« (追加編小話)☆9 ネルソンタッチ | トップページ | 鬼怒川へ »

2015/10/21

(追加編小話)☆10 マスト

 風を利用する帆船には、風を受けるために高い帆柱がある。 船が前に進むために、風は船の左右、後側から受けるようになり、その風力を支えるために、マストの上に綱を取り付け、船体の横の後側に何本も頑丈に結ぶ。 マストに登るためには、この横静索に細いロープ(ラットリン)を水平に取り付け、足をかける場所にする。 前からも風を受けることがあるので、そのための索を前のマストもしくはバウスプリット(最前端の前に突き出た部材)に取り付け、左右の後方と前方の索でマストは固定される。
 確かに、マストは頑丈になったが、船は揺れるので、マストの上での繰帆作業は危険が伴う。 マストが高いとことさら大きく揺れる。 揺れ方もピッチングで前後に、ローリングで左右に揺れ、それも不規則だからたまったもんじゃない。 今は横方向のヤード(帆桁)にステイ(手摺)、フットロープ(足綱)、バックロープ(背後綱)などがあり、これにセーフティベルト(安全帯)を掛けて作業しているが、昔はフットロープがあれば良い方で、ヤードの上を歩いて行かなければならなかったこともある。 ヤードに帆を縛り付けているロープが、文字通り最後の頼みの綱!なんて、、笑えないですね。
 さて、風を頼りにしない動力船を見ると、なぜかマストがありますよね。 何故でしょう?
 実は、夜間に遠くから、この船がどちらに向かって動いているのかを知るために、マストの灯を高く掲げているのです。 SOLAS条約で定めており、船の上甲板より上方に、船の幅以上の高さの位置に前部マスト灯を灯さなければなりません。 後部マスト灯はそれより更に2m以上上方に灯ることになっています。 この高さの差で、船の進行方向を遠くから判断するようになっています。 船のマスト(Mast)はマスト(Must)なんですねぇ。

|

« (追加編小話)☆9 ネルソンタッチ | トップページ | 鬼怒川へ »

船って何だろう」カテゴリの記事

船の昔話」カテゴリの記事