« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/27

精密検査も流れ作業?

機械の精密検査はよくやりますが、自分の体となると怖いもの。
先日の健康診断で引っ掛かったので、2次検査だ。

朝、病院まで送ってもらって、受け付ける。
何か、サービスエリアの食堂で渡されるような呼び出しベルを持たされた。
院内の何処にいても良いから、このベルを持っていなさい。
ベルには行き先の指示案内が表示される。
相当待たされることを覚悟して、明るいところで本を読み始めたら、5分もしないうちに呼び出され、問診票を書いてくれと手渡された。
かなり細かいところまで書き込んだ。

書き終わって、差し出して、また、明るい場所に向かっていった。
本を開いたら、すぐ呼び出しがあって、次は診察室の前で待機してくれと言う。
ほどなく、名前を呼ばれて診察を受けた。
検診の一次結果があるので、問診や説明などもスムースに、、
もっと詳しく検査する必要があり、その日程は詰まっているので2週間後にとった。
ただ、先生曰く、「それまで触診をのばすと、ビビって来ない患者さんもいるので、今日やっちゃいます。はい、そこで、ズボンとパンツを降ろして、、」 先生の指がスルリと伸びてきて大事なところを触診する。
わぉ、あは!
何とも恥ずかしい姿をさらしてしまった。

医者とはいえ、よくこういう事が、ポンポン出来るんだなぁと感心する。

最後に、会計で費用を入力して貰って、呼び出しベルも返す。
支払いは何と自動精算機!
診察券とお金を入れると領収書が出てくる。

これで本日の診察は終了。時計を見ると何と受付から精算まで1時間半。
何か、自分たちがオートメーションの機械に放り込まれたような錯覚をおこします。
その内、受付に入ったら、自動で流されて、修理(診療)され、出口でポンと出てくるような病院が出来るんじゃない?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013/11/26

このロゴマークを見たら、信じちゃうでしょう?

Googlel

え?あのGoogleからメール?
え?何で?
返事して何かすると£75万ポンドだって?
ちょっと浮かれたけど、何かがおかしい。
グーグルのロゴマークはあるけど、ほんとかな?
応募も何もしてないので、疑わしい。
とりあえず、会社に持って行って翻訳。
何で会社に持って行くかって?
それは、会社の照明の方が明るいので、
文字を読み間違えることもないと思って、

何とか読んだが、どうも胡散臭い。
75万なんて半端。日本円にして約1億円は半端じゃない。
ネットで検索すると、どうもフィッシング詐欺のようである。
個人情報を総て吸い上げ、当選賞金受け取りのために手数料が必要と
お金も振り込みさせ、巻きあげようと言うことらしい。

美味しい話なんて、転がってるわけないじゃないか?

うへぇ〜、危ない危ない!
皆さんもお気を付け遊ばせ?

↓こんなメール送るなよ。和訳するのに時間もかかっちゃたではないか!
題名 : Google Corporations
差出人 : GOOGLE CORPORATION AWARD TEAM
宛先 : undisclosed-recipients:;
添付ファイル : Powered by Google.pdf

Google Corporations.
Belgrave House 76
Buckingham Palace Road
London SW1W 9TQ
United Kingdom.

GOOGLE ANNIVERSARY WINNING NOTIFICATION.

WINNING NO: GOOGLE-UK/2013/2041984

We wish to congratulate you once again on this note, for being part of our
winners selected this year 2013. This promotion was set-up to encourage the
active users of the Google search engine and the Google ancillary services.

Check the attachment for more information and please reply to the details in the attachment.

Congratulations from the Staffs & Members of the Google interactive
Lotteries Board Commission.
Google Promotion Award Team.
NIKESH ARORA G.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »