« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/31

「ン」

[・-・-・]んめーんめーな
随分昔のこと、「フニクリフニクラ」と言うイタリアの曲で、丁度♪行こう行こう火の山へ♪と日本語で歌うところをイタリア語では? とカタカナの歌詞を見て唖然としたことがある。 それは、「ヤンモ、ヤンモ、ンコッパヤンモニ~」とあって、え?イタリア語では「ン」の字が文の最初に来ることがあるんだ! なんて、アホな感動ををした記憶があります。 勿論、前の単語の後の文字が1拍目に来ただけのことであるが、のっけから、ンコとは笑っちゃう歌詞だと思いましたね。
あの色は、光り輝けば、黄金色。 黄金とくれば「黄金バット」を思い出すのが、S時代生まれの性でしょうね。 小学校1~3年ぐらいまで、実際に紙芝居で黄金バットを見ていた。 自転車に紙芝居の道具を積んで渡り歩くおっちゃんが打ちの近所にも来ていて、空き地に到着すると拍子木を鳴らして子供達を集め、始める前に、アルミの弁当箱に入れた水飴を、割り箸で絡めて、高い値段で金持ちの子供達に売る。 それから、やおら紙芝居を上演するのだ。 一個一円の飴玉もなかなか買えない貧乏人は、おぼっちゃま達の飴と紙芝居をジッと見るだけでした。 おぼっちゃまが居ないときは、当然紙芝居も無し。 その日はハズレで、トボトボ歩いて帰るのみ。 好奇心の強いガキが出来上がるのでした。
そんなガキには、たまにやってくる「あられ菓子」の行商も、非常に強い興味で眺めていました。 丸い鉄球の内側に、お米と砂糖、少量の水?を入れて蓋を閉じ、火に掛ける。 十分熱したら、蓋を開けるのだが、開ける時の音が強烈で、まるで爆弾のような破裂音が「バーン」としたかと思うと、金網の中にはお米が膨らんで爆ぜたあられ菓子が出来ている。 勿論農家にはお米があるわけで、材料は顧客持ち、行商人は一回何百円かの手間賃を貰う。確かサンマが3匹100円ぐらいの時代だったと思う。 貧乏人のガキは、金網にへばりついて取りきれない僅かなお菓子の粒を貰って喜んでいた。
昔の記憶は、こんなお腹に直結するような話ばかり、、、後は、ロバのパンの話がありました。 それは、ロバが曳くワゴン車がパン屋の店になっていて、町を巡り歩きながら、パンを売っていたのである。 殆どは菓子パンが多く、あんパン、ジャムパン等がメイン。
一番注目を引いたのが、ソンブレロというちょっと山形のパン。 時々、ワゴン車の後に落ちていたのだ。 それもホンワカと湯気ξを立てて、、近くに寄って見てみると、パンにしてはおかしい。 そうです、それは前を行くロバのお尻から製造された、できたてのおまんじゅうである。 思わず「ン~」と唸ってしまう。 ♪ンコ パン やもんに~♪

→ 神に見放された時は自らの手で運を掴めって、迷言?だと思いますが、私は、最近「ん」にかなり見放されたような気がしてます。 宝くじが全然当たらないのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ス」

[---・-] 数十丈下降

酢と言うと、酸っぱいものを思い出します。 まさか体に良いからって、毎日旦那さんに杯一杯飲ませてるようなことはないですか?(流石にいないか)。 お寿司には欠かせない酢ですが、あまり酢を効かせるとネタの味が分からなくなるので、酢飯を作る分量は結構難しいものがあります。 特に鯖の押し寿司は、酢で締めた鯖を使うので、鯖の方の酢も日持ちと睨めっこで分量を決める。
鯖は傷みやすいので、我が家では、近所の釣り人から戴いた鯖を使って押し寿司を作ることが多く、間違いなく新鮮で美味しいものが出来る(ハズである)。
そして、お寿司と相性の良いお椀ものが欲しくなる。 そこで、 赤だしみそ汁は誰でも出来るので、茶碗蒸しを作ったりする。 こちらには、蒸しすぎて出来る鬆(す)は要らない。 時間を見計らって、固まるのを確認して熱々のを戴く。
以前、茶碗蒸しを作っている時、固まり始めたら三つ葉をちらして、、、なんて思っていたら、なかなか固まらない。 15分経っても固まらない! 鬆が入るのを覚悟で30分蒸してもドロドロの状態だ! もう、完全に自信喪失で、どうしたらよいか判らない状態。 がっかりして、茶碗蒸しになりかけをすすった。
それで、調べた!
固まらない原因は、中に入れた具にあった。 舞茸は好きなので、椎茸代わりに入れたのが原因だったのだ。 タンパク質を分解する働きのあるプロテアーゼが舞茸に含まれているという。 一度火を通してから、固まる直前に投入と言うが、、、もう、絶対に茶碗蒸しには舞茸は入れまい。 プロテアーゼの含まれるのは、この他、パイナップル、パパイヤ、ショウガ、イチジク、キウイなど。 概ね酸っぱさがありそうな食べ物ですね。
だから、酢豚にパイナップルを入れて、肉を柔らかくするんですね。 缶詰のパイナップルでは意味がないことがようやく判った。

→酢と鬆は違いますが、この話の流れでは、酸っぱいは、成功の「素」っすね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/01/27

チームの差

おととい、違うチームの練習に参加してきた。 ムードも練習方法も違う。
で今日は、自分のチームの練習。 ヤッパ違う。
要は溶け込めるかどうかだけど、交通費が、高いので、チームを移った方が良いのだが、その踏ん切りが付かない。
でも練習は参加できそうだから、ダブルで二股と行くか?

おっといけない、仕事を忘れていた。
仕事が一杯残ってる。明日からまた大変だ。

思い出した。
金曜日、岸本 純幸に呼ばれたんだ。
「サム、ちょっと来てくれ」
社長室に連れて行かれ、
「悪いけど、後半年だけ、室長をしてくれないか」と頼まれた。
会社のことを考えると、私が残らなきゃいけないが、何故残りたくないかを理解してくれる人が少ない。
特にうちの常務!
今残ると言うことは、船のキャリアアップはもう望めない。
船関係の仕事は、ないだろうな。
もう一つ、私が学んだ事を下に伝えることも出来なくなるのが一番怖い。

でも、私の言った第一条件は「あの言うことを聞かず働かない男をうちの部署から外してくれ」
その男、後半年で定年だが、全然働こうとしない。
しくじっても良いから前向きに仕事をしてくれればいいのだが、朝から夕方まで、頭を抱えて机に座っている。
仕事を与えてもやろうとしない。 頭を抱えたいのはこっちの方だ。
高校生の娘が居るらしいが、それなら、もっと真剣に仕事にとりくむべきだと思う。

あ~あ、愚痴言っちゃった。
ま、私には海が亡くなってもサンバが残る、、、、海も決して諦めないぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013/01/20

「セ」


[・---・] 世評良好だ

「瀬を早み、岩にせかるる滝川の われても末に逢わんとぞ思う」、百人一首の一つですが、文系ではない私が覚えているのは、これが落語の中に出てくるという理由だけ。 この「瀬」というのは流れのことですが、機会という意味もあるらしい。
普通は、瀬戸内海で代表されるような流れの速い場所で、村上水軍(海賊に近い)は、その潮の流れを利用し、巧みに船を操ったと言われ、もたつく普通の船に襲いかかったそうだ。
私が住んでいる場所は「瀬←」という地名で、瀬の字が入っているが、海まで10㎞ほどもあり、横を流れる川もドブ川に毛を生やしたようなもので、やっとこさ2級河川となっている地域で、普通の「瀬」にはほど遠い。 でも、まぁまぁの農業地域で、鎌倉から八王子に至る細い街道と、渋谷から厚木に至る街道との交点となっていたので、逢瀬とかで使われるような機会という意味と思っている。
「瀬」についてはこんなところだが、もう一つ思い浮かぶ「背」がある。
私は、手も長いが胴体も長いので、なかなか自分の背中に手が届かず、孫の手が欲しいのだが、物差しの先っちょでゴリゴリとやっている。 人の背中をかく時は、丁度ブラのストラップが当たる辺りをかくと具合が良いらしい。(男の背中はかいたことがない)
「子供は親父の背中を見て育つ」と言うが、朝早くから夜遅くまで家にいなくて、偶に見るのが、人の背中をかいている親父では、威厳も何もないわな。
親父の仕事が判らないと言うので、仕事場に連れて行ったことがある。 だが、私は現場で汗をかかない。 汗をかかせる方に廻っている。
「ほら、青島~!」「青島君、現場は汗流してればいいのよ。言うことを聞きなさい。」「室井さん、何で現場に汗が流れるんですか?」「問題は机の上で解決できるのよ!」って、踊る走査線じゃないけど、日曜大工以外に、私が汗をかいてる姿は殆ど見せていない。
現場で溶接したり、組立したりする訳じゃないから、親父の背中は見られない。
子供達も、親父の背中をあまり見ていないという。 その割にすくすく育って本当に大きな大人になったが、親父は教育していないョ、、ある意味残念だ。

→親父の背中が見えないなんて、親父の立つ「瀬」がないではないか。
そうそう、この「せ」は年の瀬に原稿を作りました。 (#^.^#)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/13

ダブルPlans

さて、これから町内会の新年会。
11時から2時間ほどの予定だが、町内とのつながりが大切だから、顔つなぎしとかなきゃ、将来の楽しみが減ってしまう。 3年後ぐらいには、あのボランティアをまたやってみたいし、、。

ただ、休みの日に色んな行事が重なると辛いな。
今日はこのほか、サンバチームの今年の行進曲(エンヘード)が決まる。そっちの方も重要だから、、、新年会は途中で抜け出して、曲決めの投票に行かなきゃ。
新しい曲が13も候補に挙がっていて、そのうちの5曲で最終投票が行われる。
ネット環境があるって、非常に便利で、候補曲を試聴出来るのだ。 それで、事前に曲をチェックできる。
作曲したのはチームメンバー達だが、出来具合は、どれもこれも凄い! みんなにこんなに作曲力があるとは思えないほど驚愕した。 予定としてはPちゃん作の曲に決めたいが、みんなの投票はいかに?
投票の開票係は私がすることになっていますから、遅れないように新年会を抜け出しちゃいます。

実は、一次選考で選ばれなかった曲の中にも良い曲がある。 私としては、こちら(けんた作)の方が完成度も高く評価しているのだが、サンバの行進曲としては向かないのかも知れない。 出来れば、この曲に英語の歌詞でも載せて、クリスマスパーティの演奏曲に入れたら、非常にうけると思う。 是非やってみたいですが、駄目かな?
307514_436706626396535_408430539_n
155886_506451079395001_453339216_n

結構楽しめるパーティでした。
今年も良いサンバ人生が送れますように。

遅ればせながら、明けましておめでとうさん! m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「モ」

[-・・-・] 猛烈豪雨

川で「藻」というと、昔、金魚鉢に入っていた「オオフサモ」を思い出す。
このオオフサモには、特別な思い出があって、、
「広島県に売り込んでやろう」てな意気込みの人がいて、その構造物の設計を手伝ったことがある。
広島県三原市の北西の河内町に「椋梨(むくなし)ダム」というのがあって、毎年夏になるとアオコが発生し、水道水源としては問題だと言う。 あるオッサンが知恵を絞った結果、オオフサモを水面に浮かべて水質浄化する構造物を売り込もう! 上流からの流れに耐えられるものを計算して! と言うことで手伝った。 その数年後だろうか、オオフサモが特定外来生物に指定されて、繁殖、移動などが法律で禁止されたのは。 あの頃、実際に二百万円ほどかけて、モデル構造物を作り、広島県に売り込みに行ったはずだが、その後の話は聞けていないので、失敗だったとは思うのだが、夢のあるオッサンだった。
海で「藻」というと、実に厄介な代物で、船底などに付くと船の速度が落ちる。 スクリューについたら水かきが悪くなる。 それが燃料代にも影響し、日本の沿岸を航走する典型的な内航船(長さ約70m)で、年間百万円以上も燃料の無駄になることがある。 だから、毎年のようにドックにはいり、船底を綺麗にしてペンキを塗っている。 で出来るだけ藻やフジツボなどが付かないように、毒性の高いペンキを使用していた。 当初は、銅を含むペンキだったが、効果が少ないということでスズ入りのペンキに変わり、これも国際条約で禁止されると、毒はないが、ペンキ表面が海水に溶けて藻が付きにくくなった俗にいうウナギ塗料が主流になっている。 さらにはフッ素系のペンキで表面ツルツルって高級なものまで出てきている。
藻が付いたら落とせばいいじゃないかということで、水中で回転ブラシを廻すロボットや、スピードが必要なわけだからと言って、細かな空気のマイクロバブルで抵抗を減らし、船の速度を上げようという試みもなされている。 もっとも空気の泡を作るコンプレッサーに多くのエネルギーが要り、結果的に大幅な燃料の節約には至っていないという話。
もう、藻の話なんて詰まらない!なんて言わないでもう少し、、、原子力、火力発電所はタービン発電機を冷却するために大量の水が必要なので、大きな取水口がある。 これが藻やフジツボで詰まると、発電できないので、ダイバーが潜って落とすのだ。
どうにも締まらないオチ、藻って全くもって詰まらないオチなのだ。

→もう、落ちない「藻」って沢山だネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »