« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/16

昔話 87 パナマ運河その2

大きなガツン湖というのが、地峡の狭い山間にあるのが一種、不思議である。
湖と言いつつ、大半は細い水路となっている。 10浬程は可航幅が広いので、その間、パイロットは少し休憩していた。 ただ、このような水路では、湖底の傾斜や浅い場所が随所にあり、操船に気は抜けない。 日本丸の平均吃水は5.3mであるから、最浅部12.5m湖底までは余裕があるが、航路から少し外れて浅いところに入ってしまうと、浅水影響と言われる現象で、どんどん舵を浅い方に取られ、操船が難しくなって、浅瀬に乗り上げることがある。 東京湾で1997年7月に起きたタンカー座礁事故も、少なからずこの影響があり、それ以外のところでも、座州の事故例を多く見ているので、侮れない現象である。 このため、パナマ運河通航中は、操舵を本来の乗組員がとる。
キャンバスで出来たバケツで、水をすくってみる。陽に暖められて、少し暖かい感じがする。 細かいことだが、ガツン湖は当然海水でなく、真水なので、海水の比重との関係から、船の吃水が13cm程深く沈む。 12.5mの吃水なら30cm沈む。 浅水影響でも更に沈む。危ないことこの上ないではないか、、そんな航法上の理論を考えつつも、船は狭い水路を進んで行く。
もうすぐガツン閘門につく頃、ふと気が付いた。 確かにガツン湖の湖水を閘門に落としてその閘門の水位を上げて、船体を上下させるわけであるが、閘門の登りも下りも、一回ごとに下の閘門内の水と混ざり合うわけだから、海水の一部が上の閘門に上がっていく。 海洋微生物も上のガツン湖に混ざり込んでいく。 なんてことだ、立派な湖水汚染じゃないか!
ガツン閘門では一気に3段の閘門で、大西洋の水位まで下げていく。
そこでまた疑問に出会う。 ほぼ同じ緯度・経度であるから潮汐力は同じはず。 でも、地理的な位置が太平洋の東端と大西洋の西端では、海水の移動時間差があるから、潮位は違うだろうな?
なんで こんなことばっかり考えるんだろう?
人類が作った大きな仕掛けの前で、私の頭の中は、せこい理科の問題で一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/04

昔話 86 パナマ運河その1

地球に刻みつけた偉大な事業として、「ギザのピラミッド」、「万里の長城」などがあるが、私としては、この「パナマ運河」を1番の偉業と考えています。 300tの飛行機が空を飛ぶ、その百倍以上の重さの船が海面より30mも高いところに浮き上がって80㎞も航走する。 縮尺の差はあるが、似たように凄いことだと思う。 それを100年前の1914年に完成させ、2014年には拡張して、幅32.3→49m、長さ294→366mとなる。
Enko419

その技術的に素晴らしい構造物を見る期待と感動に胸を膨らませ、6月初旬の朝を迎えた。 日本丸は桟橋を離れ、最初の入り口となるミラ・フローレンス閘門に向かう。 閘門はまるでドライドック(乾渠)のようで、入り口の蓋となる閘門自体は、ピンボールゲームのフリッパーのように両側に開いている。 船はその閘門の水路に頭を入れた時、岸の両側からワイヤーロープが取り込まれた。何人かの作業員、監督者等が乗り込んできて、作業を行う。 太さ20mmほどのワイヤーの端は、船のボラード(係船柱)に引っかけられ、反対側は、なにやら機関車に取り付けられた。 その内、後部もワイヤーが取り込まれ、船は四方を機関車に固定されて、「×」印に張り付けられたようになった。
後にはもう一隻の船(3000G/T位?)が同様に繋がれ、まるで2匹のアメンボウ状態。Enko420

そしてプールのような水門が閉じられ、固定されると、一つ上の水面までの高低差約30ft.=約9m ゆっくり水面が上がるんです。勿論その水は上の水面から流れてきます。最初はすーっと上がるのが感じられるような勢い。 数m上がったかなと思った時、両側の機関車が前の方に動き、坂を登っていくんですね。 その内、上の水面が我々のいる水面と同じ高さになったかな?と思っても、次の閘門がなかなか開かないので、イライラする。
Enko423


さて、少し開けた水面に出たから、このまま大西洋側近くに行くのかなと思ったら、ここはミラフローレス湖、2km程先にペドロ・ミゲル閘門があって、そこでもう2段階30ft.ずつ60ft.上がるという。 時間的には、1箇所の閘門で上がるのに1時間近くかかる。
そこまでは、船のエンジンを使って進むのだが、先ほど乗り込んできた一人はいっこうに降りようとしないで、船長となにやら話しているようだから、水先案内人(パイロット)に違いない。 操舵命令も出している。
Enko429Enko430

その間、船は幅200m程の水路をゆったりと進む。距離は10km弱、その内、3km程は切り立った崖のようになっており、話によれば、ここは運河工事の最難関の山場で、一度は断念しかけたというゲイラーズ・カット。西の崖の中腹には、記念碑のようなモニュメントが埋め込まれている。 ここで何人もの人が命を落としたという場所、しばし合掌、、、。
12時からは、当直としてブリッジに入る。 先ほどのパイロットは交代もしなければ、休みも取らずに、ブリッジにいる。 クォーターマスターが軽い食事(サンドイッチ)の準備が出来ていると言っても、じっと動かない。 やがて、かなり開けた水路に出た。 そうは言っても500m程の幅であるが、ここなら、船のすれ違いも楽に出来る。 やっとパイロットも食事をとりにブリッジを降りた。時刻は14時に近い。 流石プロだなと思った。 私なら、きっとサンドイッチを囓ってるわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/02

サバゲー初体験

遠いので、朝も早く起きて、0612の各駅停車にのりました。駅に着いたのが0830、ほんま遠いわ。
道中には看板も見あたらず、その道らしい人に場所を尋ねて
「SEALs」Sealsに到着、10分前なのに、何故か1番ノリ。アハ!
参加費、弾代、衣装と武器のレンタル、しめて7千円弱を払って、装備を身につけました。
サンバの仲間達とその友人、総勢22人が集まりました。
とりあえず赤チーム黄チームに分かれてルール説明を受けます。
基本、相手を撃つこと。
エアガン(機関銃)の弾が当たったら自己申告→退場。
相手チームの全員を倒すか、相手チームの陣地のブザーを鳴らしたら終了。 です。

対戦は、5~10分区切りで何回も対戦するから、一発も撃たずに当てられることもあれば、最後まで当てられずに生き残ることも、、的の大きい私は、生き残るのが必死。当然ですが、。それでも攻撃が面白いので走り回って撃たれる。これの繰り返し。
だいたい50×80m程のエリアで一日遊び回りました。
時として陰に隠れている敵を二人で攻撃したり、思わぬところから撃たれたり、メッチャ楽しいです。
Mask


513c

疲れてヘトヘト、コンビニで買ったビールが効いて、打ち上げで降りる予定の駅を寝過ごしてしまい、第2の楽しみを逃してしまいました。
そのまま、家に帰って晩ご飯を食べましたが、これが結果的に良かった。
食後すぐ、足が痙るんです。 両足の腿の内側、ふくらはぎがピクピク!立っていられないほど、、階段も上れない! 家内には遊んで体を痛めただなんて、とても言えないし、心配もさせたくないので、、、黙ってソファで寝て、酔いつぶれたフリでした。
やはり年は誤魔化せないですね。 足腰は気持ちについて行けていない。
それでも、またやりたいと思うのは、ホント楽しかったからですね。
サンバに入って、友人が広くなり、一緒に遊べて、ありがとう、感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »