« イタリア旅行記-1 | トップページ | イタリア旅行記-3 »

2015/07/31

イタリア旅行記-2

6.25 木曜日
0400に目が覚めてトイレに行ったが、悲しいかなその後は寝入ることが出来なかった。 時差ぼけもあり、寝不足が否めない。
0720昨日とは違う若いお兄ちゃんと会話し、チェックアウトした。 腹が減っている。 駅近くの屋台でフルーツを買い食いし、駅のサンドイッチ屋さんで、サンドイッチを二つ購入、座って水を飲んでいたが、コーヒーが欲しくなり、追加する。 ただし、先にレジで支払ってから、コーヒーオーダーをする方式であった。 へぇぇと思った。
0845まで待つと、やっと7番線ホームへの表示が出た。トイレに行きたくなって、地下の有料トイレを使ったが、なんと半分以上が故障中。それに立ちションの便器の高さが床から70cm以上の所にある。、これだと小さな日本人では、へたすると背伸びしても便器に届かない可能性大。 
19741978

7番線に来た列車に乗ったが、乗ったのが2等車だったので、1等車まで車内を移動した。この辺の号車表示もわかりにくい。 座っていると、まず新聞のサービスがあり、飲み物までサービスしてくれる。 これがタダ It's free!。 そこで選んだのがシャンパン!、僅かではあるが、アルコールもサービスとは驚いた。 ヤルね、イタリアの鉄道も、イタリアの誇る新幹線だからねぇ。
1991

途中のボローニャで別の列車に乗り換えだが、ここの駅はややこしい。 地方線の番号も似たようなホームにあるので、4番線の場所が混乱する。 迷っていたら、親切そうな若者が近寄ってきて教えてくれたが、なんと案内料を寄こせという、それも20ユーロである。 驚いたね。これが今回2回目のペケポン。 気の小さい私は言うなりに払ってしまった。 声をかけられたら、断るのが一番。 驚く経験をさせてもらったが、もう二度とこんな思いはしたくない。2001

乗り換えた列車の指定席でほっとする。 指定席は普通向かい合わせの席であるというのが、実際よく判った。 広軌の軌道であるが、列車幅はそれほど大きくなく、片側が小さなテーブルがあり、一人掛けになっている。 つまり横一列で3人しか座れないので、向かい合わせの席がベストになる。
リミニ駅から歩いて15分ほどのエルバボッリョオ(Erbavoglio)ホテルに着いたが、ホテルの綺麗さは、ローマとは比べものにならないほどの雲泥の差があり、オレンジがかった赤の外壁も綺麗だし、部屋もトイレも素晴らしい。 この地でリッチな気分が味わえることになった。 ホテルからはタクシーでテコンドーの世界大会会場へ向かう。 大会の看板とか、横断幕がなくて、本当にここで行うのか疑問に思ったほどである。 "世界大会"のアピールを、まず現地でやらなきゃ誰も判らないではないか?
2006

今日は、「Young」と「Young Junior」の試合で、娘の出番はないそうだ。 まずは日本チームの応援席に行く。 メジャーな方のルールで行う大会ではないので、ちょっと大きめの体育館で十分なぐらい、勿論観客席は関係者以外以内ので、ガラガラ。 それでも、米、豪、英、独、伊、仏、加等、韓がないぐらいで、かなりの国旗が応援席に見える。
テコンドーのルールは3分試合、1分休憩、また3分試合の2ラウンドのポイントを競うマイナールール。 例えば頭部へのキックが2点、上半身へのキックが1点となっていて、基本的には寸止めである。 そうはいっても、たまにスコンとはいると、起きあがれないほどのダメージが出るので、やはりテコンドー!。
列車内で書き込んだ絵はがきを出そうと一人散歩に出る。 お昼に聞いた場所を探ってみるとありました。 POSTEitaliane と看板が出ている。 (家内の言う〒マークは当然ない)
窓口にはがきを差し出すとPCに打ち込み、シールをぺたっと貼る。 切手じゃないんだ、確かにバーコードシールの方が合理的だが、切手に慣れ親しんだ私としては、切手の図柄と消印が一つの魅力に思えるのだが、、。 ちなみにスタンプ(切手)はあるかと聞いたら、午前中しか取り扱っていないという。 多分意味を取り違えていると思うが、切手の販売所とか図柄とかの張り紙などもなかったのは確かである。 また観戦に戻った。
1930この日の試合は終わった。 食事は駅の近くになんかレストランがあるに違いないと考え、ぶらつくが、カフェテリア、Bar(軽食を出す)程度しかない。 とうとう疲れて、一軒のBarで食事にした。 私は飲めればあまり言うことはないのだが、家内は野菜サラダとピザでは不満そうである。 食事後休息をとったおかげで、歩く元気が出たようである。 ホテルを通り超えて、海岸まで行くと、市街地とは別世界で、レストランや店がいっぱいあり、人通りも賑やかで活気がある。 屋外のテーブルで食事しているオッチャンの皿を見て、明日はあの魚を食べてやろうと密かに思った。 ビールも買ってホテルに戻り、シャワーを浴びてPCをつけると、ここではすんなりと繋がった。 早速ここまでの写真のめぼしいのをアップする。 そしてそのまま寝入ってしまった。 夜中に目が覚めて、PCを机に置き、灯も消したが、余程疲れていたに違いない。

|

« イタリア旅行記-1 | トップページ | イタリア旅行記-3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/61994216

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記-2:

« イタリア旅行記-1 | トップページ | イタリア旅行記-3 »