« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/21

昔話 90 メリパス5分前

日付は6月21日、アメリカ本土の寄港地に10日程で到着する。 だが、まだ暑いカリブ海の北緯23度付近である。
晴れているので、毎日の日課となっている、朝の天測(モーニングサイト)をする。 モーニングサイトでは、船の位置はハッキリとは決まらないが、太陽が東にあるので、クロノメーター(時計)と合わせて、経度方向の位置が決められる。これと正午の太陽の高さから緯度が決まって、正午の船の位置が判る仕組みである。 ダラダラ計算していては怒られる。 推定される船の位置からのズレを、クロノメーターと六分儀の角度から、5分以内に出さないと、士官から○がもらえない。 答えが0.5浬(約1㎞)ずれていても○はもらえない。 そして、その○がノートに50個ないと、出来るまで特訓というので、毎日朝8時前後は、士官の笛の音に合わせて、デッキに六分儀を持つ学生が太陽高度を測り、そのままデッキに座り込んで、ノートに計算する姿が見られる。
ちなみに、測定は十数秒の間を取って3回連続あり、リーサイド(雑用当番)は笛の音の時刻をクロノメーターから読み取り、その時刻を0.5秒単位で報告する。
この時の六分儀を覗いてみると、太陽(勿論、濃緑のガラス越しに見る)と水平線の両方の像が同時に重なって見える。 太陽の下辺を水平線に合わせるため、角度を調節しながら、六分儀も垂直になっているように少し左右に振る。 笛の音と同時に太陽の高度を目盛から読み取る。すぐまた六分儀を覗くと、太陽は水平線の少し上に見える。角度を調節し、測ってはまた目盛を読む。目盛はあってもメモリ(Memory)はないので、口の中で数字をブツクサ唱えながら、メモに書き写す。 そこからは、天測暦と計算表を使って、筆算である。 掛け算は対数表を使って行うので、基本的には、足し算引き算の連続であるが、時間がないので、流れ作業的に計算していく。 慣れている士官は3~3分半で計算結果を出す。学生も計算が終わったら士官のところに駆けつける、、、、ピー!と笛が鳴ったら○印の受付終了。 あとは正解かどうかのチェックだけ。 なかなか計算で5分を切るのは難しく、東京を出て、太平洋を渡りきった頃、私も○印がもらえるようになった。

4-8の当直も終わって、部屋に戻りのんびりとする。 11時半には昼食の用意が出来ているので、早めの昼食を食べ、ホッとしたころ、リーサイドが「メリパス5分前、メリパス5分前!」と怒鳴りながら、食堂、居室を回る。(※メリパス= Meridian Passing =子午線通過)
みんな急いでデッキに上がり、六分儀を握りしめる。
六分儀を覗いてビックリ! 太陽がどの方向に向いても同じ高さに見える。ほとんど天頂にあるのだ。 みんな北を向いたり、南を向いたり、くるくる回っている。どちらが低いのか?と迷っている。
大部分お人が南を向いた時、太陽が天頂を通り過ぎた。北と南では1分(1゚の60分の1)の差もなかった。
見事、士官の計算された罠にはまってしまった。 夏至の日に北回帰線上にいれば、当然太陽は真上にある。 学生達が右往左往する姿は、きっと相当面白かったに違いない。
その日のヌーンポジション(昼の位置)は 北緯23度26分、ほぼ北回帰線上であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/06

昔話 89 シャワー

メキシコのユカタン半島から、マイアミ半島の南にあるキューバそっして、島々が転々と続くウィンドワード諸島、リーワード諸島と連なって、南アメリカのベネゼイラへ続く。これらに囲まれたのが、カリブ海。 パナマから、ここを北東に縦断するように針路を取って行くのだが、赤道無風帯を抜けていくのは、エンジンを使わないと何日もかかってしまうので、その日も照り焼ける暑い日差しを浴びながら、風のない穏やかな海を航進していった。 午前直が終わり、食事をしたあとは、20時まで非直である。 居室にいても うだるような暑さなので、何も手が着かず、少ない風を求めてデッキに上がった。
デッキでは僅かではあるが、風が少し吹いていた。
前方を見ると大きな雲が出来ていて、船の近くを通るように動いている。
風が段々と向きを変え、船を包み込んでくる。 スコールだ。 その下では激しく雨が降っている。
船と雲の動きを確認したら、大慌てで、部屋に石けんを取りに行く。
デッキに戻ったら、もう雪崩のような大雨が来ていて、慌てて服を脱ぎ、頭と体に石けんをなすりつける。
見ると、4~5人が同じようにはだかで雨に打たれている。
ついでに、褌も脱いで、褌にも石けんを付けて洗う。
こうなると褌は手ぬぐい代わり。 海水の塩分がこびりついている体には、泡も立ちにくいが、そこそこ洗えた。操舵室の上の屋根の雨樋が下に流れてくるところで、すすいで絞る。
降り始めから、止むまでの間はものの5分。
降り終わってから気が付いた。
タオルは持ってきていない。
手にした布で、体の大まかな雨水を拭き取る。
たった、一度5分ほどの遭遇ですが、フロになかなか入れない身には、有難い塩分のない天の水。 火照った体も冷ますことが出来、有難く雨水を堪能しました。
スコールの中では雨でなく、雪もあり得ると言うことですが、この時はベストな雨でした。

しかしながら、後日談があって、日本丸に海洋写真を撮ると言うことで便乗していたカメラマンに、天然のシャワーを浴びているところをしっかり撮られていた。 帰国後に写真集を見ると、日焼けしたずぶ濡れの笑顔の横に「このあと褌で顔を洗う」なんてコメントを付けられていた。
うげーっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

娘のメダル

嬉しいニュースが来た。
娘は今、ロンドンにいるのだが、そこでテコンドーの世界大会に出ている。
なんと、準決勝で敗退したが、堂々の銅メダル獲得!
Omote

嬉しくって、そこら中に宣伝、飛び跳ねている状態である。
明日帰ってきたら、なんと声かけようか?
よくやったね?頑張ったね?メダル触らせて?
まるで親ばかである。
判っていても、嬉しくてしょうがない。

けど、余り強いと男に敬遠されて婚期が遅くなるかも知れないというのが、悩み。
勝って欲しい、でも、娘の幸せが、結婚の中にあるとすれば、勝つのが怖い。
親としては手元にいて欲しい、でも、娘の幸せは、、、

父親としての葛藤が強くなってしまった。

これはメダルの裏側
Ura


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »