« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/25

「ニ」

「ニ」[-・-・](入費増加:ニューヒゾーカ)

手荷物、小荷物など"荷物"と表現されると、何か比較的に軽いイメージが湧きます。 だが、"荷"と表現されると手で持てないような重さに変わってしまう。 これは、私だけの感覚かも? 
さて、私が初めてこの"荷"を意識したのは中学生の頃でした。 家の手伝いで、トラックから麻袋を貯蔵箱の上にまで運ぶのですが、この麻袋が重い!
手順として、荷台から背中の上に載せられる。腰の上に重さがかかる様に前屈みになる。手鉤(てかぎ)を使って袋の上を引っかける。エッチラオッチラと10mほど歩く。と、大きな木箱があり、その上に載せる。 だが、2段目はともかく、3段目まではとても無理で、下に置くことになる。
この麻袋の中身は大豆で60kg、豆腐の原料である。月に1~2回、最大3袋の配送があり、時間は向こうの都合でトラックが来るので、留守番は重要な役目。中学生でもこれぐらいの力は出せたが、配達の時いなかったりすると、土間に置いて行かれ、そうなると最悪の事態。兄と二人で持ち上げないと運べなかった。手鉤で引っかけて運ぶというテクニックは本当に素晴らしいと思いますね。
それに比べてセメント袋は紙なので、穴の空いてしまう手鉤は使えない。その頃の40kg/袋は扱いにくかった。荷台から肩の上に載せて貰って、二つ折り状態で運ぶ。その頃でも一輪車はあったが、砂利・砂などの運搬が優先。階段など段差があるところでセメント袋を落としたら、収拾のつかない状態になる。砂ならすくえるが、セメントは救えない。
もう少し軽いのが米袋。今は半俵=30kgの紙袋で、この重さになると、もう"荷"とは感じなくなる。食物だという意識も働くのであろう。"荷"と"荷物"の境界は、私の場合40kg辺りですね。
こんな重いものを運んで、絶対辛いと思うでしょうが、一つだけこの運搬に付随するご褒美があります。
お手伝いのお駄賃?
いえいえ、お金ではなく、
それは開封!
今でも偶にしかやりませんので、見極めがつかないのですが、袋の口を縫い合わせている糸を、ちょっと解いて引っ張ると、意外に しゅわ~っと ほどけて、一気に開封できる。今でもこの瞬間が楽しくてたまらない。
どんなに苦しい重荷も、嬉しい一瞬があればこそ耐えられるもの。 
No samba, no life!

→「荷」でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/08

「ハ」

ハ[-・・・](ハーモニカ)
「伊藤」「路上歩行」は日本語なのに、この「ハーモニカ」は敵性言葉?で、戦時中もこの言葉でモールスを覚えたかどうかはちょっと疑問だが、元海軍中尉の指導はこれでした。

「は」と効いて思い出すのが歯医者。虫歯を削る時のウィ~ンという音と響きがとても気持ちよくありません。
歯のエナメル質表面をミュータンス菌によって蝕まれ、一度蝕まれると加速度的に進行していく虫歯。
元々は、赤ちゃんの口の中には、存在しないミュータンス菌であるが、大人との接触、特に離乳食事に柔らかく噛み砕いたものを赤ちゃんに与えることで、感染していく様です。
その後、大人になって、歯の根本まで侵蝕されると、最終的には抜歯、義歯などの処置が執られます。
この時点で慌てても、もう遅く、すでに歯抜けの状態になって、満足に歯が噛めないですね。
となると、次は通常入れ歯ですが、最近はインプラントですね。 一時は、人造サファイヤを使用していましたが、今はチタンを骨の中に埋め込んでいます。
インプラントの方法は、抜いたすぐ後はその部分に骨組織がないため、骨が再生されてくる間の数ヶ月間、じっと待つことになります。 そしてふさがった肉を再度切り、ここからは、ほぼ大工仕事。ドリルで穴を空け、ねじ山切りの道具の一つのタップを立てず、ネジ状の土台を穴に沿って無理矢理回しながら、押し込んでいきます。
定位置で止めた後、一ヶ月以上待つと周辺の骨が形成されて土台と骨の間が詰まって来ます、そこの中心に向かって、メスを入れ、ねじ切りの制度を確かめる。 これで土木工事を終了。
現状では、土台の頂部に空いた穴にご飯類が詰まりやすいですので、気を付けましょう。この上に中間金具を入れて、この金具と土台の間は、ネジで固定して外れないようにします。 最終的に、義歯を被せる時は、接着のため、セメントで固めてしまいます。 おぅ、正に大工仕事。 でもその後は、自分の歯のように物が噛めるようになります。 素晴らしい。
この工事、土木工事が10ちょっと、金具が4ちょっと、偽歯は10以上の諭吉ですから、一本当たりは30諭吉以上!
皆さん、食後、夜の歯磨きは大事ですよ。

→「歯」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花見のBBQとお祭りがガッチャんこ

1_2


土曜朝8時からこの公園にテントを10張り以上、焼きそば、焼き鳥、おでんなど地元のお祭りでした。
何せこの公園、家の目の前でするから、手伝いに出なきゃ、にらまれる。
 陰でこっそり来客を迎えましたが、時々は餅つきの手伝い。
同時に二役はキツイですね。 焼き肉の差し入れで勘弁して貰いましたわ、、=^_^=
のべ4000食にもなろうかという食材も、ほぼ売り切れ。
3時には撤収しました。
それから30分後には、テントも綺麗に片づいて、この有様。
Photo_2


 
で、その後ゆったりと、同僚と家飲み。
毎年の花見も終わりでした。
勿論、餅をつくのも来年の祭までお預け。
餅つきって、疲れるよ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/05

土曜はBBQ ...花見だ

05
これは、1週間前の梅畑で、、、
梅は咲いたか、桜はまだかいな?

012

目前の公園、こぶしの花が散る頃、桜が咲き出す。11

毎年1週間も空かないで、このパターン

夜帰ってきたら、かなり桜が咲いていた。
この分だと、土曜日のBBQは良い見頃だな。
同僚を呼んではいるが、私自身、町内会の仕事も掛け持ちで、忙しいぞ。
この公園で祭りをするって言うんだから、家でさぼっていたら、バレバレ、
日にちをずらして欲しいが、みんなの希望を入れるとどうしてもだぶっちゃうんだよね。

でも、家から花見が出来るって最高!!!

夕方4時には祭りも終わるので、その後はゆっくり客達とお話が出来るが、、、、その頃にはできあがってる?......かもね =^_^=

はてさて、明日木曜日はバテリア練習、金曜日は池袋でカリビアンナイトのステージ、、、BBQの準備はどうする?

何とかなる? (#^.^#)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »