« 昔話 111 セイル格納 | トップページ | 昔話 113 卒業と就職 »

2014/11/24

昔話 112 帰国

明け方にレーダーで野島崎を確認したという話が、朝食で話題となった。 天測も皆ノルマ・精度ともクリアしているし、もう日本沿岸付近なので、意味がなくなった。 東経14×度ぐらいかな?と頭の中で想像してみる。 思わず笑みがこぼれる。
 でも、非常に良くあることだが、練習船では往々にして180゜変針することがある。 予定より早く目的港に着きそうな時にその号令はよく下る。 ひょっとして今回もあるかも? 不安ではあったがそのうち、午前中には浦賀水道に入ると船内放送を聞いて、嬉しくなった。 やっと帰ってきた。 でも、まだ実感が湧かない。 きっと地面を踏みしめていないせいかと思う。雲の多い天気で、何とか左右舷とも陸影が見えるが、右舷のは館山の辺りかな? そして左舷は遠くに大島らしき影、しかしながら富士山は雲の中であった。
午後、動植物検疫、税関検査のための書類の記入等をしているうちに、入港配置の号令がかかる。 直行接岸、、バースを空けておいてくれていたんだ。 そのまま左舷付けで接岸。 舷門のタラップをセットすると、多くの学生がちょっとだけ桟橋を踏みに降りる。帰ってきたという実感を掴むためか? まだ、上陸の許可が下りていないので、船の周りしか動けないのだが、本当は公衆電話ボックスまで行って、誰かに報告したいところである。
多くの学生は免税枠の範囲ギリギリのである。 私は洋酒ボトル3本で、1本余分に税を申告、たばこは吸いすぎたせいか、土産物のカートンに手をつけたくてしょうがない状況。厳しい税関職員の検査を受けるべく身構える。 しかし何のことはない、あっという間に検査が終了。
通関が終わった、と言うことは散歩程度なら付近をうろついて構わないと言うことだ。 そこで、小銭を持って近くの電話に向かう。
「おふくろ、今日本に帰ったで、あさってには遅なるけど帰るわ、、」
「ほうか、元気にやっとるみたいやな、 わかった、待っとるでよ」
母の声が懐かしい。
翌日は下船式。 これで三級の免状に必要な乗船履歴が付いた。
半年間、慣れ親しんだ貸与品の作業衣を返却、大きな荷物は小包で送って荷物を整理するとすっきりした。
下船はしても、遠方の人は途中泊まりになることがあるから、船で寝ていって良いという計らいがあり、私も泊まることにした。
翌日午後、TVの収録を行うことが決まっていて、多くは東京の人たちだが、私のような神戸の学生も混じって、N□△の(米国建国二百年祭に~~)収録番組に参加した。
出演者の中には、K山雄三さん、M昌子さんが出ていて、俺もTVの端っこに映ったぞ!
ただドーランは嫌いだったので、真っ黒で映っているとは思うが、ね。
いただいた出演料は殆どが交通費。 家に帰る片道切符にはなった。
564
563

|

« 昔話 111 セイル格納 | トップページ | 昔話 113 卒業と就職 »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

初めて帆船を間近に見たときのこと、
初めてデッキに上がらせてもらったときのこと、
お友達と記念撮影をさせてもらったときのこと、
にけねこも懐かしく思い出しました。
何年か前、久しぶりに登檣礼を見に行きましたが、
防犯上の理由から乗員以外の立ち入りは禁止、
それでも、
その日だけ特別に開放されたフェンスの中は、
お見送りの人でいっぱいでした。
男女平等が当たり前の世の中ですが、
やはり女子学生にとって長期の航海実習は
大変だろうなと思った記憶があります。

投稿: にけねこ | 2014/12/03 14時24分

最近は、テロ対策、防犯諸々で、簡単には船にあがれなくなりました。
淋しいですが、時代の流れですね。

この仕事については、余程の覚悟がないと、女性には辛いと思います。 別に男尊女卑ではありませんが、時には体力勝負の時があり、力が必要な時に出ないのであれば、避けて頂きたい。
船は一つの社会を載せて長期間運行しますので、意気込みだけでは困ります。 男性でも同じですが、お互いの信頼を得なければ、やっていけないのが、この世界と思います。

投稿: Samson♪ | 2014/12/08 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/60708367

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 112 帰国:

« 昔話 111 セイル格納 | トップページ | 昔話 113 卒業と就職 »