« 「コ」 | トップページ | 「テ」 »

2012/11/13

「エ」

[-・---]英語ABC

私は、まだ見たことのない日光の東照宮。さぞ綺麗でしょうね。でも、瀬戸内海の生口島(いくちじま)には、西の東照宮と呼ばれる耕三寺があり、此所には行きました。 艶やかな建物、でも、見るのはあっという間、そこで、同じ生口島にある美術館で、日本画の巨匠と言われる人の絵を見てきました。 まずは、その絵の大きさに圧倒されますね。 号で測るのではなく、m単位、スケールが違うんですね。 ただ私の感覚としては、絵がボワッとして、、、全体的に彩度が薄い感じがするんです。 でも、東京の日赤本社屋で見た時は、しっくりと壁に収まってました。 見る人、見る場所で、絵って変わるんですね。
誰しも家を新しく建てると、真っ白な壁が目立ち、そこに何か欲しくなる。 窓・鏡・大画面ディスプレイ!てな訳にはいかず、予算がなければ、子供の習字でも張るところ、大奮発すると、絵を飾ることになる。 平均して油絵は高いので、リトグラフ(石版画)になるのかな? リトグラフは一枚の絵から、油の性質を利用して何枚も刷って複製することが出来る。 出来の良いものだけ選び出して、画家はそれに番号を振る。例えば81/200などとサインがあれば、200枚のうちの81番と言うことだが、何故かこのての番号の分母はキリの良い数字。198とか213ではいけないんだろうか? 次点の201番とかになる絵と殆ど変わらないんでしょう? 何枚か余分に作って、税金逃れしているとかない? 我が家にも何枚かリトグラフがある。 気に入ってるのはアイズピリの花瓶の絵だが、8/20とサインがあるが、どっかに同じ8/20の絵があるかも知れない。
西洋のように、自分の肖像画を描かせる人もいるだろう。 とすると世界にたった一枚という絵になる。 下手でなければ、価値があるでしょうね。 肖像画で一番高いのは、あの「モナリザ」でしょうね。 これもまた難癖付けると、二番となる。
私としての一番は、勿論うちの家内。 モナリザは絵になっているけど、うちのは♪絵にも描けない美しさ♪なんですね。 これも勿論、恋をしていたときの話。 恋は盲目と言って、見えないから絵に描きようがない。 (#^.^#)

→今は、絵に描けないのでなく絵にならない?....「絵」でした。

|

« 「コ」 | トップページ | 「テ」 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

え、そうなんですか?
リトっていわゆる版画のことですよね。
事務所なんかで使うリソグラフもおんなじで
絵の場合は多色刷りになることが多いから
手間やコストがかかり、
仕上がった作品の価格もupする。
出来上がったものは複製画とは違い、
同一のものはない。
画家の作品の1つとして認められている。
20枚を刷ったうちの8枚目が8/20となるわけで、
絶対に同じ数値のものはないはずなのに、
気に入った作品にそんな番号をふるなんて...
最低ですね、その画家は。
それじゃインチキですよね。
世の中をバカにしている。
がっかりしました。

投稿: にけちゃん | 2012/11/19 18時52分

にけちゃん<これは仮の話で、画家がするのではなく、それを売る人がたまにするという話です。
画家にはそれなりの良心があるが、売る方は、、、ないかも知れない。

投稿: Samson♪ | 2012/11/22 00時31分

画商が絵心を喪失して
儲けにはしったら最低ですね。
リトといえどせいぜい400枚も刷れば、
原版がへたれるみたいだし、
1枚1枚の出来も当然違うから
やはり無二の1枚ということです。
同じ番号をふる意味がない、
究極の矛盾。
氏のお宅にあるというリト、
見てみたいですね。
ネットで検索できるかも。

投稿: にけちゃん | 2012/11/23 10時52分

では、どうぞ見て下さいな
ハィ!

投稿: Samson♪ | 2012/11/23 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/56102081

この記事へのトラックバック一覧です: 「エ」:

« 「コ」 | トップページ | 「テ」 »