« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/29

「キ」

[-・-・] 休暇超過

♪この木、何の木、気になる木 名前も知らない木ですが、、♪
と言うコマーシャルソングを聴いたとき、当然"気になる木"と聞こえましたが、そのうち、"木に成る木"でも良いじゃないかと思い始めました。
木に成る木って、知らない人もいるかも知れないので、生物学の復習。
植物に寄生する植物で、自分では地中に根を張らず、他の木が吸い上げた養分等を取り込んで育つ植物で、日本では「宿木or寄生木(やどりぎ)」と呼ばれています。時々発見するのは、大体が初冬。他の葉が変色したり、落ちているのに、木の上の方で、そこだけこんもりと緑く生い茂っているあの部分が宿木なのです。
さてこの宿木、古典文学を嗜む人にはピンと来るでしょうが、源氏物語の一節にも「宿木」の章があるんですね。 光源氏がどう絡んで、宿木の章が語られているのかは、文系でない私にはよく分からないですが、絵のほうは、切手趣味週間の「宿木」として発行され、その当時ブームだったので、郵便局に買いに行ったけど、売り切れていたことを覚えています。 このような記念切手は年に数度。 子供にとって1枚10円の切手がなかなか買えなかった。 たまに貰うお小遣いは10~20円、色の付いた飴玉が2円、サンマ一匹10円の時代には、シートで切手を買い漁っていく大人が恨めしかった。ましてや、縦に細長い「見返り美人」は、数千円の値段。手が出るはずもない。
でもこれらの切手、業者が扱うのはシート単位、一枚二枚では買い取りしないので、子供達同士で取引などしていた。 「宿木」はその様なフィーバーの最中の発行でしたね。
もっと、発行枚数増やせば、切手を集める子供達にも手に入りやすかったろうに、何かの思惑があったのでしょうね。 枚数が少なく、価値が上がると、実際には切手として封書に貼らないで死蔵となる。 当時の郵政省としては、紙切れ一枚が数百円で売れ、それに伴う債務は先延ばしだから、坊主丸儲け! それで味をしめたと思うのだが、発行する切手の種類が年々増えていった。 発行枚数も、、でも、そんなに切手ブームは続かず、そのうち、発行しても多くが売れ残るようになり、価値は切手の額面通りに近くなった。
買う方も、綺麗な図柄をシートで買って、相手が気持ちよく受け取れるようにバンバン貼って使う。たまに収集している子供もシート買いですから、1~2枚のバラ売りで買うことがない。つまり、シートから、一枚一枚切手を切って買うことがないようになりました。
で、私もシートで買って使おうと思うのだが、気に入って買っているので、もったいなくて死蔵になってしまってるのがある。 (何故かコナン、ケロロ軍曹の切手)
もったいないと言うよりも、ネットでのメールやりとりが多く、手紙を書くことがなくなっているせいでもある。 昔は文通という楽しみがあって、、、、長く文通していたあの子とも、大学卒業後に数度会ったきりで、今はどうしているのかなぁ。 切っても切れない縁というのがあるが、切手を使うことの少なくなった今、縁なんか簡単にくっついたり切れたり、、切手を貼る楽しみはもうないのかな?

→切手が使われないのは、ちょっと寂しい「気」がする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/11/23

こんな絵は?

見てみる?
とあるリクエストにお答えして、、、

Aizpiri


左下の8/20...
ほんとに20枚だけなのだろうか?
ちょいと疑いたくなる数です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/11/19

すげー、豪華絢爛九州日帰り出張

火曜日には、絢爛たる九州出張がある。
朝9時に飛行機に乗って、福岡へ。 そこから、新幹線で北九州に戻る。
北九州空港経由で行くより、よっぽど便利で安い。
新幹線では、新幹線では4時間以上もかかり、座っているのが辛いので、やむなく飛行機にした。
精々広島までの日帰りが経験上ギリギリです。
他の人は、皆新幹線で行くという。
新幹線で行くと、帰りの会話が辛いので、これはその方が良いかなと思う。
それに飲んで、乗って、くたびれて、翌日の仕事に影響する。
他の3人はお客様なので、接待もしなきゃ行けないと言うことは、好都合。
みんながルートを決める前に、飛行機手配したラッキーかな?

帰りは、博多でラーメンかモツ煮込みか、、博多グルメが楽しめるのは、ほんとラッキー
(オイオイ、仕事の出張だろうが?)
出張に飲み喰いグルメがなけりゃ、単なる苦痛だけですから、十分に楽しんできます。
前回は尾道出張で、瀬戸内の美味しい魚が味わえなかった敵を九州で取ってくるつもりですよ。

さて明日はバテリアミーティング、早々に切り上げて飛行機のS/Bが必要か。
そして、今週は短い一週間になりそう、(#^.^#)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「サ」

[-・-・-]さあ行こう行こう

緑茶と紅茶は、、、、
その昔、東インド会社(英国)の船が、東洋からお茶を運んだ。 そりゃそうだろう、東洋のお茶文化は進んでいて、美味しかったのだから、交易品として、遠く英国まで届けられた。 そのうち、生茶を安く買い、高く売ってやろうと考えた船長がいた。 英国へ戻るすがら、大金を夢見ていたであろう。 ところが、英国に戻ってお茶袋を開けたら、びっくり、緑の茶葉が茶色に変色しているではないか!
船長は真っ青、部下に向かって、
「この甲板長の馬鹿タレが、手前ぇのせいで、お茶が腐ってしまったではないか!何を見ていたんだ!」 と、部下をしかりとばす。
言われた部下も顔面蒼白。 何しろこの時代の船長は、船の中では神様同然。 逆らえば、鞭打ち刑やら、船底潜りなど、恐ろしい処罰が待っている。だから言い逃れでもするしかない。
「こりゃ、悪魔の仕業か、神様のイタズラにちげえねぇですぜ、船長。おれ達ぁ、よく見張っていましたし、こんな事出来ませんョ」
「何を言うか、見てみろ!大事なお茶が腐っておるではないか!、これじゃぁ、オレは破産だぁ」
「船長、腐っちゃいませんぜ、色がちょっと黒っぽいけど、これなら、誤魔化せますぜ」
「なら、おまえこれを飲んでみろ!」
「へぃ...」渋々と飲む。
「船長、以外とこのお茶美味しいですぜ、まろやかな薫りだし、、」
「何?本当か?、おまえ腹は何ともないのか?」
・・・と言うような茶番劇があったかどうかは知りませんが、その後、船長は売り込みに走り回ったに違いありません。 なぜなら、英国にこれほど紅茶が定着しているのだから。
インド、セイロン(スリランカ)等のアジア南部から英国までは、帆船で、約3ヶ月ほどかかるので、その間に緑茶→紅茶に変貌、これが紅茶が生まれた真実です(なら、ドラマチックですね)。
さて、緑茶の緑色を保つためには、茶摘みカラ早い時期に蒸す(炒る)など等して、熱を加え、緑色の状態を保つ。 紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶などは、生茶の温度を少し高く保って、発酵させ、味を変化させる。 私の想像だが、想像だが、50~60゚Cを境目にして、生茶とそうでないかを分けられるのでしょうね。
お茶の彩り、生茶と紅茶の差は、ほんの茶彩な差、些細な差である。

ところで、何で、赤の濁色を茶色と言い、お茶の緑色とは違うのだろうか?
、、、たった一口で、夜も寝られず

→さして差のない茶彩の「茶」でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/13

昔話 80 ねずみ国へ

さて、ロス港に入港して、出航が修理のため数日延びると言うことは、上陸休暇がいただけると言うこと。 ただ、此所は外国で、パスポートも船員手帳も持たない学生は、制服完全着装が義務づけである。 それで、地元の警察等とのトラブル時には、士官が出向いて我々の面倒を見ることとなる。 チョッと危なっかしい身分です。
故障を喜んではいけませんが、実習生にとっては、今回は望外な上陸休暇。8時の点呼で、注意事項を受ける。 まずは治安が日本と違うので、危険性が高いと言う認識。 確かに前航のオーストラリアは治安が良く、夜の外出も怖くなかったし、トンガもそうだ。 ここはアメリカの大都市で、犯罪の発生率も高い、、、だんだんと上陸の気分を壊していく士官。 最後に遅刻したりして遅くなった場合は、警察に通報して、犯罪に巻き込まれたか、密入国したかで捜索することになる。 そして、船の出航も出来なくなると、一発噛まされた。 これは効くね。 皆に迷惑がかかるという日本人特有の連帯責任をぶっかけてきた。
でも、上陸した途端、そんなことはすっかり忘れ、カリフォルニアの天気は良いし、すぐにウキウキ気分。 まずはローカルバスでダウンタウンへ、皆目的地は大体似たような物で、何人かはナッツベリーファームへ向かったが、多くは「ねずみの国ディズニーランド」へ、 乗り継ぎのためのバスに乗って、料金を払おうと10ドル紙幣を出したら、受け取ろうとしない。 料金箱の中に置けと言う。 渡そうとしたが、自分で入れろと言う。 どうも、「オレ(運転手)は、おまえの金に触れて誤魔化そうとはしない」というような意味で、因縁を付けられたりしてトラブルには巻き込まれないぞ、という予防措置のよう。
チケットを手にする間にも、これがアメリカ、治安の影響があるのかと、ホント強烈に感じた。
こんな状況で、ディズニーランドまで行けるのかと思ったが、道案内のガイド看板がかなりあり、それはもうまた、入園するまでのウキウキ感を盛り上げる結構なエッセンスであった。
アメリカ上陸して、気分が上がったり下がったり、まるでスペースマウンテンのジェットコースター。 乗る前から、上下してしまった。
ジェットコースターには勿論乗りましたよ。 暗い中をゴトゴトと昇っていき、落ちるかと思いきや、もう一度登り始める。 落ちる時は、暗闇の中を真っ逆さま! 実に心臓に悪い乗り物ですよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ア」

[--・--] あー言うとこう言う
沖縄にはシーサーという狛犬に似たお守りが、屋根の上やら、玄関やら、めったやたらとお目にかかる。狛犬と同じで、口を開けているのがオス、閉じているのがメス。 口の開いているオスは福を呼び込み、メスは福を逃がさない 意味があると言うが、一度くわえたら、なかなか放さないと言う性質は、何かに似ている気がする。
向かって右側は口が開いていて、左側が閉じているシーサーを配置する。 これらは仏教から来ており、寺院の入り口にも配置されている、あの仁王のような像もこの教えに従っており、「阿形」「吽形」の2体である。 どちらがどっちかは口の形ですぐ判る。「吽形」は「うん」と閉じ、「阿形」は当然ながら、「あっ」と口を開けている。

→あっという間に終わる「阿」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「テ」

[・-・--] 手数な方法

一打=1dozen =12、なぜ12なんだろう?不思議に思ったことはないですか?
2×3×2、3×4=12で割り切れやすいとか、整えやすいという理由から使われたと考えられている。 その起源は、隣のエジプトでは10進法を使っていたのに、メソポタミア文明に降ってわいてきたようなシュメール人が12進法を使って、急激に文化を発達させた。と言うのが、有力な説である。 戦の多い民族?で戦利品を分けるのに便利だと言うが、私はこれは こじつけと思う。 戦利品の分配は、強者が勝手に配分を決め、一番良いところを取っていくのが常識。 公平という考えではなく、不満がない分け方なのだ。 その頃そもそも割り算なんてあったのか? 数の数え方だって普通の人が、 1・2・3・4・5・たくさん・数え切れない・・・と12まで数えられたかどうか疑わしい。 指は5本しかないのだから、。 そこで登場するのが、神様。 神様の手は 人間よりも当然上回っているので、6本指。 だから神様と同じ数え方をしろと、5の次に神様の指(片足で代用?)を加え、「12」としたのではないだろうか? これは、私の信ずる12進法の起源(誰も信じないが)である(^o^)
あの良く聞く話、筑波山麓の6本指のガマ蛙がたらりと流した油(ガマの油)が、どんな傷でもぴたりと止まる、メッチャ切り傷に効く不思議な膏薬ではないですか?
神がかり的な薬である。 また、神様の決める一年は、ちゃんと12ヶ月で、月の満ち欠けが変わる。太陰暦にぴったり。だね。
まぁ、神様の指が6本だろうがなかろうが、神様がいたら、善良な民に神の手を、世界の隅々まで救いのべてほしい。
たまには、サッカーのマラドーナのように、ヘディングしたように見せかけて、神の手(奥の手、だましの手苦肉?)で、ゴールに押し込み、冨を掴めるかも知れないが、この夜の中、神に見放され、あまりにも貧困に苦しむ人、子供たちが多い。
だから、恵まれない子に愛の手を!、つまらない与太話に合いの手を!、ゴルフじゃ Jack Nicklaus , I know "帝王"!ってか?

→ ビックリする話であるが、豊臣秀吉の右手は親指が2本の6本指だったっ「て」!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「エ」

[-・---]英語ABC

私は、まだ見たことのない日光の東照宮。さぞ綺麗でしょうね。でも、瀬戸内海の生口島(いくちじま)には、西の東照宮と呼ばれる耕三寺があり、此所には行きました。 艶やかな建物、でも、見るのはあっという間、そこで、同じ生口島にある美術館で、日本画の巨匠と言われる人の絵を見てきました。 まずは、その絵の大きさに圧倒されますね。 号で測るのではなく、m単位、スケールが違うんですね。 ただ私の感覚としては、絵がボワッとして、、、全体的に彩度が薄い感じがするんです。 でも、東京の日赤本社屋で見た時は、しっくりと壁に収まってました。 見る人、見る場所で、絵って変わるんですね。
誰しも家を新しく建てると、真っ白な壁が目立ち、そこに何か欲しくなる。 窓・鏡・大画面ディスプレイ!てな訳にはいかず、予算がなければ、子供の習字でも張るところ、大奮発すると、絵を飾ることになる。 平均して油絵は高いので、リトグラフ(石版画)になるのかな? リトグラフは一枚の絵から、油の性質を利用して何枚も刷って複製することが出来る。 出来の良いものだけ選び出して、画家はそれに番号を振る。例えば81/200などとサインがあれば、200枚のうちの81番と言うことだが、何故かこのての番号の分母はキリの良い数字。198とか213ではいけないんだろうか? 次点の201番とかになる絵と殆ど変わらないんでしょう? 何枚か余分に作って、税金逃れしているとかない? 我が家にも何枚かリトグラフがある。 気に入ってるのはアイズピリの花瓶の絵だが、8/20とサインがあるが、どっかに同じ8/20の絵があるかも知れない。
西洋のように、自分の肖像画を描かせる人もいるだろう。 とすると世界にたった一枚という絵になる。 下手でなければ、価値があるでしょうね。 肖像画で一番高いのは、あの「モナリザ」でしょうね。 これもまた難癖付けると、二番となる。
私としての一番は、勿論うちの家内。 モナリザは絵になっているけど、うちのは♪絵にも描けない美しさ♪なんですね。 これも勿論、恋をしていたときの話。 恋は盲目と言って、見えないから絵に描きようがない。 (#^.^#)

→今は、絵に描けないのでなく絵にならない?....「絵」でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/11/03

「コ」

[----] 高等工業

魚の子では、からすみ、鱈子、イクラ、キャビア、トビッコ、数の子、、とモチモチした感触から、プチプチ、コリコリした食感まで色々あって、酒飲みにはとても堪らない美味しい酒の肴(魚の子)です。 その中でもチョウザメの子、キャビアは値段がめちゃ高い、黒いダイヤモンドと言われる程高価である。 主生息地のカスピ海では、乱獲密漁がたたって、殆ど成魚を見かけなくなったとか。 チョウザメの寿命は100年近くと長い。卵を持つまでに成熟するには10~20年ほどかかるが、鮭と違って一回限りではなく、2年ほどの周期でで卵を持つ。 採卵は、お腹を切り開いて取り出すが、その後、お腹を縫ったり、瞬間接着剤でくっつけると、2年後にはまた卵がとれる。 でも、肉も美味しいそうだから、食べちゃうんでしょうね、私の口には入ってこないけど。
その点、鮭はもっと可哀想。 生まれ故郷の川に遡上して、魚生の最後のクライマックスを伴侶と迎えようと思っている矢先、人に捕らえられ、無理矢理、卵と精子を抜かれ人工授精させられる。そして食べられちゃう。
人でも似たような受精の話がある。
子供が欲しいのに出来へん。 医者のところへ行く。 排卵誘発剤で卵を10個ほど採卵する。 (横浜だけど、こういう事を専門にしている産婦人科の医者知ってます。繁盛してるそうです。)
で男は、別室に連れて行かれ、シャーレを持たされるんやで。
看護師(婦)さんは「勝手に入れて「ココに入てください」言うんよ。
入り口は大きいし、底は浅いし、どないして入れるん?
「チョッと服脱いで手伝ってくれる?」と聞くと、
「体外にしぃ!」やて、
シャーレにならんわ。

→うちの子供達は人工授精じゃありませんからね。でも、間違いなく私の「子」です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »