« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/22

昔話 95 ウェストポイント

7月6日ともなるとちょっと落ち着くのか、貸し切りバスによる観光があった。 実習生は全員2台のバスに乗り込んだ。やはりここまで来たら観光ツアーが欲しいもの。 イャイャ、異国の地での諸々学習の為である。 まずは国際連合。 マンハッタンのイーストサイドに建つビルの敷地には色とりどりの世界の国旗が列んでいる。もし、敷地内で事件が発生したら、まさかNY市警が出てくるわけもなく、独自の警察が出動する。ある種の治外法権だろうが、そのお巡りさんの姿がなかなか見つからない。平和なんですねぇ。
バスは、バッテリーパークにも立ち寄り、遠くの自由の女神を眺める。 摩天楼の中で一番高かったツインタワーではなく、キングコングが初めて映画で登ったエンパイアステートビルの展望台に上がる。上から見下ろすマンハッタンには、セントラルパークを除いて緑がほとんど無い事に気が付く。 何か極端な街ですね。
他のマンハッタン島内はバスの中から見学、特に黒人スラム街と言われる地区は、バスを止めることなど問題外! 車中からカメラで撮影することも、彼らに見られたら危険なので、止めるようにと言われたほどである。 まぁ、こっそりと写しましたが、ビビって、後から現像すると殆ど空しか移ってなかった(笑。
その後、バスは北の方に向かって1時間以上走り、着いたところが、芝生が綺麗な広大な場所、ウェストポイントで、その中の一つの建物に通された。
入り口を入って両側には色んな大型模型(ジオラマ)が展示してある。ゲティスバーグの戦い、チャタヌーガの戦い、ワーテルローの戦い等の有名な陸戦のジオラマで、人形がいっぱい配置され、戦いの情勢が一目で判るような仕組みである。
眺めている時間は殆どなく、建物の中の講堂に通された。それからまた、米人のお話しであるが、当然英語。 ここはそれ、ジオラマとかパンフレットとか、視覚的に分かるものが欲しいんですよ。 私達、海事系の人間、陸系の防衛やらかんやの話はちょっと、ご無礼したいですね。 後から考えると、ここは陸軍士官学校、アメリカ中の軍人の憧れの場所。その視線で見れば素晴らしい場所です。
それでも、帰りにPX(売店)に寄ってお土産品(ペーパーナイフ)を買う。 完全にお上りさんですね。
230

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/20

薬の怖い副作用

本日検診結果を聴きに西マリ・病院に行った。
ま、年相応の病気かも知れないが、若干の不安もあり、ちょっとした検査の後、じっくり聞いた。

ちょっと××の状況です。 ただ、△△の勢いが凄く良いの出、それほど心配することがないですよ。
(え、検査の時、先生から隠れてしたのにどっから見てたんだ?)
治療するため この薬を飲んで、▲▲の数字が下がれば、症状も下がるし、ガンの疑いも晴れます。
まぁ、半年ほど飲めば効果が現れてくるでしょう。
(げ、半年も飲むのかョ。)
残念ながら、この薬には副作用があり、人によっては男性のアノ能力に影響が出ることがあります。百人のうち90何人かは、問題ないですが、たまに出ることがあるんですよ。
(それは、たいした副作用じゃなさそうだな?)
どうです、処方しましょうか?
(う~ん、どうしようか悩むところだな?)
もう一つ副作用があって、毛が生えてくるんです。
(え!うそ!)
どうします?
・・・・・・「先生、是非処方して下さい!」<手を摺り合わせて>

まずはお試し3ヶ月♪♪312

Avolve 0.5mg

・・・・・♪もういくつ寝ると、毛が生える?...期待感いっぱいである=^_^=
夏には、三つ編みが出来る....訳ないよな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/12/16

クリスマスパーティ

夏は浅草。
冬はクリパ(クリスマスパーティ)。
日曜日なのに、普段の朝と変わらない時間に家を出る。
池袋から電車に乗ったが、まだ誰とも会わない。 ム 遅刻か?と不安になる。
和光で降りた時、知った顔ぶれを見つけてホッとする。それに臨時のバスが出るというので、それに乗せて貰うことにした。何せ昨日ふかした芋が10kgほど鞄に詰まっているから、、、衣装と合わせると相当な量だ。
会場に着いた途端に、我がおつまみ班の奮闘が始まった。米を洗い、ブラジル料理のフェィジョアーダを暖め、つまみを作っていくのだが、狭いキッチン大変な量をこなすには人海戦術なのだが、これはもう時間との戦い。
9時から準備して、13時のゴング開始に向けたのだが、ものの5分で大漁のつまみ、ブラジル料理が消えていく。
案の定、炊飯器の能力が足りない。
ご飯が必要なフェジョアーダを一度下げて、乾き物にし、取り繕う。
そんな中、私たちのグループの出演が始まった。楽しく踊らされてきました。
その他の私の出番は、新人バンドでカイシャ(小太鼓スネアドラム)を叩き、コミック劇での白子。最後のバテリア演奏まで、おつまみ作りと平行に、怒濤のような時間が過ぎていく。
ちょこちょこつまんではいたが、お腹はそれほど脹れていない。飲みもほとんど足りない。なのにもうお片づけなのだ。
市役所の横「サンアゼリアホール」は意外と駅から遠い。駅まで寒い道のりを歩いて行く時、疲れがじわじわと体に感じる。 池袋で湘南新宿ラインに乗り換えた時には、ぐったり。ここで座れるのは有難い。横浜で乗り換えた時も、すわれた。
そして気がついた。
カイシャがない!
さっき横浜で降りた時に網棚から取り損ねたんだ!
背中を冷や汗が流れる。
家に着いてから、冷や汗のまま爆睡。

翌朝、JRお忘れ物センターに問い合わせると終点の駅に届いているという。
ホットした。
今日は、体の精密検査のため会社休んでて良かった。 午後、カイシャ取りに行ってこよう。
その足で、忘年会をハシゴする。
本日は忘年会のダブルヘッダーなのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/12/08

観た~な~!

Img_0277


金曜日、英国最高の巨匠、待望の大回顧展!なんて言うから、金曜日のレッスンにいくかどうか迷いつつ上野へ行ってきた。東京都美術館での絵画展である。今月18日まで東京で展示され、次は神戸で展示されるらしい。 観たい方はどうぞ、、、

仕事が終わってから行ったものだから、上野公園は日がとっぷりと暮れ、人もまばら。 美術館は久しぶりに入るので、ちょっと勝手が違った。 無料のロッカーが暫く見つからず、ちょっと帰り客の取り出した後をすぐ狙って何とか確保、思い鞄を放り込んで、後で戻ってくる百円玉を入れて、大分手軽になった。

館内を巡って行ったが、私の目には惹かれる絵が数枚しかない。もっと多くの帆船の絵があると思っていたのだが、期待はずれである。 でも、波を描くのは上手い。 自分で見て書いたであろう絵は当然写実的であるが、想像で書いたはずのトラファルガー海戦の絵は疑問符がいっぱい付く。 この写真の絵は2隻の拿捕船と言うが、1隻は判るがもう1隻はどれかが判らない。 きっとその当時、誰かから聞いたのであろう、隻数は言わなくても良かったのでは?
また、波の状況と帆の状況では、多分この状況は想像の産物と思う。まぁ、kじょれは良しとしよう。

風景画が多く、 ほとんどの絵のコントラストがぼやけているよう。 絵の脇の説明書きを読んでも、意味の分からない絵が多かったな。 表現すると、まるでお化けの一言。
「観たーなー」
そう、ターナー展であった。
お後がよろしいようで、=^_^=

結局レッスンには間に合わず、来週には行こうかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »