« チームの差 | トップページ | 「ン」 »

2013/01/31

「ス」

[---・-] 数十丈下降

酢と言うと、酸っぱいものを思い出します。 まさか体に良いからって、毎日旦那さんに杯一杯飲ませてるようなことはないですか?(流石にいないか)。 お寿司には欠かせない酢ですが、あまり酢を効かせるとネタの味が分からなくなるので、酢飯を作る分量は結構難しいものがあります。 特に鯖の押し寿司は、酢で締めた鯖を使うので、鯖の方の酢も日持ちと睨めっこで分量を決める。
鯖は傷みやすいので、我が家では、近所の釣り人から戴いた鯖を使って押し寿司を作ることが多く、間違いなく新鮮で美味しいものが出来る(ハズである)。
そして、お寿司と相性の良いお椀ものが欲しくなる。 そこで、 赤だしみそ汁は誰でも出来るので、茶碗蒸しを作ったりする。 こちらには、蒸しすぎて出来る鬆(す)は要らない。 時間を見計らって、固まるのを確認して熱々のを戴く。
以前、茶碗蒸しを作っている時、固まり始めたら三つ葉をちらして、、、なんて思っていたら、なかなか固まらない。 15分経っても固まらない! 鬆が入るのを覚悟で30分蒸してもドロドロの状態だ! もう、完全に自信喪失で、どうしたらよいか判らない状態。 がっかりして、茶碗蒸しになりかけをすすった。
それで、調べた!
固まらない原因は、中に入れた具にあった。 舞茸は好きなので、椎茸代わりに入れたのが原因だったのだ。 タンパク質を分解する働きのあるプロテアーゼが舞茸に含まれているという。 一度火を通してから、固まる直前に投入と言うが、、、もう、絶対に茶碗蒸しには舞茸は入れまい。 プロテアーゼの含まれるのは、この他、パイナップル、パパイヤ、ショウガ、イチジク、キウイなど。 概ね酸っぱさがありそうな食べ物ですね。
だから、酢豚にパイナップルを入れて、肉を柔らかくするんですね。 缶詰のパイナップルでは意味がないことがようやく判った。

→酢と鬆は違いますが、この話の流れでは、酸っぱいは、成功の「素」っすね?

|

« チームの差 | トップページ | 「ン」 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

あーら、最近は、
“飲むお酢”が定着してますです、ハイ。
アルコールは
体内で酢酸になるはずなんですが。

舞茸、美味しいですよね~。
以前このお話をポスティングされた時、
茶碗蒸しにしめじは入れるのに
舞茸は入れたことがないなあ、
と考えておりました。
しめじの場合は
固まっていたような気が…。
にけねこは
サンドイッチの具にするざます。(^^)d
軽くレンジでチン!して、
バター(マスタードは塗らない)
を塗ったパンにはさむざます。
舞茸サンド、ンまい(^w^)
プロテアーゼは、
タンパク質をぶつ切り!
おやつのゼリーを作るとき、
生のパイナップルは入れない、
と聞きました。
近年、プロテアーゼ阻害剤なるものが発売され、
C型肝炎のお薬として脚光をあびております。


投稿: にけねこ | 2013/02/01 01時30分

にけちゃん<シメジはしっかりと固まります。今の時期だと、ほうれん草の葉っぱをちょっと入れたりします。
冬場は、やはり茶碗蒸しが良いですね。
同じ食感で、夏場は冷や奴。
食べ物の話は想像が膨らみますね。

へぇ、C型肝炎の薬にもなるんですね。
C型は劇症肝炎になりやすいとか。 そんなことを考えると心が固まっちゃいますが、こういった時に、必要なんですね。 まいったけ。
m(_ _)m

投稿: Samson♪ | 2013/02/02 00時39分

長女は茶碗蒸し大好き。
にけちゃんは
おうどんの入ったおだまきも好き(^.^)


肝炎ウィルスが増殖する時に
タンパク質を切断する酵素プロテアーゼを
必要とします。
このプロテアーゼの働きを止めて、
ウィルスの増殖を抑えようというのが
プロテアーゼ阻害剤。
肝炎ウィルスの場合、
三剤併用療法というのが
保険適応になっていたはずです。
AIDSのお薬もプロテアーゼ阻害剤です。


投稿: にけねこ | 2013/02/02 15時32分

にけちゃん<おだまきの時は出汁を強めにした方が良いかな?

なるほど、、と言っても、難しすぎてよく分かってないのだが、AIDSともなると、ふーん としか言いようがない。 最近はAIDS話を聞かないけど、静かに感染が広がっているはずですよね。

投稿: Samson♪ | 2013/02/03 22時35分

おだまきは出し汁を強めに?
なーるほど、道理ですね。
適当にやってた気がします。
塩辛いのだけはごめんですが(笑)。

ウィルスってシンプルすぎて泣き所があまりない。
だからやっつけるのに苦労する。
構造が複雑なほど弱点が多く、
攻撃されやすくなる…
ウィルスは宿主の力を借りて増殖するヤナヤツです。
ウィルスに効く薬を作ったら
ノーベル賞もんや、とか言われたもんです。

投稿: にけねこ | 2013/02/04 00時37分

にけちゃん<ヴィルスに聞く薬はいっぱいありそうだけど、先に人間が死んじゃうよう物ばかり、構造が複雑な人間が死なないで、単純なヴィルスが死ぬと言うところにノーベル賞なのでしょうね。
山中さん偉い!

投稿: Samson♪ | 2013/02/05 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/56663512

この記事へのトラックバック一覧です: 「ス」:

« チームの差 | トップページ | 「ン」 »