« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/31

寒い花見

毎年恒例の花見である。21


家の前から見ても、2階から見ても、桜は綺麗だが、なんか寒々。

この花見は、我が家に同僚を招いての飲み会、といった方が当たっているが、
今年は寒い。
いつもなら、日が差すこともあるのだが、冷たい庭先でのBBQとなった。
なんと言っても一番寒いのが、
集まりが悪く、話が寒い。 ぎゃはは♪_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!(

今年は若手が来ずに、あと3ヶ月で定年という人が一番若かったくらい。
話は定年後の位話になりがち、、、
炭火が消える頃、焼くだけ焼いて、家の中に移った。
今年は、ブラジル風にシュハスコ(牛焼串)と洒落こんでみた。
0

年のせいか、みんな食が細いので、料理が余ってしまう。
ビールもワインも沢山余る。

さて明日からは、新しい年度。
年俸半分近くに減らされての再スタート.......

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/03/24

昔話 83 税

ウィンドラス(揚錨機)のホィールの積込まれ、修理も終わると、出港準備。
Los Angeles での lost time を取り戻すためには、今後の航海は帆走が少なくなり、少しでも風向きが悪いと機走になる。 帆走の当直も慣れてきたので、そんなに辛くはないが、帆・機どちらにしても当直はかったるい。 かといって、非当直舷の課業(授業)も眠いので、似たりよったりかな? 岸壁停泊中は、清水風呂だったので、上がりのお湯の使用も少ないので、ゆったりとお風呂に入れる。(相変わらず時間は細切れの交代制だが)
すると湯上がりに一杯飲みたくなる。 学生からこの気分だから、将来の飲兵衛は当たり前? そんな折りに、注文していたビールなどの嗜好品が配られる。 Budweiser やSchlitz は高い値段だったので、Pabst Blue Ribbon という缶ビールを3ケース注文した。 3ケースとも、空きボンク(寝床)の上に名前を書いて積み上げていた。 8人部屋に7人だから、何とかなったが、もし、定員一杯まで乗り込んでいたら、積込み場所に大変だろうな、そうしたら、バラスト(船底の重し)の上にでも置くのかな?
結構ビールを仕入れたのだが、それにしても安い、値段は忘れたが、日本で買う缶コーラ1本でビールが2本ちょっと買える。バドでも、2本弱の値段。 タバコもホント安い。 こんなボンド品がずっと買えるなら、船の生活も捨てたもんじゃないと思うよな、、男ばっかりなのがマイナスポイントですがネ。
残量を計算しながら、今まで飲んできたサッポロビールともこれでお別れ、飲み慣れないビールの味をあと4ヶ月続ける事になる。
その手始めの味見をした。
うーん、やっぱり飲み慣れない味はいまいちだ。 といっても、もうビールの変更は利かない。 安いビールはそれなりの味なのでしょう。 慣れるしかないです。 一番は安いというのが、決定打です。 タバコには、こだわりがあるのでしょうが、これは、ハイライトに近い味の Winston に決めていましたので、特に問題はない。
どちらにしても、嗜好品にかかる日本の税金がとても高く感じられました。

Pabst_blue_ribbon_logosvg


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/03/20

百まで生、今は60%

意気込みだけは、100年生きるのだ!と気張っております。
そんな私の60の誕生日を、仲間達がお祝いしてくれました。
359360

レインボーブリッジ、東京タワーが見える高層階のマンションの1室を借り、9人でパーティです。
あとから聞いたら、1晩1諭吉とか。
いつの間にかワインが空いて、手に持ったのは、ワイングラス。28793755_1908195237_146large

でも、ただのワイングラスじゃなくて、そう、私の名前が刻んでありました。
チョー嬉しいです。絶対、赤ワイン飲んだら、ネームが映える最高のグラスです。
お返しに、わたしも、、、、、
エプロンを作って、女性陣に配りました。
赤・橙・桃色の3色  368base

夜が深まるに連れ、ワインはゴロゴロ転がるし、、もう、凄いことに。
364

結局、寝室に女性3人が泊まり、私は、ソファで高いびき。
男二人はどうも話し込んでいてあまり寝ていないとか。
私のイビキが凄かったようです?

何にしても、素晴らしい一夜でした。
翌日はみんなで、近くの「コメダ」で朝食。
12時までおしゃべりをして、、そこで判ったことが一つ
メンバーの2人が同じ7月13日生まれ。minちゃんと下ちゃん。

さてウン年後のその日、還暦祝いはハワイですることに、、、ウッソー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/03/10

ナイスな昼食

昨日から法事で、うちの奥さんと愛知県に行ってきた。
夜は、兄弟夫婦6人で、ゆっくりとお酒を飲みながら、話をするのが、楽しみの一つ。

今朝は、初めてキャベツ畑に行き、実際に包丁で、キャベツの収穫をする事になった。
初めてのことで、面白かったせいもあるが、すぐ20個ほど取ってしまった。
そんなに沢山のキャベツどうするのか?
隣近所にもお裾分けするのじゃ。
法事のあった近辺では、キャベツ、ブロッコリーなどがよく栽培されているから、珍しくもないが、まあ、道路脇の野菜直売所で見ると、その安さが目を惹く。めちゃくちゃデカイ ブロッコリーがたったの100円、大粒の苺が450円/パック、、、。 野菜をかなり大量に仕入れてきました。
キャベツ畑から戻るとすぐ、現地を出発することになり、車を走らせ、東名高速にのった。
そろそろ昼飯をと考えていたら、息子のところへ寄ってみようと思いついた。 親子3人で、美味しいものを戴こう!
息子のアパートに13時過ぎに着き、うちの奥さんが、海鮮丼を食べたいと言うので、息子にどの場所が良いか案内して貰った。 それが「魚河岸 丸天」(卸団地店)、店に着いたのは14時なのに結構混んでいる。 色々な味を楽しもうと言うことで、わいわい丼、丸天丼、エビフライ定食を頼んだ。 円柱形のかき揚げ丼も魅力だが、せっかく来たのだから、ここは海鮮系でいった。

30
29

大きな車エビも美味しいし、丸天丼も旨い。
思わず、ここは夜来て一杯飲みながら色んなものをつまむのが一番良いと言ったら、息子も同意。 ボリュームもあって、ご飯とお味噌汁はお代わりがOK、と言うのもよい。 今はそのお代わりが1回だけだが、息子はみそ汁を4杯お代わりしたそうな。
一番よかったのは?
それは会計をうちの奥さんのサイフから出したこと。
ごちそうさま!
31
27

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/03/07

MRI体験記

初めて、MRIに入ってきた。

駅から50mほどの高低差の坂をのぼった上の病院に行ってきた。
予約していたので、すぐ、病院着に着替えて待っていると「ここに仰向けに寝て」といわれ、横になった。
膝の裏にも枕を敷いて、頭の横は堅いクッションで軽く固定された。
「まぶしいから目を瞑って下さい。それと目玉を動かすと画像がぶれることがありますので、、、」 え?目を瞑ってそれでも目玉を動かすな?
「音がしますが動かないで」とヘッドセットも被せられ、、、、いざ、あのトンネルへ。

ヘッドセットからは、ピアノコンチェルトが流れて聞こえている。 と、突然。
「ドンドンドン」と3連符の大太鼓のような音が頭に振動を加え始めた。
時々とぎれた時に、細いピアノの音。 そして、音色が何回も変わりながら「ドンドンドンドンドン.......」これが5分以上続く。 スルド2ndの音に近いが、ペースはメッチャ速い、四分音符200ぐらいの速度か。
ずっと目を瞑って、暗闇の一転を見つめるようにして、息もこらえていたのだが、「終わりですよ」の声に、うっすらと目を開けるとそこには蛙のシールが目の前にあった。 ケロタン! こりゃ子供用だな?

診察室で、画像を見せて貰った。
頭の中は「オウ、オウ、ちゃんと脳みそが詰まっているようではないか!」
内耳にも、異常な物は見つからなかった(お医者さんの話)
ガンも見つからない!

私自身じっくり見てみた。脳中央にもしっかりと味噌が詰まっており、木になるような空間も見あたらない。 内耳の方は、、、見ても判らないのが事実。 目玉が気色悪く、ちょっとゾッとした。
これだけ脳みそが詰まっているって事は、、頭が、、、、量より質の問題だろっって?

お医者さんは、「あと40年」生きられますとは言わなかった。
そりゃ、やっぱり、あと40年とは言えないよね。 当然
会計は全部で6,700円、MRI の検査費は 1,450点 ま、費用的にはそんなものか?

病院を出たら、会社の仕事が凄いことになっていた。
一日休む予定が、夜九時近くまで残業、、当然楽器の練習はさぼりになってしまった。
いかん、いかん、頑張って練習しないと、静岡カーニバルが5月5日に迫っている!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »