« GW前の平日休み | トップページ | CD歌手デビュー? »

2013/04/30

昔話 85 バルボア

6月5日朝、行く手には小高い三角の丘が見えてきた。 Enko410


あれはパナマの西にある丘、、、やっと着いた!
夢にまで見たパナマ地峡、その太平洋側の港、バルボア港に着いた。
位置的には、パナマ市の西側に当たり、運河の南側になる。 疑問に思うだろうが、パナマ地峡はこの辺りでは東西に地面が連なっているので、運河は東西ではなく、南北に走っているのです。 その入り口を東西に走るパナメリカ自動車道のアメリカス橋がかかっていて、その下をくぐった。 午後にでも運河通行か?と思っていたら、順番待ちで、運河通行は明日の朝だという。 そのため、これから一晩バルボア港で停泊するという。
まもなく、バルボアの岸壁に着桟した。 パナマ市からの表敬訪問があり、午後はバスに乗って観光するという。 ひょっとして、表敬訪問のために順番は一日待ちなのか?
そんな疑問も浮かびそうだが、行けるところは何処でも行こう! と言う気持ちで、バスに揺られた。 パナマ市を抜けて自然公園に行き、中南米の動植物を見て、ここは熱帯なのだなと妙に関心した。 その後、パナマビエホ(Panama Viejo)公園に廻り、何か昔の廃墟ではないのか?と思ったら、3~4百年ほど前に砲台のあった「クリスマス砦」と説明を受けた。Enko0415

その頃読んでいた本が英国の帆船戦争ものだったので、俄然興味が湧いたが、考えてみれば、パナマの太平洋側は南米の金銀財宝の集積地。 ただし、この辺りはスペインの完全支配地なので、難所のケープホーンを回って、ここまで財宝を奪いに来る海賊もいやしない。 普通は、大西洋側から財宝が積み出される時を狙う。 当然ながら、ここでの戦いの記録もない。 それでも「世界遺産」としてこの近辺の数々の修道院を含む遺跡が登録されている。景色は素晴らしいものがある。
見るところもあまり無く、バスは早々に帰船し、皆、早めの夕食を船でとった。
その後は、22時まで上陸が許可されることとなったので、スペイン語を習っている奴から、即席のスペイン語講座を受ける。 ただし、ウノ・ドス・トレス.....数字だけだが、十分役に立つ。
皆が繰り出すのは、港近くの酒場。 そこのカウンターで飲んでいると、若い女性が近づいてくる。 スペイン語会話だが、身振り手振りと先ほどの数字で、何人かは交渉成立して、二人で店を出て行く。30~40分で戻ってくるのだが、皆、満足げな顔である。 ここで長旅の孤独をしっかり癒しているということ。 相場は$15~$20というから、、、、世界の女性をお金で判断してはいけないのは重々承知しているが、安いんだろうな。
男ばかり何ヶ月も顔を突き合わせていれば、こういうことも必要か?

後味の悪い話になっちゃいました。m(_ _)m

|

« GW前の平日休み | トップページ | CD歌手デビュー? »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

何故だか、
『問題が発生…コメントが送信されなかったので、
暫くしてからもう一度送信し直してください』
とコメントが出ましたので、やり直したら2度同じコメントが入りました。
申し訳ないです。
後味の悪いことです、こちらこそ。(^^;
さて…、
男性というのも女性に劣らず不便な部分がおありのようで…(^m^)kukuku
『私というものがいながら、貴方って人は…。』
とかってやっぱり“有り”なんですよね、きっと。

投稿: にけねこ | 2013/05/03 00時49分

にけねこ<♪あ~あ~ 男の人って、いくつも愛を持っているのね♪
と言うように、本来浮気性な生き物ですから、
いつまで経っても、すぐ女性に目を奪われてしまいます。

投稿: Samson♪ | 2013/05/04 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/57283335

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 85 バルボア:

« GW前の平日休み | トップページ | CD歌手デビュー? »