« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/26

☆ episode 4 寒中水泳 1963年2月17日

☆ episode 4 寒中水泳 1963年2月17日
その日の朝は随分冷え込んでいたが、天気が良く、お昼には随分気温が上がっていた。 日曜なので、昼ご飯を食べた後、近所の子供達は遊びに出るのだが、遊ぶ場所が少ない。当時水田のための溜池であった西池は、折からの寒波のせいで、池の表面には氷が張っている。 池の西の方は、竹藪などの陰になっていて、氷が溶けにくく、厚さは3~5cmあって、子供達が数人載っても割れない厚さ。 だから、西の方で運動靴のまま滑ったりして遊んでいました。 その内、体の軽い子とちょい太めのS君が東の端まで行けるんじゃないかと、池を横断しだした。 後15mそこそこで渡れるという時に、足元の氷にヒビが入り、S君が氷の割れ目に落ちてしまったようである。 しばらくして、誰かの叫び声で何かあったと気づいた。2~30m先を見ると氷に穴が空いていて、なにやらバチャバチャやっている。
商家のドラ息子で、ちょっといけ好かないから、半分からかいに近づいていった。割れ目がなかったので、1m位まで近づいたら、あっという間に氷の割れ目が広がり、私も落ちてしまった。 冷たい!
かろうじて、つま先が池の底につく、そしてS君がしがみついてきた。 私は早く岸に上がりたいので、両手で氷を叩いて割り、前に進むと、S君も一緒についてきた。 ほどなく岸に上がると、メッチャ寒い!後からS君も上がってきて、二人ともトボトボ歩いて自宅に帰った。家が近くで良かった。
母親に叱られること、大変。メチャメチャ五月蝿くてか叶わん。
後から考えると、バシャバシャさせるだけで、直径2m程度の氷の穴から動かなかったS君、あのままだと同級生とはいえ、私より20cm以上背が低いし、あの水の冷たさ。ひょっとしたら、恐ろしいことになっていたかも。
その後3週間してから、こんなものを頂きました。
『表彰状:第四学年二組・サム:あなたは去る二月十七日午後三時頃 ××町蟹甲西池於て 結氷の割れ目に落ち溺れそうになって助けを求めている友人を発見 自ら氷点下の水中に着衣のまま入り救出しました その臨機応変の沈着な判断力 真の勇気と深い友情は他の模範であります 仍て茲にこの行為を表彰します 昭和三十八年三月十日:愛知県○○郡××町西小学校長□田○夫』
だってさ。
そうそう、S君の家から、下着を2枚戴きました。これってなんだろうね?

0_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/15

昔話 94 パレード

Parade
翌5日はまだ祭典が続き、我々はブロードウェイをパレード。 服は略装ではなく夏制服のピンカートン(白詰襟)、だから午前中とはいえ、7月の晴れた天気の中では暑い。 沿道からはシュレッダーの紙くずが舞って、TVでよく見るパレード光景がそのまま。感慨深く、一時間のパレードをして、シティホールに到着。整列して市長のスピーチを聞きます。実は誰が喋っているのか、何を喋っているのか、全く理解出来ていない。訛っているのか、私の耳が悪いのか、それとも私の英語はダメなのか、、。
Cityh517Cityh518

1時間足らずの式典でしたが、ずっと立っているのはかったるいです。 やはり、旗手をやらなくて良かったかな?だって、写真写りは国旗が邪魔でよく写らない。(笑
解散後は、そのまま上陸休暇なので、友人とマンハッタン散歩。 マンハッタンは碁盤の目のようになったアベニューAve.とストリートSt.が番号表示で交差しているので、41St.の西の端と頭に入れて歩けばよい。そこから外れた南のたった一つ直角に交差していないのがブロードウェイ。それが5Ave.と交差したところが、あのマジソンスクエア。 TifanyWinston

この辺りは流石に人通りが多いです。映画に出てくるのと同じような入り口のミュージカルの劇場がたくさんあります。 路上では、小さなテーブルの上にコップを3個伏せて、赤いボールが入ったコップを当てさせる賭け事をやっています。見ていてすぐ判るので、客が1ドル賭けると当たり、それを払います。 私も賭けたくなりましたが、危ないことには関わるなと言われていますので、ぐっと我慢。 だが見ていた数分後、お巡りさんが近づいてきました。
すると、それに気づいた賭け事師はテーブルなどをさっと片づけ、小脇に抱えると脱兎のごとく逃げ出しました。どういう訳か賭けていた客も大急ぎで逃げ出していきました。
考えてみるに、お客はサクラで、イカサマを仕掛けていたに違いないと結論づけました。
夜のマンハッタン、怪しげなところに近づくと恐ろしいと言うことを肝に銘じ、ブロードウェイの夜に触れただけで、ちょっと早めに帰船することにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/14

昔話 93 建国二百年祭

1976年7月4日、米国では独立して2百年となり、凄いお祭り騒ぎである。 そのお祝いでしょうが、世界各国から大型帆船が集結、日本からもこの日本丸が参加です。
481
先頭の"イーグル"(米:沿岸警備隊)に続いて、ゆっくりとハドソン川を船団が遡上していきます。
アメリカの一番艦に敬意を表すための祝砲が他の船からあがっており、日本丸も登艢令がかかりました。 各マストの両舷から横静索を登っていきます。私はフォアマスト右舷ロイヤルの位置に向かい、先頭を切って上がります。 何せ、一番上のポジションですから。息を切らせてオーバーハングを登り、ロイヤルヤードの後のぐらつくネットに手を掛けた時は、もう息切れで、心臓破裂寸前ですョ。位置について前方を見ると最初の橋ベラザノナローブリッジが近づいてきて、今にも船のマストに当たりそうです。と思っていると橋の手前で解除となり、マストから降りてきました。515

橋の下をくぐった時には既に11時、自由の女神像が見える頃には、食事時間となり、一旦解散となりましたが、みんなは食事よりも自由の女神像に見とれています。
476

食事が終わってもまだ帆船パレードは続いており、すれ違う大型帆船に目を奪われることしきりです。
482483484


488489492

ハドソン川は、川と言ってもかなり幅が広く、概ね2㎞で、狭いところでも1㎞ほどあります。 規制しているので川の中央は水路が空いていますが、両岸側には沢山の船が漂っています。
パレードは、かなり上流まで行ってからUターン、船はまた川を下ってやっと桟橋に接岸。マンハッタンの西側82番桟橋。その番号を聞いただけで、いったいどれだけの桟橋があって、どんなに栄えているんだ!と感動と驚きでした。桟橋は川に直角に200mほど突き出ていて、廻りは黒山の人だかり、時刻は2時を過ぎていますが、夕方までのほんの数時間、見物客がワイワイとやってきます。 こういう時は、余り英語で質問を受けたくないので、デッキの上から手を振るだけにとどめて、東洋風スマイルという笑顔対応が一番。
514

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/13

昔話 92 パレード前夜


2日朝ニューポートを出てから一昼夜、ダイレクトに岸壁に着けるかと思っていたら、昼前にマンハッタンの南側に位置する大きな砂州の様な島の東側にアンカーを入れた。 州としてはニュージャージー州に当たる。 明日は、最終目的地にはいるので、みんな気がはやっている。ニューポートは経度的に行き過ぎた感があるので、双六でゴールにピタッと止まらず、通り過ごした位置。 で、この砂州の近辺はサンディフックという岬の近辺の錨地、また、ゴールを過ぎて戻ってしまった感じだな。今日は土曜日だしネ。
午後、日曜日と月曜日のスケジュール説明があった。 日曜は朝からスタンバイに入って、ハドソン川を上り、マンハッタンの西側に接岸。 月曜日は、ブロードウェイを歩くとのこと。 上陸しても面倒起こすなよ。ちゃんと風呂には入れよ。靴磨いておけよ。制服の皺はとっておけよ。髪は整えておけよ。だらけた行動はするな。などと、細かな注意が出された。
月曜の隊列は背の高いものが先頭で、背の順に続く。ここで問題となったのが、誰が国旗を持つかと言うこと。背の高い3人が呼ばれた。旗持ちは誰がするか、、3人とも大丈夫だよとは言うが、「重いぞ、2~3時間だぞ、持ちっぱなしだゾ~!」と脅かすことしきりである。背が高い方が格好が付くが、体力的にガッシリした奴にやらせて安心したいようだ。私の細腕では心配と言うことか?
結局、同室で2年年上?のあんちゃんに決まった。
その後、国旗と旗竿を手に持ってみると意外と軽い、が、これを両手でずっと持っていると3時間じゃ長丁場で、キツイかも知れないと思っていた矢先、腰に旗竿の重さを支えるベルトがあることが判った。これがあれば、中学生でもOKじゃないか。
出たがり、目立ちたがり屋の私としては、「オレが、」と我を張って持ってもよかったかなぁと悔やむ。格好いいところを持って行かれたが、彼も苦節ン年、足踏みしてるのだから、「ヨロシク頼むよ」と明日の晴れの日を夢見て、部屋のみんなと乾杯した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/06

ああ、これがハイブリッドか

小雨降る中、車を掃除していました。
雨の日に車の掃除でもしゃーない なんて、と思いつつ、車内を掃除。
ジャッキとレンチ、信号火炎を確認。車検証等の書類を確認。
ん、中央のポケットの蓋が閉まらないぞ、、これぐらい良いかな?
スタッドレスは積んで、出発。
ディーラーさんのところで、車をキー3個付けて無事引き渡し、代わりに新しいキーを2個戴いてきました。
勿論、憧れのハイブリッドカーです。 (ああ、これがハイブリッドか?)
色んなスイッチの説明をうけ、納得したのは16時過ぎ、丁度保険の切り替え時刻を過ぎています。
今回は、会社関連の保険屋の方が少し安かったので、今までネットで加入していた保険会社とはおさらばしました。
車両保険も入って、結構な値段ですが、事故らない事を祈ってます。
でも、バッテリー上がりがあるかも知れないと思い、バッテリーの接続方法だけは最後に確認してきました。
ところで、私はこの車種の試乗はやっていない。
だから、引き取って動かすこのタイミングが初運転!側方と前方の感覚が分からないので、少し多めに余裕をとって運転です。 何せ、我が街並みは道路が狭い、更に電信柱が車道に結構はみ出している。だから、家までの運転は少しおっかなびっくり。余裕が出てきたのは、家に着く直前。 その時になってやっと後方視界をじっくり確認した。
バックミラーの視野が僅かに狭くなっている。後方は、バックミラーの大きさの視野しかない。
サイドミラーが頼りだなぁ。
で、我が家の駐車場に収まったニューカー。
暫くはおっかなビックリでしょうネ。310

そうそう、スタッドレスタイヤも別に付けてますが、これは後で持ってきて貰うことになっています。冬場の雪道も安心して乗れます。
なんと高い買い物だろうか?
消費税の上がる前、今が買い時と思って、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »