« に「V」話 | トップページ | きかいな「X」の話 »

2012/02/08

シャワーは「W」での話


W(Whiskey ウィスキー)[・--]

昔、Hi-Fi-Set(ハイファイセット)のコンサートで、「ABCの歌」を歌っていた。
ごく普通に ♪エービーシーディー.....と歌って、ブイまできた、、(一拍おいて)ノットメンションダブリュー、、XYZと歌った。 アメリカではこんな風に歌うそうだ。
最初聞いた時は「へぇ~」、 "not to mention(言うまでもなく)" だとは思うのだが、なぜ"W"だけが当然かは判りません。=^_^=。
not to mention で思い出すのが、ある逸話。
とある便器メーカーがお尻を洗う洗浄機を開発していた頃、座った時のお尻の位置は概ね判っているので、それなりに設計して完成させた。 しかし同時開発のビ○、技術屋さんは男ばかりなので、あの部分の位置が判らない。 正確さを求める気持ちと、スケベ心の表れか、とうとう、試作品が出来たので、位置が良いかどうか確かめたい。
そこで、恥ずかしそうに、女性社員達にお願いして、一番良い位置にマーキングして貰うことにした。百人以上のデータが集まって、製品の位置が決まったそうです。
スケベ心のほうが大きかったに違いないのだが、、、
え、これがなぜ "not to mention" と関係あるかって?
そりゃ、not to menションだから、、ダジャレですわ、(#^.^#)
今じゃ、この便座、人が近ずくとフタが自動で開き、温風乾燥までしてくれる優れものになっています。  先日、日本に来日した映画俳優のD氏は帰国後、「日本のトイレは紙がいらないとまで」話したが、流石に、紙は必要と訂正。 でもそこまで技術は進んでいるのですね。 日本では WC(water closet)と書かれている場所でのシャワー話でした。

|

« に「V」話 | トップページ | きかいな「X」の話 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

うーん、紙が不要、というのは、
ある意味当たっているかと…。
あくまでも目標は紙不要だったはず、です。
開発には常に人には言えない苦労がつきまとうもの
なのでございますね。
先日、何かでIN検索していて、
あるサイトを見つけました。
Samsonと書いてあって、
ランチっぽい食事を前に一人の紳士が座っていました。
もしかしてこの人かなあ、と思いました。
以前も偶然に氏がコメントしていらっしゃるblogに
行き当たったことがありますが、
写真はなかったですから…。

投稿: にけねこ | 2012/02/09 23時19分

にけねこ<何処で当たったか知りませんが、人のブログに書き込んだのは、数人しかいないから、別人じゃないですかね。
アドレスをを大抵付けていますので、確認できるかと、、、ま、次はご確認を。

投稿: Samson♪ | 2012/02/10 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/53936519

この記事へのトラックバック一覧です: シャワーは「W」での話:

« に「V」話 | トップページ | きかいな「X」の話 »