« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/27

昔話 82 市内遊覧


商船への乗り組みを目的とした練習船であっても、運航しているのは日本国であるし、船舶職員は国家公務員であるから、親善使節のような扱い。 滅多にロサンジェルスには寄港しない上に、年が年であるので、ロサンジェルス市長も大奮発、バスによる市内観光をセットしてくれた。 船からすぐに東へ行って、Queen Mary(客船)へ。確かに3本の煙突があり、時代を感じさせる客船であるが、日本丸も似たような時代に出来た船。どっこいどっこいで、ひょっとしたら、日本丸の方が古いかもである。 それに向こうは動かない。だから、横に見て通過!ただ地名の由来となった長い砂浜は、雲母質の少ない真っ白な砂に覆われ、これは見事な眺めであった。
バスは北上し、小高い丘の上に停車。ここから見るロサンジェルス市内は真っ平らな平野の都市と広大なアメリカ大陸を感じさせる眺めである。 聞くところによるとその名もView Parkというそうだ。
更にバスは北上し、憧れのハリウッドに、、あのサンセット通り77番はどこかなと思っていたら、サードオフィサーが疑問に答えてくれた。 その場所にはTVでみたような探偵社はなく、普通のお店があるという。 大分がっかりだ。 でも、チャイニーズシアター前で見学時間30分ほどの合間に、スターの足形の前で、記念写真をパチリ! 意外と小さなJulie Andrewsの手形にびっくりと感動。 西洋人て、もっと手も足も大きいと思っていたので、東洋人と変わらないんじゃないんかと認識を改めました。
見るところは他にもあるはずだが、時間がないというので、バスに乗り込んで郊外まで走らせる。 都会の中の牧場と言った感じの場所で、いよいよ市長のレセプション。音楽は勿論カントリーウェスタン。バンジョーとギターの弦、アコーディオンですっかり西部気分。 こんな時には市長のお言葉は無用の長物。 第一何を言っているのか判らないから、、、(自分の英語力のなさを嘆けよ)
食事は? 当然お肉でしょう、ローストビーフと、ジャガイモ・コーンなど、そしてビール! 何故美味しいカリフォルニアワインは出ないのかな? それは士官と市役員の間で酌み交わされていた。 ま、大酒飲みの大飯喰らいの学生には、バドワイザー(ビール)で十分。
こんな風に市内観光していて、乗船実習とは良いのかな?
基本的には、日米の親善と言うことで良いのだ! と思う。

Enko321


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/26

カウントダウンて、い~ねん

次の国民の祝日は、私には、暦がリセットされて一日が経つ日
3月末には晴れて定年を迎える。
ただ、有給休暇は残り39日。1週間で10日休めと言うことか?
先日、社長に呼ばれた。「残ってくれ、給料は4割カットだけど」
オイオイ
「考えさせて下さい」
とは言ったが、普通に比べればまだまだ高い。
私が居なくなると、会社にとっては打撃も大きい、私にとっては、責任が大きい。
一週間後、社長に「お受けします」と言った。
プライドとしては辞めたいのだが、生活のためにはそうも言ってはいれられない。

よく、「~が無ければ生きて行けない、 No ~ , no life! 」と言うが、その通りだと思う。
ついこの間までは、仕事人間、会社の土台の上で、あれこれやってみたいことがあったが、その土台を失って、初めて、仕事人間だったんだなぁと、虚無感に襲われた。
今はサンバにトチ狂っているが、熱狂出来る物があって、良かったと思っている。
もし、何もなく、定年を迎えるなら、そこで燃え尽きているでしょうね。 しがみつくなら、安くても自分の夢を追い求めるか。
やはり、人間夢があるから活きていける。 生きるか活きるかは「夢」次第。
「♪百年あるんだ人生は、決して楽ではないけれど、、、、、百まで生きよう!♪」
60/100の記念に何か思い出にと思って、オリジナルのエプロンか帽子かを作ろうと思う。 T-シャツはサイズが問題だし、タオルは個数が多くないと作ってくれない。

夢も金次第なのか、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/19

episode 1 衝突回避 1955年XX月XX日

プロローグ

人間の記憶は曖昧な物である。 備忘録としてトピックスを残しておくのも、記録として面白かろう。 では、一番古い記憶は、生まれた時の、、、それは既に忘却の彼方にある。 では、次は。

☆ episode 1 衝突回避 1955年XX月XX日

場所は、国鉄中央本線(この頃は日本国有鉄道であった)の途中、長野県内にある洗馬駅より少し名古屋よりの踏切の近くである。
北東から南西に走っている線路と直行する道は、南側の少し高い丘に向かって緩い上り坂になっており、その坂道の北東側斜面には、すぐ脇に社がある。
踏切の反対側の先は国道19号線に繋がっており、国道と線路が平行に走るこの辺りは、旧中山道として、重要な役割を担っていたと思われる。 社から杉木立を通して見渡せば、これこそ「信州」と思わせる深い山間の風景が広がっている。 洗馬という地名も、血汚れた木曽義仲の馬をここで洗ったことからこの地名が付いたと言われている。
この緩い坂道の南側に、お粗末な納戸のような建物があり、名古屋大空襲の時以来、我が家族が住んでいたそうだ。
ある日の事、私は乳母車に乗せられていて、きゃっきゃ、きゃっきゃと騒いでいた。 すると、兄が面白いからといって、乳母車を坂の上まで押してきた。 5歳になっていただろう、この頃の子供は意外と力があり、力を出すことが好きな年頃でもある。 坂の上から手を離すと乳母車はガタガタ道を下り、よく揺れるので、私はまた余計にうれしがっていた。 鉄のしっかりした軸と車輪の乳母車は、ガタゴトしながら真っ直ぐ勢いを付けて踏切に向かう。
踏切の手前で、左に少し逸れ、踏切脇にぶつかって止まった。
もし踏切に入って、汽車が来ていたら、、、今、私はここにいない。
兄はこっぴどく怒られたと思う。 私は事態が判らず、はしゃぐだけ。 この頃から、楽天的なノー天気な性格だったのだと思う。


Seba


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/11

昔話 81 大人用?英単語


ねずみ国にはアルコール類が置いていない。 今から考えると、子供の遊び場所に大人が酒入りで遊ぶなどおかしいと考えるのが、当然と言えば当然だが、その頃は大人と子供の中間地点だったわな。 何でも良いから、アルコール系の飲み物がないかと捜した。 5月という時期と、緯度的にも四国・九州位なので、日差しがきつければ暑い場所である。 のどはガンガン渇くので、ビールでも欲しいと思った。 店員にビールはない?と聞いたら、アルコールは無いと返事されて、ふとメニューを見ると「 Root Beer 」と書いてあるではないか! 早速オーダーした。 でも、アルコールはやはり入っていなかった。
知らなかったが、ノンアルコールビールみたいで、例のごとく、アメリカの飲み物は甘い、、ビール風味の薬膳生姜糖といった味でした。
で、どうしたかというと、結局はコーラを買って、口の中をのルートビールの味を消すことに、、、、
まさか、アメリカで帰船時間に遅れたら、即 脱船と言うことはないけど、そんなことにはならないように、ちょいと早めに帰路につきました。ダウンタウンのバス停で港行きのバスを待っている間、ライターの石が減ってきていて、そろそろ替えの石を買おうと、近くの売店に行った。
ところが、ライターの石(stone)では意味が通じない。 1分以上どういう時に使うか説明してやっと品物を出して貰った。物は万国共通のサイズになっているが、私の頭の中の英単語はボキャブラリーが少なく、石=stone としか思い浮かばない。 とんだ石頭でした。 この時ほど、自分の語彙不足に痛感したことはないです。
今は英語が世界共通語になっていますが、それを通訳する人達がまだまだ沢山いますし、そもそも、最初に辞書を作った人は偉い。
我が辞書に不可能という文字はないと言う人もいたけど、他所の国の言葉を翻訳する辞書は、先人達の努力の結晶ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/05

楽しい休業?

「休業」というと、会社から言われて、無理矢理欠勤扱いにされ、その分の8割ほどを雇用調整金と言うことで、失業保険から金を支給される事で、働く人にとっては、減給と同じ意味である。
給料を減らされるから、本当は嫌なことだが、、、
嬉しい。
大っぴらに平日休めるのである。
土日などあってないようなところだから、今週のように、日曜出勤も当たり前。
せっかくバテリア(楽器隊)の合宿に遠方まで行ったのに、Photo
翌朝はフェリーに乗って出勤。

昨日は夜中まで突発故障対応で、危うく終電車に乗り遅れるところ。
で、朝7時まで5時間ぐっすり眠れた。
以前より平日に医者にかかりたいと思っていたので、午前中は念願の耳鼻科へ行ってきた。
やはり、耳の聞こえが悪く、耳の中を覗いた医者は、私には記憶がないが、中耳炎を患った後があるという。
この年の平均よりも耳の聞こえが悪いと言うことで、頭の中に何かあるかも知れない。
そこで、MRIをとって、耳の中を調べた方が良いと言うことになった。
コンピューター画像で、体を輪切りにするアレである。
病院の紹介状を書いて貰い、相手先の病院に電話を掛けて予約を取った。
日時は、そう、今月もう一回ある休業日。
初めてかかるMRI , 何も映っていないことを確認したい。
え? きっと映ってるって? 金、恋、欲、、とかが? ははは。
あり得るかも。

午後は、パソコンで遊んだり、たまった韓流ドラマのチェック。 久しぶりの料理も楽しみました。
あ、料理の腕が落ちている、、。
(元々無いのだが、、)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「濁音」

[・・]てんてん

「いろは..」→「ん」、そして濁音までの覚え方は終了しました。
和文モールス信号は分かったかな? 和文でモールスを打つときは、最初が「はじめよーか・・・-・」で始まり、お終いにやはり「はじめよーか・・・-・」で終わる。
全体は文語体で送るので、濁点を使わないこともあるが、半濁音はない。 今のモールスにはあるようだが、それは、文章に口語体を使う様になったからだと思う。
さて、今の自衛隊では、どの様な和文を使っているか、、、基本は敵に知られることなく、通信をすることだから暗号でしょうがね。、、、
ただ、暗号信号を一文字でも読み間違えたら、どうするんだろうね。
失敗は許されない。 戦争当時の通信士にはなりたくはないわ。
そういえば、こういう文を知っている。読み間違え無くても難解です。

「きょうはあめがふるてんきではない」
「今日は雨が、降る天気ではない。」なのか「今日は雨が降る。天気ではない。」なのか?
私ゃのう天気ですわ。

→ 点の位置で意味がてんで判らない、「濁点」でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »