見づらい。
ワイパーを回すと、皮膜がはがれると思い、極力我慢する。
でも、海老名のSAを出るとき、思わずウィンカーのつもりで左手を動かしてしまった。日本車なのに、、。
メロンパンのために海老名に寄らなければ良かったのかも知れん。
ぬ場津インターでも、ついうっかり伊豆縦貫道に入り込んでしまい、3㎞ほど遠回りをしてしまった。
息子の家に立ち寄って、息子を乗せ、また東名に戻った。

残りわずかになったヒネ米があったので、おにぎりにしてもらい、車中でほおばる。 ヒネ米でも、しっかりと美味しい。 しかし、しくじった。 おにぎりを食べると言うことは、息子と美味しいものを食べに行けないではないか?
三ヶ日を過ぎて、しばらくすると燃料系に赤ランプが点灯。 次のインターで降りる予定だったので、すぐGSを探した。
横浜まで帰ることを考えれば、20Lあれば十分。 ここのガソリンの値段が数円高いので、
「現金で20L!」と頼んだ。 時間調整のための立ち寄り地を検索していたら、、
元気な顔のお兄さん(バイト?)が「はい、40Lで、4,760円です」 え?
「現金で20Lと言ったよ。なんで?」 見るとメーターは40を示しているし、、、間違いに気づいたのか、若いお兄さんとって返して戻っていった。 この時点で、¥110/L位なら40L分払ってもしょうがないかな?と思っていた矢先、、
先ほどのお兄さんが¥2,380の領収書を持ってきた。 え?ほんとに良いの?
ここは素直にありがとうして、「悪かったね」と声をかけておさらばした。

そこから2㎞離れたお稲荷さんに行く。
3355


全国的に有名な商売繁盛のお稲荷さんである。
しかし、立て札を見ると豊川稲荷というのは通称らしく、妙厳寺と言うのが正式名という。
知らなかった。
てっきり神社だと思っていた。
 


門の前でおもしろいマンホールを見つけた。
3353


なかなか面白い図柄である。
こういうのがあるから、マンホール写真の楽しみが大きい。

 
かくして、田原に到着し、まずは、菓子蔵「せき」に、、、爆買いするためだが、ここのアサリ煎餅は美味しいんだね。
毎年、ここで買うのが恒例となっている。
その後妹を乗せて、玄米袋詰め工場に行き、義弟の作ったお米を車に240kg積み込んだ。
その工場にいたおばちゃんから餅米5kgももらい、嬉しい限りである。

夜は、田原の花火大会であるが、生憎の雨。
花火の見えるお墓に行ったが、途中雨に降られて、酔いも覚めるわぃ。
で、花火は毎年綺麗で、今年も新作の花火が一杯である。
ここの花火は素晴らしいと、いつも感心する。

翌朝、妹夫婦に別れを告げ、近くの農協に行って、コイン精米器にかける。 30kgで¥400円という安さだから、沢山精米するときはここに限る。

さて、東名に最短距離で向かうと、一カ所、有料道路があり、ETCでなく人が集金しているはず、と小銭を用意した。 しかし、料金所の付近はがらりと変わり、建物がない。 やった、償還が終わったのだ。
今回の米買い旅は、金銭的に恵まれているなぁと思った。
14:00から、町会の会議があるので、東名をとばして沼津に着くと、10:45、、美味しいものを食べる時間は余裕がある!
そこで、息子の家の近所の「うな繁」に行く。Dscn3362Dscn3365

 
美味い!
ある程度客を見越して、ウナギを調理しているようで、ウナギを注文して15分もしないうちに料理が運ばれてきた。
 
これも良い。
息子が頼んだのは、石焼き鰻丼であるが、たれを注ぐと、美味しいお焦げが出来、パクつくことが出来る。
また、とろろが用意されていて、お椀に載せて一緒に食す。これも良い。
最後は昆布茶をかけてサラサラと、、ひつまむしのようだ。

ガソリンと有料道路代が少し浮いたが、ここで、一気に破産。
美味い物とでは、引き合いに出す方が間違っている?
ははは。
しかし、美味しかった。

横浜に着いてお米を納屋に移したら、、結構疲れ、会議に5分ほど遅れてしまった。Y。
ふん、良いトリップでしたぞ。=^_^=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/08

肉だ、肉だ、プルコギだ。

3305_2

 
 
 
 
 
  
 

よそ様のFB写真を見ていたら、急激に肉が食いたくなった。
そこで、TVでやっていた、「つるや」に行ってみた。
メニューを見てカルビが¥1,100.-でびっくり。手が出ない。
ホルモン、コプチャンなどの内臓系の安いのにした。
ご飯は大盛りって、、、、これじゃぁ、○○様のご飯みたい。


3301

 
 
 
 

 
 

で焼き始めて、箸でつまんで食べると、これがうまい!
肉を頼みすぎたキライがある。 ホルモンだけでご飯一杯いけちゃう。
ビールのつまみにセンマイ刺しも頼んだが、これもイケル! 
  

3307


久しぶりのせいか、大満足。 
 
 
 
 


ただしこの店は味は良いのだが、欠点がある。
1.少し隣で吸ったタバコの煙がこっちに流れてくる。 これはいけない。 せっかくの気分が台無しになってします。
2.レシートが機械式でなく、メモに書き込んだもので、当然通し番号もない。 絶対脱税している。 それも桁違いの額だと思う。 想像だが、2000万ぐらいはいってるかな? そのうち国税局の捜査が入るに違いない。 
 

3306


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/03

壊れた楽器

楽器って優しく扱わないと壊れるんだよね。
でも、この楽器に関しては、、、
Dscn3326 
 
 
 
断面は3320



 

と、ちょっと画像が悪いけど、破断面を見ると右下側がさびが見えている。
最初から、もしくはかなり以前から表面に亀裂が入り、その後、叩いた振動で破断が進み、28日の夜にポツリと折れてしまったようだ。

同じような症状が、同時期に輸入したアゴゴ(打楽器)の同じ場所に多数現れているので、製造時に温度が低いまま、形を整えたため、そのときからの欠陥に違いない。 
今回の楽器も仲間の物だが、日本では作っていないので、修理するしかないよね。

破断した部分を綺麗に削り、少し尖らせたようにして、溶接金属が収まる場所を空けてやる。
Dscn3329
 
 
 


そして、溶接用の眼鏡を老眼鏡の上からかけて、、、
バチバチバチ(^_-)☆、-☆  - ☆
こういう点付けに近い溶接って難しいんだよね。
溶接の開始と、終了位置には溶接不良が発生しやすいので、長い距離なら綺麗に溶接できるのだが、、、

やはり一回付けて、気に入らない所を削り落とし、また溶接。
それでも
Dscn3332
 
 
 


とまぁまぁの仕上がり。

これで、喜んでもらえるかなぁ?
 


今回使用した道具はこちら、

 
Dscn3325


これは家庭用の溶接機である。 
今回使った2.0mmの溶接棒でも電流値は最低の位置にあわせた。
本業?いえいえ、ちょっと異常な事務系サラリーマン。
この程度は日曜大工ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/01

浅草サンバカーニバル2016

浅草寺の裏はパレードの前々日から、パレードに使う山車の組み立て作業が始まっています。
今年のメインの山車はこんな感じで、温泉をイメージしています。
Dscn3301Dscn3309

 
 
 
 
 
色っぽい像でしょう? 「しげこ」さんと名付けられました=^_^=

小さな山車もあって、それぞれ温泉場のイメージが湧くように工夫しています。
Dscn3315Dscn3316

 
 
 
 
暑い日差しの中、木曜の午後、金曜、土曜のスタート間際まで、組立や飾り付けに忙しくしています。
当然ながら、みんな有給休暇を取って、作業をするのですが、私は午前中歯医者の予約を入れちゃいまして、木曜日の午後から参加しました。
ここの作業する場所は、境内であるため、露出の多い服やド派手な服は禁止。 音出しも禁止。 ましてやサンバ衣装など、即刻退場の上、減点対象です。 警備員もいて、皆、神経使っています。

それでも、午後6時には作業を止めなければならないので、その後がプレ宴会で、近くのホッピー通りへ向かい、仲間内でこってり飲むのである。


明日が楽しみ~~~~!


夜が明けると、本番当日。 集合場所に集まり、衣装を確かめて、山車の最終飾り付けへ向かう。
12時半になると、周辺の道路は規制が始まり、車両をシャットアウト。
13時からS2リーグのスタートが開始する。

トップリーグはちょいと遅く、14時に完全スタンバイ
我々は、こんな衣装を着ていました。
Rimg0652

そしてバテリア(楽器隊)は近くの小学校の体育館で「音出し」、まぁ、楽器の調子を見るようなものである。 空を見ると雨が降ってきました。 丁度体育館にいる間が、一番強く降っていました。
外に出ると、ぽつぽつの小雨に変わり、雨が止んでいきます。
ここで、16時のスタートまで、待機。


Rimg0661

ちょいとしたところで、休むと、なんか元気が湧いてくる。
スタートが近くなると、だんだん不安と期待と色んなものが心にわき上がってくる。

さあ、スタート。 音出しOKサインが出ると、スピーカーから、檄が飛ぶ。
「みんな温泉に行きたいか?!」 Oh!
...........
そして、ヘピニキ(小太鼓)の音が、タンタンタタタン タンタンタタタン タンタンタン と音を刻み始めたら、後は怒濤のように歓声と楽器の音が響く。
もう、こうなったら、ゴールまで、、、

沿道には知った顔が一杯いて、みんな応援してくれている。 気持ちいい!
小雨が肌に当たるのも気持ちいい。
そして、松屋の前を右に曲がって、雷門へむかう。 
ここの角っこは、観客も少ないし。審査員席までまだある、ちょっと気を抜いた。
イカンイカン、後でVTRを見ると、笑顔が消えていた。 あいや~

その後は、目一杯、叩いて歌い、ゴールに着くまで真っ白。
時間内にゴールすると、疲れがどっと出た。

それでも山車をまた境内まで人力で押して行かなければ、、、早くビールが欲しい!

その後境内の手前で着替えの済んだ人たちとチェンジ。 
そして、苦労して作った山車は、分解。 18時過ぎには3台のトラックに積み込み、境内の我々の場所はゴミ一つなくなっていた。

50分のパレードのために、ここまでして、、、、

一時間後、虎ノ門近くの打ち上げ会場で、泡を口に大騒ぎ、、です。
パレード順位発表もあり、去年と同じ5位を知らされて、ガッカリするやら、まぁ、こんなもんかと納得する人。

さぁ、来年に向けて頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »