« GW真っ最中 | トップページ | 「ト」 »

2012/05/07

「ヘ」

「ヘ」[・](ヘ:屁)

カタカナとも平仮名ともなかなか区別のつかない文字「へ」誰か区別の仕方知っている方がいたら教えて欲しいですね。 時々「え」と発音したりして、外人にとっては非常にやっかいな文字でもあります。
さて、「へ」を感じ一文字で表す「屁」ですが、屁なる気体は「He」と書いてもヘリウムもなければ、臭素Brもなく、主成分はメタンガス CH4。 
この気体、爆発限界が5~14%の範囲ですから、少し薄い状態が燃えごろ、間違っても火気のある密室内で放出しないように、、、、引火すると意外に炎が出ますよ。 自己例じゃなく事故例では、お尻の近くの毛が焦げたりしてみっともないことになります。
だから、都市ガスにも使われるこのメタンガス、ヘソで茶は沸かなくても、へで茶は沸きますよ。

屁での話が続き、恐縮ですが、 頭に思い浮かぶ話が二つあります。
 一つは、どこかの与太話好きのように、「転失気(てんしき=へ)」を何か別のものと勘違いして、「2日前まで置いてあったが、人に貸してしまった」とか、「昨日食べてしまった」とか、知ったかぶりする落語。この話のオチはなかなか難しくて、理解できてないです。
 もう一つは、やはり落語で目薬をお尻につける話。 こんな落語しか思い浮かばないのは、知ったかぶりも「語るに落ちる」ってことですね。 でも、最初からオチの分かっている話なんて、与太話にならないですよね。
え? オチを知らない? その様なお方は是非寄席に足をお運びいただいて、存分にお笑い下さい。 「めじり」と書いてあるのを女の尻と勘違いして、そんなところへ目薬を差し、その冷やっこさに思わず「ブッ」とやったら、薬が目に飛び込んできたというくだり、効いていて、実に楽しいですよ。 (#^.^#)

→「屁」でした。

|

« GW真っ最中 | トップページ | 「ト」 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

“ひ”とも読みますね。
落語にもよくありますし、
日本昔話にも“屁”を取り扱ったものがございます。
クイズでは、
放屁は“屁をホニャララすること”
と申しますが、さてホニャララとは?
なんてのがございました。
おとす、出す、かます、する、やる、放つ、こく、ナドナド…
いろんな答が…。
(^m^)kukuku
正解ってなかなか出ませんわよ。
だって皆、そんな言葉使いませんし、
“屁”以外で、他に使うかなぁ?

投稿: にけねこ | 2012/05/11 17時20分

にけねこ<でも、関西で「屁かます」と言ったら、ドロちゃんのこと。
で、「する」ッてのが関東弁で正解じゃないかな?

投稿: Samson♪ | 2012/05/13 00時20分

え、そうなんですか?
かます、と続くとドロボーさんのこと?
にけねこ、関西は些か長うござんすが知りやせんでした。
えと…、確か“ひる”だったと思います。
“へひり女房”という昔話があるようです。
でも“ひる”って動詞、使いませんよね。
例えばタバコは“吸う”と言いますが、正しくは“のむ”。
これはタバコ以外にも使える動詞ですが、
むしろ“タバコをのむ”とはほとんど言いません。
“屁”に限らず“ひる”って使わないし聞かない。
そのうち正解が変わる、と思っています。

投稿: にけねこ | 2012/05/13 16時43分

にけねこ<これは、関西落語のなかで聞いた話、
「へかます」の屁をかます他にもう一つの意味がある(隠語)
屁をひると言う言葉は、昔使ってましたから、これはあると思いますよ。

投稿: Samson♪ | 2012/05/13 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/54658946

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘ」:

« GW真っ最中 | トップページ | 「ト」 »