« 「ヘ」 | トップページ | 見知らぬ人と新宿の夜を一部屋で、 »

2012/05/13

「ト」

[・・-・・](トクトーセキ:特等席)

「扉」、戸にあって戸に非ずとはこれ如何に? 何やら禅問答っぽいですが、以前よりこの漢字には戸惑っています。
何で、戸に非ずと書いてあるのか、金八先生なら教えてくれるかも知れないが、ま、本題から外れるので、途中ですが「戸」の話に入りたいと思います。
戸というのは、門扉、玄関、家など、家の外観の一部、または全体をさした意味で使うことが多いが、戸籍や戸主といった家族単位にも使われる。
熟語としての使われ方も色々あるが、私があまり好きでない四文字熟語に「門戸開放(もんこかいほう)」がある。
聞いた感じでは、自由に非常に良い印象の言葉であるし、みんなもそう思うと思う。 きっとそうでしょう。 だが、私のように?偏見を持つものにとっては、一部我慢ならないところもある。 それは、男女格差がある部分の一部ですね。
私の母校は、昔の入学条件に「健康なる日本国男子に限る」という一文があったのに、今はない。 寂しい限りである。 体力とか、荒々しさが要求されるような場面に女性はそぐわないような気がする。 だから残しておいても良かったのにと思ったりしている。 反対に看護学校にも男性が入れるようになったが、それぐらいで、見回すと、男子禁制の学校の多いこと。
女子禁制の学校は、最近とんと聞かない。
ある時、会社の帰りに、良い雰囲気の学校があるなぁと思って、色々調べたら、男子禁制! 道理で、女性が多くワイワイガヤガヤと騒がしかった。 男が入れる学校もあることはあるのだが、それは本当にプロになるための厳しい学校ばかり。
お手軽コースの学校はなかなかないですね。 どんな学校かって? それはA○○クッキングスクール! 料理をしない男も多いし、独身男性も毎日外食は出来ないでしょう? それなのに、この方面での門戸開放はなかなか進んでいない。

と、書いていて、今ネットで調べたら、「初心者男性でもOK」ってなってる。 ........(早く調べておけば良かった)
ここまで書いてきたのに、、、これでは、門戸開放反対の理由を失ってしまった。 せっかく書いたのに最後で滑ってしまったわ。 ヒゲズラばかりとの料理教室が多かったので、話のオチはその辺りで締めようと思ってました。が、、たまにはこういう事もあると言うことで m(_ _)m 反省します。


→「戸」でした。 

|

« 「ヘ」 | トップページ | 見知らぬ人と新宿の夜を一部屋で、 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

あらら、氏はお料理の腕前もプロ級とオミウケ致しますが…。
そういえば、先日
料理研究家の土井氏のお話をラジオで聞きました。
おもしろくてつい、最後まで耳を傾けてしまったのでした。
(ちなみに次週はコシノジュンコさん)
家庭料理とプロの料理の違い、などの話もされていました。
家庭料理は女性、プロは男性、のイメージが強いですね。
以下は、コメントが長くなりすぎるので、
にけねこは自分のとこに帰りマース。

投稿: にけねこ | 2012/05/15 10時22分

にけねこ<得意な分野だけ書いているので、判らなくなりますが、基本は素人料理ですよ=^_^=

投稿: Samson♪ | 2012/05/15 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/54696121

この記事へのトラックバック一覧です: 「ト」:

« 「ヘ」 | トップページ | 見知らぬ人と新宿の夜を一部屋で、 »