« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/31

「ヒ」

「ヒ」[--・・-] 兵糧欠乏
人類が初めて「火」を手にしたのは、かなりの昔。 山火事で焼けた獣の肉が美味しく、火を使っての料理を覚えた。 そのうち、火打ち石から火花が出ることを発見し、いつでも費が得られる様になった。 ガス瞬間湯沸かし器などの点火も、電気で一瞬にして火が付けられるようになって、ほんと便利になったものです。
このガス湯沸かし器や、ガスコンロなどは、火力の違いがあって、使えるガスの種類が決まっていて、遠くへ引っ越したりすると、同じ様な都市ガスであっても使えない場合がある。 ガスの種類は、多くはメタンガスが含まれているが、それ以外のガスも多い。 ただし、一酸化炭素ガスは2010年まで、一部の日本の家庭に供給されていたが、今はない。 それでも、不完全燃焼で、一酸化炭素ガスが発生することがあるので、要注意です。 時々、ガス中毒事故のニュースを聞きますが、ほんと悲惨ですね。 一酸化炭素は血中のヘモグロビンとくっつき、簡単には分離しないので、あっという間に脳へ行く酸素量が減り、そのままあの世へ行くことが多い様です。 倒れた時の血色はよいので、窓越しにそんな人を見つけた時はすぐ部屋に入らず、必ず換気をしっかり行ってから入って下さい。
不完全燃焼の時は、バーナーから出る炎の色が赤くなっています。 ガスコンロの空気調節器レバーを調節して、バーナーの火口から綺麗な色の炎が上がるよう調節願いますネ。
コンロをよく見ると、ガスと空気はバーナーの位置より随分手前で混合されてますよね。 何故、手前で燃えないのだろうか?と言う疑問も湧いてきます。 燃焼の速度の問題と言うが、実に上手いところで炎となっている。 私は、鉄材を時々ガスで切断することがあるが、その道具も、随分手前で、ガスと酸素を混ぜている。 炎が、鉄を熱して赤くなったところで、中央から細長く強く酸素を吹き付けてやると、面白いように鉄が切れていく。 その前に炎を調節して高温にするのが、結構難しいガスと酸素の扱い方のテクニックです。
このように、ガスは使い方を誤ると危険ですが、使い方によっては、非常に便利な道具です。
我が家もお風呂はガスで湯を沸かしています。 それも、何時間も湯温を自動でキープしてくれるタイプで、家の外にガスバーナーがあるので安心です。 いつでもお風呂に入れる? いえ、それではガス代が嵩んでしょうがない。

→私ぁ「火」の用心より、出「費」の要心ですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ヱ」

[・--・・]回向報告

「ヱ」という文字を見ると、ヱヴァンゲリオンの「ヱ」を思い浮かべる人は若い!。 私なんかヱビスビールのヱだから、年代というか、飲んべえというか、、、そこはさておき、。
如何に美味しいビールと言えど、通風が怖いので、通風の元となるプリン体の多いビールは遠慮するという人が多い。
確かにビールにはプリン体が多くて、32.4mg/633cc(大瓶)、日本酒1合2.2mgと比べると格段に多い。
だが、鶏レバーや真鰯の干物は300mg/100g以上、そしてウナギは少ないが200mg/100g、なんとほうれん草もウナギと同じぐらいプリン体がある。 じゃ、ビール飲まなくても、プリン体って一杯とっちゃうわけだ。
きわめて少ないのが、数の子、魚肉ソーセージ乳製品や野菜類で、ほうれん草、カリフラワーはちょっと別格なんですね。
それに、プリン体の少ない焼酎でも、アルコールの代謝過程で乳酸・尿酸が生成され、乳酸は尿酸の排出を阻害するので、ダブルパンチで効いてくる。 つまり酒の種類よりも、飲む量を抑えることなんですね。 美味しいビールを目の前にして、生唾だけ飲み込むのは精神的に非常に悪いぞ~。
痛風が心配な方は、有酸素運動で、乳酸の発生を抑えつつエネルギー消費することですね。 それには、歩く、ただひたすら歩く、そして美味しいお茶を飲んでプリン体を洗い流すのが一番。
その上で、気分良くお風呂に入り、ゑびす顔で冷えたビールを戴く。 ビールの銘柄はヱビスでなくとも良いョ。 私のお薦めは、あのサンバカーニバルをしっかり応援してくれるA社です。 水分95%以上あるのに何でドライなのかは知りませんが、私ゃそんな疑問も、プリン体も忘れて、笑顔で飲んでます。
飲む時は、お酌も注釈もいらない、笑顔が一番!

サンバも→「ヱ」が「○」の えがおー が一番。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静かな大晦日

今日5時にやっと仕事が終わった。
私はタダ眺めているだけだったが、今年の仕事が本当に終わった。
年末の大晦日であるが、この不景気に仕事があるだけマシ。
来年からは、また、給与カットが始まると言うから、がっくりではあるが、、そう思うとよけいに夕日がまぶしい。
101


そうだ、この夕日は今年最後のお日様である。
風はなく、海面も穏やかで、ベイブリッジもひっそりとしている。
静かな大晦日だなぁ

さて、今の仕事をいつまで続けるか、、、
来年は定年なので、身の振り方もハッキリさせないと、思案中。
無理を言えば、多分、70位までは技術屋で働かせてくれるだろうが、本来好きな職場ではない。
大分疲れも溜まってきているし。 そりゃサンバのせいだと言われれば、ハイ、おっしゃるとおり。
仕事はともかく、来年もサンバをしっかり楽しむぞ =^_^=
今年も後残り1時間ほど。皆さん、良いお年を (#^.^#)/~~

PS.遅れに遅れている「船の昔話」、年明けから集中してアップに励みます。
何処まで出来るか、、、頑張ります。
それまで、与太話をまたアップもしますョ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/28

「シ」

[--・-・]周到な注意

「し」と聞くとどうしても一番最初に思い浮かぶのは「死」、今回は、かなり不謹慎な話ですので、R50(人生半分過ぎた人以外閲覧はご遠慮)でお願いします。

家族や近親者などの「死」は心にグサッと刃が突き刺さるような痛みがある。、、、しばらく涙。
で、私が死んだら、涙してくれるだろうか?数人はいると思うが、いると良いなって思うようではもうお終いかな?
♪百年あるんだ人生は、決して楽ではないけれど、、、百まで生きよう♪という歌がありました。 で、私の人生百年あるんだと思うようになって、、え?「憎まれっ子世にはばかるな」だって? 同じ歌い手が♪オラは死んじまっただ~♪とも歌っておりました。 それと同じように死んでも生き返るとは思いませんが、ソコソコ健康ですから、百ぐらいまでは長生きできるかな?と思ってますよ。こんな考え自体「長生きするョなぁ」と言われます。はぃ。
誰にも訪れる「死」、その時までガンガン生きて、逝く時はぽっくりと旅立ちたい。 長い闘病で疲れ切って、とか、痴呆で分けも判らず家族に迷惑かけつつとかは嫌ですね。
とすると、あの世へのキップは特急券!それもすぐ意識がなくなるようなグリーンで逝きたいですね。 だったら、脳内動脈血管が破裂して、脳細胞への酸素供給量が低下し、意識がなくなって、そのままあの世へ。 こんな時途中下車なんかしたら、半身不随とか残るので、そのままそっとしてくれョ。
このキップに必要なのは悪玉コレステロール、中性脂肪。 牛肉・豚肉などに多いですね。 これを一杯とって、血管内を詰まらせ、塩分の高血圧効果で破裂させたりすれば早い。 反対に青魚の善玉コレステロールなどとっては、逆効果。早死にできませんよ。
だから、暫くは、野菜、EPA、DPAなど、頭にも良いものをガッツリ食べて長生きし、最後は霜降り肉で閉めて、食い道楽の食い納め。 腹にも、肝臓にも脂肪を一杯付けてが、一番かな?
私の肝臓は、既にちょっと脂肪が付いていて、脂肪肝気味。 別のキップが手に入りそうなので、こちらは注意してます。 間違っても脂肪肝→肝硬変コースには乗らないように頑張ります。こちらのコースは長い闘病生活が待ってますからね。 血管にも脂肪は付きますが、脂肪肝 即 死亡感ですわ。

→中性脂肪に気をつけて→「死」亡ないようにでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/24

「ミ」

[・・-・-] 見せよー見よー

何故か、山吹の枝を渡し、「七重八重 花は咲けども山吹の 実の(蓑)ひとつだになきぞかなしき」歌った話を思い出す。 勿論高校時代の古文の時間に覚えたのだから、睡眠学習としては、素晴らしいものがある。 この話が出た時だけ起きていたのか、眠る時の子守歌だったのかは判らないが、印象深い話である。
八重咲きの山吹には実が付かないと、みの(蓑=現代風に言えば雨合羽)がないとかけた洒落である。
雨具も持たずに山へ出かける人もどうかしてるが、山吹の枝(どっから採ってきたか知らないが)を差し出して、「蓑ないよ」なんて言う 農家の洒落、これを風流ととる方もどうかしてる。 大体、山の農家で生活してる人に、蓑がないなんて考えられへん。外に出る仕事ばっかりやで、、すぐ風邪引いてしまう。
蓑と言えば、昆虫の蓑虫(みのむし)。 何で木の枝にぶら下がるんだろうか?風に揺られて、変態も大変やろうに。 また、どうやって 自分の周りに木の葉や細枝を集めてまとうのだろう? 持って行ってぶら下げるのも辛いだろうし、組立方法も結構興味深い。 最後に蓑になる時、自分が入って入り口に蓋をする。 途中の建築行程はよく分からないが、あの蓑の中で越冬するから、保温が必要だし、息をするための換気口必要。 でも、彼らにマニュアルがあるわけではないので、先祖伝来の刷り込み記憶が頼り、何%かは、越冬できずに死ぬかも知れない。 絹糸となる繭は、蚕がはき出す絹糸で周りをまんべんなく囲い込んで作られる。 蓑虫と比べると材料を総てはき出す蚕は、省エネには向いてないのかも、葉っぱを使っている分、蓑虫の方が省エネルギーである。
丁度この原稿書いているのは、地上10kmのジェットストリームの中。 ほぼこの高度で、地球を取り巻いて回っている偏西風の中です。 西に向かう時は、この高度を避けて飛びます。 燃料代が大幅に違いますからね。 我々も燃料節約のために、機内には重いものを持ち込まない心がけが大切。「土産物もなし」というと暗く重い顔をされるので、少しばかりは持ち込む。 接客サービスも笑顔だけで結構。 ファーストクラスなんて勿体ない。 与太話の旦那としては、いつも実のない話に花を咲かせて、、私ゃ山吹か?
いえ、エコの身です。

→エコノミークラス、旦那はいつも、エコの「身」で暮らすでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「メ」

[-・・・-] 名月だろう

「白黒ハッキリ付けようじゃないか」という慣用句があります。 オセロゲームは表と裏が白黒になっていて、ゲームの途中ではどっちが勝っているか判らない。 そしてオセロでは、白と黒での差はありませんが、他の白と黒で分かれているゲームでは、強い人が持つ色が決まっている。
チェスでは、白番側が先手と決まっていますから、黒番側が強い差し手となります。 多分、西洋の騎馬民族の感覚では、比較的に黒馬の方が強いものと考えられ、白馬にはあまり力強い品種ではないと考えられていると思う。 確かに白馬はメラニン色素がない状態ですが、アルビノ(先天性欠陥種)では、自然界での生存が難しいため、混同していると思われる。
チェスは西洋で発展した一種の将棋であるが、東洋では"囲碁"と言う白石と黒石を使ったゲームがある。 これは、19×19の升目の交点に、黒石から順番に交互に置いていき、それぞれの陣地を囲むゲーム。 勝ち負けは、囲んだ目(交点)と取り込んだ石の数で決まるので、一見特徴のなさそうなゲームですが、意外と会社の役員とかが のめり込んでいるケースが多い。 戦争の陣地取り、形勢判断などが、会社経営に似ていて得るところが多いのでしょう。 だから、囲碁から生まれた慣用句もよく使われます。 「その案はダメです」と言う「駄目」は、もっとも良い例で、陣地として数えられることのない目(交点)の事を言い、手数を掛けても意味がない場所の事です。それが広まって一般的に使われるようになっています。
人生の半分以上過ぎて、ソロソロ賞味期限の近づいた旦那も、また何か生産性のある事をしなければ、生きる目がない。 駄目な人生にならないよう、、、、って与太話を作ってる。 これが無駄な駄目かも知れないわ。♪~( ̄ε ̄;)

→老眼で近いものが見えぬが、死ぬまで「目」を活かしてぇなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/23

明日はクリスマス

明日はクリスマス。
そして、パーティがある。
俗にクリパと呼んでいる、大人の学芸会のようなものである。
27の演目のうち、4つの題目に出る予定。
ダンス系が2つと、打楽器が2つ。この2週間は、その練習で体が偉かった。
その他、明日は、おつまみ係で、買い出しの多くは、近場の人に行って貰ったが、少しはしなきゃと、ウィンナーを1kg炒めておきました。
明日は道具やら、それらを持って、朝一番で、「和光市サンアゼリアホール」へ向かう。

ま、一日楽しめる行事って事で、今は浮かれ気分と、練習不足の心配事とゴッチャになった状態。
3つの題目は、8、13、27番目であるが、一つの演目だけは、どの順番か判ってない(題目の位置が判らない)ので、どうなる事やら、、、、
何とかなるでしょう。
毎年楽しいクリスマスパーティです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/10

さて明日からは。

月曜日からは、本格的な師走が始まる、、、
とりあえずは、10日に前の職場の同僚達と、、、11日接待、12日同期、その後ちょっと飛んで、16,17,18,21,22,24とある。ほんと休肝日が取りづらいではないか
それよりも、ザッと計算して、この2週間で5万円以上必要な計算になるではないか!
体壊す前に、金が持たないぞ
金曜日の倉敷出張で、夜飲みに行かなければ、もう少し浮いたかも知れないのに、一年ぶりのお店懐かしさから、体は無理をせず、金曜日泊まってしまった。
アレを泊まったことにして、夜こっそり帰ってくれば、宿泊費が浮いて、日当も戴き!
でも、この様な艤装は、詐欺とか、泥棒とか言う罰になるんでしょうな、、
結局、神戸によってルミナリエを見てくるとか言う頭も使わず、すんなり泊まって帰ってきましたが、今から考えるとやっぱりあの宿泊費が惜しい。
翌土曜日には歯医者で危うくお金が足りないところだった。

ボーナスが入ったばかりだというのに、もう金のことで悩んでいる、アホな旦那だとしか言いようがないわ。
さて、節約して、忘年会シーズンをどう乗り切るか。

貧乏人には、こんな悩みばかりだ、がっかり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ユ」

[-・・--] 夕刻郵送
「あなた、湯加減はいかが?」なんて一度も聞いたことがない現代、いかがお過ごしでしょうか? 都会の喧噪たる人混みの中、我が家にかえって、「あなたご飯にする? お風呂にする? それとも、、○×△、」夢のまた夢なんでしょうな。
私もゆったりお風呂につかり、お銚子を浮かべるなり、風呂上がりのビールを飲むなど、優雅な休日を過ごそうと思っていたので、お風呂は富士山の見える方向の2階にした。 雲がなければ、富士山の南半分が見え、春先には沿道の桜も綺麗に見える位置。 途中の西側の土地は、「生産緑地」の申請がしてあるので、30年は畑のままと思っていたが、ところがどっこい、大きな家が建ってしまった。 聞けば施主の職業は医師だそうだ。 富士山の景観は、見えるのは見えるのだが、少し欠けてしまった富士。 晴れることは少ないので、心の眼で見る方が多いのですがね。 残念。
湯船につかるときは、ゆったりとしたいが、でも何も見るものがないと眼が寂しい。 仕事のことばかりを考えていると、のんびりお湯につかっていられない。 それで?銭湯には富士山の絵が多いのかも知れない。
何処の温泉地へ行っても景色がよく見られる湯船があるよね。 露天風呂、あれは外の景色がばっちり見えるので、目の保養になる。 ん?混浴の方が目の保養になるって言う奴は? オレか。
夜でも闇に目が慣れてくると、晴れた夜空には星が見えるようになる。 ただし、周りに雪が積もっているときは、雪のせいで周りが明るく感じ、なかなか星が見つけられないので、雪見風呂は昼間に限ると思う。
そんな露天風呂でも、川沿いの露天風呂は要注意だ。 東北の雫石の(ピー!)ホテルに宿泊したときのこと、露天風呂のすぐ横を川が流れていて、あろう事か、川魚が湯船に飛び込んでいた。 夜なので、気づかず手に触れたときには、ドッキリしました。 暗がりの中で触れた魚は煮えていた。 40℃のお湯で身がボロボロになるまで煮えるとは、ま さかなんで? と思いましたね。=^_^=;。 もう救えない魚を両手ですくって、川に放流(捨てた)。
温泉水を飲む事もありますが、いくらなんでも こんな湯は飲めないね。

→川魚の出汁入り温泉の「湯」でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/12/04

沼津に食らう


朝7時15分集合
ねみぃ~と言いつつ、皆時間通りに集合、早速貸し切りバスに乗って、豪華宴会のスタート。
何せ、日帰りだから、朝から一杯やらないと。
酒のつまみ?
それは勿論会社の上司、とある部署の苦情。
ヤレ、報告書だ、何何しろだの、生産性を下げて、我々の仕事を増やしている奴らの愚痴が凄い。
ところで、我々は、部の事務所関係の日帰り旅行で、総勢20人。
部長が一番偉いのに、朝食と酒のパシリ。旦那は当然、韓国の酒「まっこり」を差し入れ。
バスの一番後の宴会シートで、愚痴を言い合うのは、室長と班長!
あっという間に足柄S.A.、沼津インター、、流石に一時間以上たって、この頃になると、話題は別に移っているが、まあまぁ、鬱憤は晴れたようで、気分爽快。

そこで、伊豆の国パノラマパークのロープウェイで山の上に。
標高差はさほどないのだが、周りが低いので、そこそこ景色がよい。
雲がなければ、富士山も見えただろうに、、で、何故か山頂にあった足湯につかり、極楽気分となる。
0159

おっと、時間だ、慌ててロープウェイで降りて、沼津の港へ。
それでも着いたのは11時半だから、30分ほどは、沼津と言えば「干物」を買いに行く。
安い!ザルにそこそこ入って、4ザル千円!一枚40~50円のアジの干物である。
0165

お昼からは、宴会の席へ、鍋にはごらんの美味しいものが一杯。これで飲み放題!オミヤ付き!
3時まで騒いで、もう喰いきれない。 飲めない、でバスにたどり着くと、皆バタンキュウ
良い一日でした。
え?費用は?
モチ会社持ち!
何とも贅沢な旅でした。

満腹!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »