« 疲れはたまる、一歩づつ | トップページ | イタリア旅行記-2 »

2015/07/22

イタリア旅行記-1

6.24 水曜日
0100に寝たのに0508目がさめる。昨夜の洗濯物を部屋干しして、一眠りして出ようと目を閉じても、すぐ目覚ましが鳴った、わぉ。 朝食は「おにぎり」。 じゃないと、洗い物が出たりして飛行機に乗り遅れるからだ。それでも620に家を出るのは一苦労。荷物を持って0627の電車にぎりぎり間に合う。 横浜では5分の待ち合わせで、0656の成田エクスプレス(Nex)に乗る。 家を出るのが、あと2・3分遅かったら、きっと間に合わなかったと思うと冷や汗が出る。 初めて使う列車で、ゆったりとした座席、値段が高いから席もまばらかと思いきや、東京からはどっと乗り込んできた。 東京の人にとっては、京成ライナーもあるのにこちらの方が便利なのかな? 車内の案内表示は、英語、中文、韓国語と、多種多様、さすがNexである。 0837定刻で成田第2に到着、
929


1115 離陸は、滑走路を目一杯使い、なかなか浮き上がらず、やきもきしたころやっと飛んだ。 10時間以上のフライトだから、燃料を一杯積んでいたであろう機体は重く、15分遅れでフィンランドエアー(日航と共同運行)が飛び立った。
日本時間の13時と17時頃食事が出てきた。食事にはワインもつけてくれてた。 フライト中は映画を2本見たが、どちらも字幕がなく、騒音で、ほとんど聞き取れない。 それでも、チャッピーとシンデレラのあらすじは判ったので、映画2本只見した気がする。
934


1515ヘルシンキに到着し、ここで乗り換えとなる。単なる乗り換えなのに、水のペットボトルを没収される。そしてEU圏内に入るイミグレーションのような検問があり、ここで一週間イタリア滞在と告げて通される。 これでユーロ圏に入ったと言うことなのかな?EU圏に入るのに水が没収されるとは不思議な感じである。
次の出発は1550のはずなので、急いで#24ゲートに向かうと搭乗は1620の表示になっていた。 案内板の表示にはハングルもあり、これって凄くない? ちょと余裕が出てきたので、辺りを見渡すと、
936


ワインのスタンドバーがある。 スツールに腰掛けた人たちが、しっかり飲んでいる。 昼間っからお酒か? まだ4時(現地時間)だよ。 おれもお仲間に入りたかった。
1620に案内され、1625には、もう空に飛んでいた。 超早!フライト時間が短いとはいえ、早すぎる。周りを見回すと、サル顔でカンフー娘のような髪型をしたスッチー、老眼鏡を禿頭の上に跳ね上げてワゴンセールするパーサー、席に空きがあるせいなのか、PCをもってちょこちょこ移動するイタリア人?、うるさい中国人、通路に立ちっぱなしの中国人。通路で話し込むアメリカ人、首に細くハンカチを巻いているフィンランド人?、右の親指だけに指輪している中国人? まぁ、日本人ではありませんよな? 千差万別の人たちである。
黒っぽい袢纏のようなシャツ着たおばさんもいる。 ちりちりのパーマをかけたら、大阪のオバンやで。 ヘルシンキ到着前に画面の数独で疲れた目が、ショボショボする。 日本じゃまだ25時だ。
フィンランドエアーのスッチーの制服は黒、それにアクセント的に白が首の近辺にある。 しかし一様ではないので、みんなバラバラの制服? でも、全体的にナン(尼さん)のような感じがする。
飛行機はリミニ(イタリアの都市)上空にさしかかった。 家内の言うには、「ここから飛び降りたら、早いわよ」 う~ん、それも一つの手かと、パラグライダーをどう広げるか、真剣に考えたりする自分が笑える。
Pilotは2時間35分と言ったが、どうも時間がおかしい。ヘルシンキはサマータイムを入れてZ+3時間?、するとローマは?+2時間なのかな? 少し混乱してくる。
951
952


1920ローマに到着した。 機の後から降り、送迎バスの2台目にちゃっかり座って乗っちゃいました。 多くの他の人は立ち席。
早く出てきたスーツケースを持って外に出るが、荷物タグの参照はされずにそのまま出られた。 ただ、乗り継ぎの列車の駅までの距離が長く、動く歩道の1本は動かなかった。 そして列車の切符を窓口で買ったが、お釣りを10ユーロごまかされた。 電車に乗ってから気がついたが、時すでに遅し、これがイタリアでのペケポン1号である。
列車の外側は落書きで汚いし、外の建物も落書きだらけ、途中駅もみすぼらしく、実に汚い。 線路を見るとプラットホームの高さと50cm程度しか違わず、なぜかレールの側面はN7(灰色)で塗装してあり、走行による摩耗より、風雨による腐食の方が大きいと言うことか? 考え方の違いではあるが、塗装は良いことだと思う。 30分後にテルミニ駅に着いた。 8時半なのにまだ明るい! ホテルを探したが、なかなか見つからない。 地図の位置はあっているのだが、入り口が反対側にあり、探すのに苦労した。 部屋はというと、安部屋で、ネットもなかなか制限付きでパスワードを入れても繋がらない。 エアコンのリモコンも言わなきゃ出してこない。 こりゃひでぇ、これが当たり前? 荷物だけ置いて、街に繰り出し歩いていると、目の前で追突事故発生、おもしろく見物させて頂いた。 その近くのピザ屋さんでピザとワインを注文し、夕食とする。 必要品としてタバコ屋で水とビールを買い、部屋で飲んで、シャワーを浴びる。そして22時就寝と相成った。

|

« 疲れはたまる、一歩づつ | トップページ | イタリア旅行記-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/61937505

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記-1:

« 疲れはたまる、一歩づつ | トップページ | イタリア旅行記-2 »