« 三島大社で初詣 | トップページ | ど「S」の話 »

2012/01/07

腹に響くので「R」話

R(Romeo ロミオ)[・-・]

ロミオ、なぜあなたはロミオなの、、
なぜ < NATO phonetic alphabet > にロミオとジュリエットが入っているかは知りませんが、よほどシェークスピアが好きだったとかネ。
愛は心と心の共鳴( Resonance )か?

それでは、共鳴現象について、少し。
太鼓(スルド)を叩いてみよう。低い音が響く。 この音の高さは、叩いたスルドの表面(革)の振動数と同じはず。内側に凹み、外側に凸る、これの繰り返しで音が出ているわけでR。
では反対側の革は? 表側の面が内側に押されると、空気が圧縮されて、圧縮された空気が裏の方へ音波として移動する。 そして、裏側の革に当たって跳ね返り、また、表側の革に当たる。 これが同調すると、大きく長く響くこととなり、これが共鳴でR。
手近のスルドの高さは約65cm、表と裏を行って帰ってくると130cm、音速を343m/秒だとすると、264Hz(≒ドC)この音が一番響きが良いはず。 音の大きさは、広い革の方が大きくなりますが、響きは革の距離(高さ)。 音速は気温によって速度が違いますが、この近傍の音であれば、十分響きます。 でも、音の波長が大きくずれていると、全く響かず、「ボコッ」で音は消えていきます。
響くかどうかは、波長次第。 例えばクラシックとサンバ、波長は半分とは言いませんが、,、ちょっと違うようです
男女も、ま、結婚する時はお互いの波長をしっかりと確かめましょう (笑。 といっても、最初のうちは合っているんですが、少しずつズレて行くんですねぇ。 時々チューニングが必要ですね =^_^=


|

« 三島大社で初詣 | トップページ | ど「S」の話 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

男女は元々一枚のお煎餅の片割れ同士だという説あり。
世の中でなかなかその片割れに出会えないので、
適当な相手と巡り会い結婚して人生を歩むうちに、
お煎餅の割れ口が少しづつ擦り減り、
上手く合うようになる、
というもの。
波長のずれが増す夫婦もあるでしょう。
しっくりとこなれて
不協和音すら味のある音に聞こえてくれば、
しめたもの。
いつかたぐりよせた心の糸…

投稿: にけねこ | 2012/01/13 22時47分

にけねこ<やっとたぐり寄せた糸がぷつんと切られないように、、
私はちょっとやばいんだな?
ま、つかず離れずってとこかな。

投稿: Samson♪ | 2012/01/14 21時48分

一歩間違えば、やばいことだらけ。
だけど目をつぶり、お互い
相手にゆるしてもらいながら、
生きています。
氏が本当にやばいとはとても
思えないのでございます。
が、夫婦の間は第三者にはわからないもの、
と思っています。
友人の中には占いに頼る者がおります。
にけねこにはそれこそ理解不能です。
これほど大切なことを、
あのように不確かなものに委ねるとは…。

投稿: にけねこ | 2012/01/15 01時58分

にけねこ<時々は綱渡りかと思う時がありますね(笑。
勿論、占いで方向を決めようとは全然思っていない。ちょっとは気になるけどね。

投稿: Samson♪ | 2012/01/15 20時37分

綱渡り?
ほーォ…、腰に命綱あり、下にはネットあり。
夫婦は他人ですが、
そこには何らかの人為的な選択肢が存在します。
親子とはまた違う出会いですね。

投稿: にけねこ | 2012/01/17 12時46分

にけねこ<たたた、確かにネットが下にありそうな綱渡りですが。。。腰には、千両箱がぶら下げてありそうですわ (#^.^#)

投稿: Samson♪ | 2012/01/17 22時58分

へ、腰に千両箱?
うーん、それ、よございますね。
猫に小判と申しますが、
にけねこには小判、でございます。
いいニャ~。

投稿: にけねこ | 2012/01/18 19時58分

にけねこ<中には、ねん金というお金が入ってるそうです。
当てにされてるからね。

投稿: Samson♪ | 2012/01/20 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/53681410

この記事へのトラックバック一覧です: 腹に響くので「R」話:

« 三島大社で初詣 | トップページ | ど「S」の話 »