« 昔話 94 パレード | トップページ | このロゴマークを見たら、信じちゃうでしょう? »

2013/10/26

☆ episode 4 寒中水泳 1963年2月17日

☆ episode 4 寒中水泳 1963年2月17日
その日の朝は随分冷え込んでいたが、天気が良く、お昼には随分気温が上がっていた。 日曜なので、昼ご飯を食べた後、近所の子供達は遊びに出るのだが、遊ぶ場所が少ない。当時水田のための溜池であった西池は、折からの寒波のせいで、池の表面には氷が張っている。 池の西の方は、竹藪などの陰になっていて、氷が溶けにくく、厚さは3~5cmあって、子供達が数人載っても割れない厚さ。 だから、西の方で運動靴のまま滑ったりして遊んでいました。 その内、体の軽い子とちょい太めのS君が東の端まで行けるんじゃないかと、池を横断しだした。 後15mそこそこで渡れるという時に、足元の氷にヒビが入り、S君が氷の割れ目に落ちてしまったようである。 しばらくして、誰かの叫び声で何かあったと気づいた。2~30m先を見ると氷に穴が空いていて、なにやらバチャバチャやっている。
商家のドラ息子で、ちょっといけ好かないから、半分からかいに近づいていった。割れ目がなかったので、1m位まで近づいたら、あっという間に氷の割れ目が広がり、私も落ちてしまった。 冷たい!
かろうじて、つま先が池の底につく、そしてS君がしがみついてきた。 私は早く岸に上がりたいので、両手で氷を叩いて割り、前に進むと、S君も一緒についてきた。 ほどなく岸に上がると、メッチャ寒い!後からS君も上がってきて、二人ともトボトボ歩いて自宅に帰った。家が近くで良かった。
母親に叱られること、大変。メチャメチャ五月蝿くてか叶わん。
後から考えると、バシャバシャさせるだけで、直径2m程度の氷の穴から動かなかったS君、あのままだと同級生とはいえ、私より20cm以上背が低いし、あの水の冷たさ。ひょっとしたら、恐ろしいことになっていたかも。
その後3週間してから、こんなものを頂きました。
『表彰状:第四学年二組・サム:あなたは去る二月十七日午後三時頃 ××町蟹甲西池於て 結氷の割れ目に落ち溺れそうになって助けを求めている友人を発見 自ら氷点下の水中に着衣のまま入り救出しました その臨機応変の沈着な判断力 真の勇気と深い友情は他の模範であります 仍て茲にこの行為を表彰します 昭和三十八年三月十日:愛知県○○郡××町西小学校長□田○夫』
だってさ。
そうそう、S君の家から、下着を2枚戴きました。これってなんだろうね?

0_2


|

« 昔話 94 パレード | トップページ | このロゴマークを見たら、信じちゃうでしょう? »

B-6」カテゴリの記事

コメント

ま、経過はどうあれとりあえず彼は助かったのですから…。
しかし、読んでるだけで寒い。

投稿: にけねこ | 2013/11/19 19時48分

この経験があるから、池や川の氷の上は怖いです。一旦氷の下に入ったら、落ちた穴が見つからず浮かんではこれない。
浮かばれない話になってしまいそう。

投稿: Samson♪ | 2013/11/20 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/58454304

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ episode 4 寒中水泳 1963年2月17日:

« 昔話 94 パレード | トップページ | このロゴマークを見たら、信じちゃうでしょう? »