« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/10

イタリア旅行記-7


6.30
朝、素早く朝食を済ませチェックアウト、0735発の列車には乗れなかったが、0805の列車に乗り、空港へ向かう。 空港での案内に従って右往左往したが、面白い状況を見てしまった。 325番のフィンエアーのカウンターに並んでいて、受付嬢のトロさ加減に辟易していた時、一つ前の北欧系の夫婦が荷物を預けていたところ、二つめの荷物にタグを付けずにラインに流してしまった。 大あわてで、隣の受付嬢に相談。 しかし後の祭りで、電話連絡して何処に行ったか見つけようとしているが、当の受付嬢は涼しい顔、受付ラインも止まったまま、である。 仕方なく隣のカウンターに割り込んで、こちらはベテランなので、すんなりOK。 あれはきっと新米の受付だったのでしょう。 それが自分たちに降りかかっていたかと思うと、英語の説明に自信がなく、恐ろしい場面になるところでした。
受付カウンターは#3ターミナルだが、登場は#1ターミナルの外れ、しっかり歩かされました。
ヘルシンキでも歩き、ICチップ入りのパスポートなら、早く行けると後から教えられ、そこでちょっと時間ロス。 土産物を物色する時間がなくなってしまった。
乗換の時間が短い方が良いのか長い方が良いのか? 勿論、イミグレーション等の時間は素早く済んで欲しい。
2352


飛行機はゲートからかなり離れた場所に駐機していた。 これに乗ってこれから10時間半かと思うと身構える。 乗り込んで2時間後の食事はワインを頼んだが、着陸前2時間の朝食はコーヒーで、日本に着いて朝から酔っぱらっているわけにはいかない。 体内時計は夜中であるが、、、ネ。

7.1
この文章を機内で入力するのだが、画面が見づらく、キーボードも打ちづらい。 やはりなれたキーボードが手にしっくり来るが、それにつけても、なんだかんだで7・8時間ノートPCを開いているが、まだバッテリーが保っている。 何とも素晴らしい。
成田到着後すぐ子供達にメールを入れ、無事を伝える。
海外旅行はほんと疲れる。 飛行機が怖いのもあるが、長時間の座りっぱなしが一番嫌いだ。
英語も嫌いだし、イタリア語はもっと嫌いである。 では、Chao チャオ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/09/09

イタリア旅行記-6

6.29 月曜日
今日はローマ見物の日。 予定では、コロッセオ、トレビの泉、スペイン広場、バチカン市国、真実の口、、その他を回るつもりである。
2260
朝食後、B線の地下鉄に乗り、コロッセオに行くと長蛇の列。 
226722762283


中に入ってJTBのツアー客と会話、福岡からの初老の夫婦。 なんと2人でもツアー決行らしい。 大型バスも2人で使うなど、大口のキャンセルでもあったのだろうか? 雄大なコロッセオに圧倒されつつ、北に向かうが、行き止まりの道だった。 C線の工事がなければ、、抜けられたのに、、
2294


ちょっと遠回りしたが、トレビの泉に到着。
2297


 しかしなんと泉は11月までの工事中で水が抜かれていた。 もう来なくて良いよと言うことかな?10¢投げて後にした。 ここで本日2回目のミス、当たりをつけた場所とは違い、居場所がわからなくなってしまった。
でも雰囲気を読んでいた家内がスペイン広場への案内板を発見、事なきを得た。 
2307


スペイン広場の階段には人がいっぱいいて記念写真を撮ったが、良く周りを見渡すと、グッチ、コーチ...の高級品店がずらり、、そそくさとメトロに乗って移動した。 
2316


バチカンはすごい人だかり、横の通りに衛兵がたっていたので、ここで記念に写真をと思ったが、
2324


1mほど内側に入ったらしく、怒られてしまった。 
2312
そこからテルミニに戻って、地下鉄B線へ乗り込もうとした時、12・3の若い連中6・7人に囲まれ押しつ押されつして、若者たちが降りた。 見るとウェストバッグのジッパーが開いており、違うジッパーを開けられていたら、お金をぬすまれるところだった。 ローマって怖い。 本当に怖い、あんな若者がすることじゃないだろうに、。 
2335


真実の口の場所もガイドブックの表示がうまくできていなくて、ちょっと余分に歩いてしまった。 これが本日3回目の間違い、、そしてである、地下鉄に乗ろうとしたら、電力がないとかで、地下鉄が動かない。 そして駅のトイレは鍵がかかっていて使えない。 妻はもう動けない! 何とかタクシーを捕まえてホテルに戻り、しばらく休憩して元気を取り戻し、土産物を物色しにテルミニに行く。 スーパーで土産物を仕入れて、もう食事以外することがない。 23422343

昨日見かけた繁盛店manma Anjera で美味しいリゾットとワインをいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イタリア旅行記-5

6.28 日曜日
朝食後時間がないので、チェックアウト後、タクシーで駅に行く。 列車はその時点で30分遅れと表示されている。 え、タクシー代無駄にした! 結局駅のホームで40分遅れの列車を待つこととなった。 40分の遅れでも、ボローニャで1時間の乗り換えの余裕代をとっていたので、まだ余裕がある。 ホームのなかで日本人らしき人が駅の入り口をバックにして、何やらビデオで説明しているような動画を撮っている。 それが終わるとU人女性2人の前で何かカンツォーネのような歌を歌い出した。 ホントに日本人? いずれにしても近づきたくないや。 来た列車に飛び乗るとそこは2等車の8号車、中を通って行けると言うことなので、2号車まで練り歩く。 その8号車でトイレに入ったら、黄色いウン□がべっとり便器についていた。 水は流れるのに何でしっかり流さないんだろう? ペダルを踏んで流したが、ズボンに飛び散りそうで怖かった。 鍵もかからないことが多い列車のトイレ、最悪である。 ボローニャでの乗り換えは、来る時は地下だったので、てっきり地下だと思って移動したが、結局は降りたホームの向かい側で、その案内が電光掲示板に出たのは発車10分前である。 その間どうして良いか判らず、下手に聞くとお金を要求されるので、韓国人らしい青年に声をかけた。 アンニョンハセヨ! でも違ったみたい、韓国人のヘアスタイルだったのに。 コーヒーショップのお兄さんに聞いてみた。 やはり地上の3番線という。 地上に急ぐと、ホームにしっかり掲示されていたので、ほっとする。 ボローニャの乗り換えの難しさを再確認した。
ヴェネチアも内陸に入り込んだ Mestre と、海の中の Santa Lucia の2駅があって間違えそうになる。 1145予定より10分の遅れで到着した。
2161


列車のトイレは使いたくなかったので、ヴェネチアSルチア駅で有料トイレ(1ユーロ)に行き、しっかり水分を絞って行動開始だ。 ゴンドラには乗りたいが、40分で80ユーロ、基本的に手漕ぎだから、アンマルコ広場へは何時間、いや、何ユーロかかるか判りゃしない。 60ユーロ出して海上タクシー(高速艇)にスーツケースとともに乗る。21972198_2

 久しぶりの海上、非常に気持ちが良い。 しかし、海上だから右側通行でしょ? なのに左側通行ですれ違っていく。 SOLAS条約で右側通行と決まっているはずなのに、これでは事故が起こった時の責任の所在も判らないじゃないか。 日本でも潮の流れで左側通行となるところがあるが、と考えていると、広いところでは右側通行だったりする。 あ、ルールがないんだ。 15分ほどでサンマルコ広場に到着、上陸する。
2216

ここがサンマルコ寺院かと思ったが、それよりお腹が空いた。 寺院を見ながら腹ごしらえしようと、日陰のテーブルを選ぶ。 ビールはというと1合くらいのグラスに入って8ユーロ!ミルクシェイクも同じ、ピザは5インチサイズで7ユーロ! 観光地とはいえ、あきれた値段である。 
さて、電車の時間までゆっくり駅へ移動することにしたので、そこからはのんびりと歩くことにする。 道を間違えなければ3㎞、約1時間である。 石畳と階段が迷路のように入り乱れ、時には暗い道、人の幅しかなかったりする路地を抜けて行く。 水路に遮られるのは判るが、それにしても建物と路地は無秩序、曲がったり、突き当たったりし、建物も高いので、夜、星が見えたとしても、通り抜けるのは至難の業でしょう。
22242234


2238
2240

予定通り1時間少々で駅が見えたので、少し後戻りして、休憩することにした。 そこで、小さな皮鞄屋を見つけ、欲しそうに見ていたので、奮発して35ユーロの小さなバッグを購入した。 フムフム、良い買い物だと思った。
駅に戻って、1635の列車を待つうちに、今夜の宿の事が話題になった。 あの宿では嫌だという。 確かに部屋は良くないが、シャワーもトイレも使えるのに、、。 ここまで来たら、もう、ヤルしかない、ガイドブックの☆☆☆以上のホテルを探して、電話した。 使えるとは思っていたが、実際海外モードの携帯がつながった。 しかし一軒目は断られ、二軒目で2泊の空きが見つかった。 値段は130ユーロ!×2 家内の顔を見て、ノーとは言えない。
2248ほっと一息、ワインを戴く。


そしてローマに戻る。 0830テルミニ駅に到着、実際に行ってみると良いホテルでした。 
2257


ドアが手動のエレベーターは、レトロな感じがあって落ち着ける。 ネットもつながるし、家内の表情もマル。
夜9時に外食に出かけた。 空は紺碧色の透き通った夜空、美味しいスパゲッティでワインをまた1本空けてしまいました。 しかし10時になっても向かいのお店は客待ちで並んでいる。 明日はこの店かな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »