« 昔話 91 ロードアイランド | トップページ | ああ、これがハイブリッドか »

2013/09/25

episode 3 台風一過 1959年9月26日

☆ episode 3 台風一過 1959年9月26日
台風が来ると言われ、学校を早く帰らされた。 雨はないのだが、かなり風が強く、薄ら寒いので、あまり外で遊ぶ気にもならなかった。
すきま風がかなり吹き込み、足元は寒いほど。 もっとも、食事をする場所は、家の中ではあっても、元々は屋外。 二部屋しかない家の東側に、お風呂と台所を増設した場所で、床はセメントで固め、敷居がないので、扉の下は風が通り抜ける。 セメント(モルタル)で固めた床だから、足が水平でなく、いつも北東側の足に厚い板を噛ませていた。
東側から、炊事の流しとお釜があり、テーブル、テーブルとほぼ同じ高さの窓、8畳間の室内と並んでいて、見ようによっては、最新式のキッチンカウンターにも見える。
6時頃食事をして、今の布団に入った。もちろんTVなんかない。 ラジオがカリカリしゃべっているだけ。ふと気が付くと、あちこちから雨音が、ポタン、ポタン!。洗面器や、丼で雨漏りをうける。 外はゴーゴーと唸る風、北側の雨戸を叔父が釘で打ち付けて、風で飛ばされないように雨の中を作業している。 そのうち、裸電球も切れて、停電状態になった。
北の窓を少し開け、雨戸の隙間から外を見ると街は真っ暗で、時々懐中電灯の明かりがよぎっている。 まだ、相変わらず外は強風の音がする。

そして台風が通り抜けたのは土曜の夜。夜が明けると、爽やかな風が町中を吹き抜け、細々したものが総て洗い流されている。なんか精気の抜けた街になっている。
我が家の南側は、隣の土地が屋根の高さまでの畑になっていたので、風は総て屋根の上を通過。 小さな我が家は、こうして台風を乗り切った。私は寝ていただけだけどね。
外に遊びに出てみると、役場付近の田圃では、稲刈りが終わったところを鯉や鮒などが泳ぎ回っている。 河口では大変だったという天白川も、この辺りでは、決壊もなく、ただただ、水があふれているだけでした。
大人達は、忙しく何かを片づけていましたが、私は鼻を ほじっているだけ。 誰も構ってくれず、なんとまぁつまらない日曜日だったことか。
翌月曜日、小学校へ行ってみると、一番東側の木造校舎が南側に、5゚以上傾いていて、
今にも倒壊しそう。
伊勢湾台風は、こんな風にして、我が街を抜けていきました。

|

« 昔話 91 ロードアイランド | トップページ | ああ、これがハイブリッドか »

B-6」カテゴリの記事

コメント

伊勢湾台風に関しては、
あれがそうだったのだなという記憶がありません。
あまりに幼かったから?
でも、第二室戸台風は記憶にあります。

投稿: にけねこ | 2013/10/05 19時35分

にけねこ<伊勢湾台風は三重県、愛知県など台風針路の東側が被害が大きかった。どの台風でもそうですが、台風自身の風と移動速度が重なる東側が被害が多い。あの時、西側にいたんじゃない?
それとも産まれてなかったとか、、、

投稿: Samson♪ | 2013/10/06 01時44分

生まれてることは生まれてますし、
そんなに西側にいたわけでもありませんが、
比較的災害の少ない地域に暮らしておりました。
だから偉人が出ないと誰かが言うておりました。

投稿: にけねこ | 2013/10/08 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/58266005

この記事へのトラックバック一覧です: episode 3 台風一過 1959年9月26日:

« 昔話 91 ロードアイランド | トップページ | ああ、これがハイブリッドか »