« 昔話 101 セイルワーク | トップページ | パラグライダーに嵌ってます。 »

2014/06/28

昔話 102 ロープワーク


船も長い航海中に、風雨太陽に晒されて、船体も帆も索具も随分傷みます。特に常時他の物と接触している索具は擦り切れてきますので、防護策として、こすれる場所に当て物などをします。
この他、海水が染み込んで錆びてきたワイヤー、陽の光で劣化したロープなど、悪くなった物は取り替えるのですが、海の上に工場などないので、手作業で交換部品を作ります。

鉄製のワイヤーは必要な長さに切断、両端をアイ加工(輪っかにする)しますが、ワイヤーを切断した1本1本の針金が表面に出てきて、手足に刺さるため、マーリンという油脂を含んだ糸でぐるぐると巻いていきます。
手がギトギトになり、石けんで手を洗ってもなかなかにおいが取れない。 この作業を昼食直前にやったから、一善一善、美味しい?臭いをかみしめることになった。

油のしっかり付いたワイヤーは、折り曲げのないヤード(帆桁)のフットロープ(足綱)や、セイルに使われ、落下防止のバックロープは、帆布でワイヤを包み込み服に油が付かないようにして使われています。
それに対して、普通の繊維で出来たロープは柔軟性があり、手で扱うところを総てカバーしています。 ロープは柔らかいため、たまに切れることがあり、特にシュラウド(横静索:マストの後両側の何本もの縦索)に張られているラットリンは、千切れる物と覚悟して脚をかけ、マストを上ります。

今航海も2・3人が登艢中に切れたと言って、修理するまでは1段とばしで上っていきました。
ロープの修理には、スパイキという超巨大な爪楊枝みたいなものを使い、ロープのストランド(撚り)の間に差し込んで隙間を作り、そこにもう一方のストランドを刺して、ロープをつないでいきます。
ロープの端部に丸い輪っかを作るのもこの要領です。
手の空いた時間には、ロープの結び方を習います。

有名なのは「もやい結び(ボーラインノット)」、
1. ロープの片端を持って力を掛けるところにロープを掛ける、
2. ロープの短い端を、長い方に交差させて、一度軽く結ぶ、
3. 短い端を強く引っ張ると長い方のロープが平仮名の「す」のようになる
4. 「す」の穴からロープの短い端が出ている状態なので、上から出ていれば下、下なら上に、短い端をもってゆく
5. そのまま長い方の下(上)を交差して、「す」の穴に戻すようにする。
6. 短い端をギュッと引っ張って結び固めたらもやい結びの出来上がりである。

結びをほどく時は、最後に通した短い端がUターンしている形で、そこを押すと「す」の穴が緩み、簡単に解ける。
1回生の時に授業で習っているので、5回生になっての復習というわけです。

何人かは忘れていたのでしょうが、これでもう完璧!  とは言っても、普段の日常生活ではほとんど必要のない技術です。

|

« 昔話 101 セイルワーク | トップページ | パラグライダーに嵌ってます。 »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/59887546

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 102 ロープワーク:

« 昔話 101 セイルワーク | トップページ | パラグライダーに嵌ってます。 »