« 台湾旅行記 1 | トップページ | 余談 1 »

2014/12/30

台湾旅行記 2

 朝5時半にモーニングコールの電話が鳴る。何も頼んでいないのに添乗員の連さんがホテルに頼んでいたようだ。 6時半から朝食OK って早っ! このホテルのエレベーターが混み合うというので、6時半には荷物をまとめ、ロビーに置いてから食事する。
1322

朝から総てが台湾(中華)料理だから、これからどうなるんだろうな?と不安を覚えつつ、こってり更に盛り上げました。白いお粥も漬け物を少し載せれば美味しくなる。印象的なのは蒸し器に点心が入っていたり、饅頭が蒸かしておいてあったり、ちょいと黒めの饅頭を1個つまんで皿に載せ、食べてみると黒糖の薫りがあり、少し甘めのおいしさでした。そうこうするうち若い大学生風の人たちが大勢食堂に流れ込んできた。 あっという間に中国語がピンポンパンポン、騒々しくなる。 やはり台湾料理にもコーヒーは合わないので、プーアール茶を飲む。 時刻はまだ7時20分、出発まで40分もあるので、中庭に回って台湾のお寺を見ることにした。
13251326
派手でけばけばしい建物の内部は改装中とあって、中がよくわからない。それでも数人が参拝に訪れている。
 8時にバスで出発し、日月潭と言う台湾中央に位置する湖に出かける。
1336
途中立ち寄った、「春水堂」という店で、タピオカ入りのミルクティーを戴いたが、これは私には一口飲んだだけで、パス。水で口をゆすいで、湖までは車窓を楽しむ。
134313451347_2
1350


岸から見ると、湖面は藻の発生もなく、まるで流水が一時的に滞留しただけというような済んだ水で、生き物の気配がない。 よほど酸性度がたかいのか?と思ったりする。 湖岸の展望の良いところにお寺があり、立派な龍が至る所にかたどってあります。 ここで占いの作法をガイドさんから習うのですが、長さ10cm前後の半月形になった対の木片があり、これを投げて、組み合わせで占うという。 平らな面と丸い面が片方ずつであれば「吉」、丸い裏面2つだと「凶」、平らな面2つだとやり直し、だそうです。 それから御神籤は、日本のように竹の棒に番号が書いてあり、それを引くのですが、日本式は箱の下にくじを出すのにタイして、台湾式は文字通り、くじを上に引く。
後、台湾中の通りに「檳椰」の看板がやたら多いのですが、ガイドさんによると、一種の興奮剤らしく、噛んでいると眠気覚ましになるとか、、、噛んだあとは吐き出す。1個もらって囓ってみると、何とも渋い。渋柿ほどでもないが、こんなものが習慣になるとは恐ろしい。
日月潭から少し台中に戻ったところで昼食となる。黒檀の彫り物細工の土産物屋も兼ねていて、立派な黒檀の椅子なども置いてある。(でも、買った後、日本までどうやって運ぶ?) ここの昼食も円卓、ずっと10人掛けの円卓が続くようだ。
1352


台湾ビールを数人が頼んだが、ここはホレ、旅行先、旅行グループのもう一つの8人円卓で紹興酒を頼んだので、私一人300元の5年物紹興酒を頼む、妻が隣でじっと睨んでいたのも構わず。 味はそう、150元くらいかな? 一口飲んで、少しぼられた気がした。 が、顔は当然平静にして、ボトルの残った1/3程度は持って帰ることにした。

|

« 台湾旅行記 1 | トップページ | 余談 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/60888754

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行記 2:

« 台湾旅行記 1 | トップページ | 余談 1 »