« 昔話 107 日米交流 | トップページ | 昔話 109 アロハ »

2014/09/23

昔話 108 ワイキキビーチ


これで今航最後となる、せっかくの上陸休暇だから、羽目を外したいところである。が、。
寮の部屋への土産物など、まだまだ出費があるし、これと言った当てもない、海パンは持っている。 あちこち行きたい気持ちをグッと押さえて、友人のT君を誘い、いや、彼に誘われたかも知れないが、ワイキキで泳ぐことにした。
B1
B2

その前に土産物の物色をすべく、アラモアナショッピングセンターに立ち寄ったが、特にこれといったものもなく、そのまま、ワイキキビーチへと出向く。 空はブルースカイ、青い海に白い砂浜、そこにサーフボードの貸し出し店があった。 これはもうやるっきゃないでしょう。 初めての挑戦ですぐ乗れるわけはなく、2時間ほど波と格闘したが、最後は数秒ほどボードの上に立つことが出来た。T君は、1時間そこそこで乗っていて、バランス感覚が良いなと感心、妬み、きっと私は波乗りボウイにはなれないなぁとため息をつく始末である。 日に焼けて腕はヒリヒリするし、のども渇いたところでシャワーを浴びて一杯コーラを飲む。
その時にはもう 白の略服に着替えていて、夕涼みをしながら、日没を眺めようと辺りを見回すと東洋系の若い女性が数人いた。
目ざといT君、早速「日本の人? どっから来ているの?」と声を掛けた。T君、乗れるのは波だけじゃなく、こっちもノリノリで上手。 話を聞くと日本□空のスチュワーデスという! やったじゃん! 向こうも海の男に興味があったのか30分ほどおしゃべりが弾んだ。
Succhi

そろそろ、電話番号を聞こうかと思った矢先、そろそろフライトがあるので、とやんわりお別れの言葉。やっぱり海より空の男が良いのか? うちら海の男には、なかなか袖に4本線が巻けないが、空では、最初から本数水増しして、いきなり3本線巻くからなぁ。 その内の2本はきっと空だネ?

|

« 昔話 107 日米交流 | トップページ | 昔話 109 アロハ »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/60360927

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 108 ワイキキビーチ:

« 昔話 107 日米交流 | トップページ | 昔話 109 アロハ »