« 昔話 105 ラハイナ | トップページ | 浅草 2014/8/23 »

2014/08/27

昔話 106 ホノルル

549

お盆を数日過ぎた週半ば、ラハイナから抜錨し、ダイヤモンドヘッドの沖を通ってホノルル港に着いた。 直接岸壁に接岸したのだが、接岸後程なく歓迎セレモニーとして、岸壁に並んだのは、綺麗なフラガール達。
船長以下主立った乗組員達が歓迎の花束ではなく、ハワイ特有のレイをうけ、ほっぺにキスを受けています。 若いサードフィサー(三等航海士)は顔を真っ赤にしているのを、学生達は羨ましげに見ていました。
「550.jpg」をダウンロード

一通りのスピーチが終わった後、フラダンスの披露があり、始めて見る本場のフラダンスに目を白黒させて感動しました。 すると学生達に、日米の交流でもあり、良い機会でもあるので、フラガールさん達からフラダンスのレッスンを受けないかと船内放送があった。 勿論、なんか面白そうだし、20人ほどが名乗り出て、私も加わった。
我々は男だから、女性のように、あの様な激しい腰の振り回しは出来ないが、そこそこ腰を動かして、それらしく動かした。 手はと言うと、総て歌詞に合わせて表現しているそうなので、大きく水平に手を広げて海を想像させ、波の時は手をヒラヒラさせ、それらしく表現する。 習った曲は「フキウキ?」、カイ(海?)に出て行って、波に揺られながら、フキ(釣り?)竿で魚を釣る。大きな魚が釣れて良かった。~とか何とかであったが、曲はハワイ語、説明は英語でちっとも頭に入らない。 
ほんの30分ほどの手ほどきでしたが、ハワイの女性と一緒にダンス出来るなんて そうそうにあることではなく、目一杯楽しく過ごせました。 だから、ハワイに憧れるのかな?
35年前、この辺りには被害が少なかったが、このホノルルより10km西の真珠湾に、攻撃を加えて戦争になったのに、この歓待、平和って良いですね。

|

« 昔話 105 ラハイナ | トップページ | 浅草 2014/8/23 »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/60219469

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 106 ホノルル:

« 昔話 105 ラハイナ | トップページ | 浅草 2014/8/23 »