« 百まで生、今は60% | トップページ | 寒い花見 »

2013/03/24

昔話 83 税

ウィンドラス(揚錨機)のホィールの積込まれ、修理も終わると、出港準備。
Los Angeles での lost time を取り戻すためには、今後の航海は帆走が少なくなり、少しでも風向きが悪いと機走になる。 帆走の当直も慣れてきたので、そんなに辛くはないが、帆・機どちらにしても当直はかったるい。 かといって、非当直舷の課業(授業)も眠いので、似たりよったりかな? 岸壁停泊中は、清水風呂だったので、上がりのお湯の使用も少ないので、ゆったりとお風呂に入れる。(相変わらず時間は細切れの交代制だが)
すると湯上がりに一杯飲みたくなる。 学生からこの気分だから、将来の飲兵衛は当たり前? そんな折りに、注文していたビールなどの嗜好品が配られる。 Budweiser やSchlitz は高い値段だったので、Pabst Blue Ribbon という缶ビールを3ケース注文した。 3ケースとも、空きボンク(寝床)の上に名前を書いて積み上げていた。 8人部屋に7人だから、何とかなったが、もし、定員一杯まで乗り込んでいたら、積込み場所に大変だろうな、そうしたら、バラスト(船底の重し)の上にでも置くのかな?
結構ビールを仕入れたのだが、それにしても安い、値段は忘れたが、日本で買う缶コーラ1本でビールが2本ちょっと買える。バドでも、2本弱の値段。 タバコもホント安い。 こんなボンド品がずっと買えるなら、船の生活も捨てたもんじゃないと思うよな、、男ばっかりなのがマイナスポイントですがネ。
残量を計算しながら、今まで飲んできたサッポロビールともこれでお別れ、飲み慣れないビールの味をあと4ヶ月続ける事になる。
その手始めの味見をした。
うーん、やっぱり飲み慣れない味はいまいちだ。 といっても、もうビールの変更は利かない。 安いビールはそれなりの味なのでしょう。 慣れるしかないです。 一番は安いというのが、決定打です。 タバコには、こだわりがあるのでしょうが、これは、ハイライトに近い味の Winston に決めていましたので、特に問題はない。
どちらにしても、嗜好品にかかる日本の税金がとても高く感じられました。

Pabst_blue_ribbon_logosvg


|

« 百まで生、今は60% | トップページ | 寒い花見 »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

日本製品ってなんでも凝っていますよね。
きっとビールもそうなんだろうと
ふと思いました。
さて、
ビールはともかく、
タバコは嗜好品などという
なまやさしいものではありません。
あれほどの依存性があり
健康被害をもたらし
周囲の環境をも汚染し
医療保険を圧迫しながら
なぜ国はタバコにここまで甘いのか
不思議です。

投稿: にけねこ | 2013/04/05 06時37分

にけねこ<確かに税収はあるでしょう。
ただ、タバコの害は深刻なものです。
私も子供の時に、格好いいからなんて思って遊んでいましたが、そのうち止められなくなり、酷い麻薬です。
まずは、社会で吸える環境をどんどん狭めていくこと。そして子供の目に触れさせないようにすること等が必要ですね。
10年間ほど吸っていましたが、今では何であんな物に執着していたのかと思います。
もう止めて30年以上経っていますが、吸いたいとは思いません。

投稿: Samson♪ | 2013/04/06 20時47分

ごもっとも!(拍手)

投稿: にけねこ | 2013/04/21 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/57019754

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 83 税:

« 百まで生、今は60% | トップページ | 寒い花見 »