« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/31

に「V」話

V(Victory ビクトリー)[・・・ー]

1. ヴォランティア(volunteer)で活動するって、頭下がりますね~。
人気のないところで黙々とこなすのもありますが、多くは仲間達と一緒になって活動し、活動の達成感を共有、人とふれあうことで満足感が味わえるものと思います。 そして他の人の笑顔があれば、それが最高のご褒美かと思います。
そんな、純真な気持ちでボランティアすればいいのですが、不純な気持ちの人もいるかも知れません。
大きな声では言えませんが、「若い子が抱ける」なんて余録のあるボランティアがあるんですね。 ぷにっとした餅肌に直に触れて、ほおずりなどしたら、もう、思わずぎゅっと抱きしめちゃいます。 泣いているのに、みんなで代わる代わる抱いて、、、よだれを垂らすのもいて、もう大変。
私もウハウハで何度も抱きました。
変な想像はしないで下さいな。 1歳前後の子は、特に可愛いですよ。(笑
手遊びで子供達と遊んだり、紙芝居をしたり、抱っこしたり、子育て中のおかあさん方をサポートする会では良く見受けられる光景です。
交通費ぐらいしか貰えずに頑張っているのですが、最近、これらの会の運営や、相談に乗ったりする民生・児童委員のなり手がいなくて困っています。
2. Volunteerには志願兵という意味もある。
何処でもそうだが、戦渦が広がってくると、職業軍人でなくても自ら、兵士となって戦う道を選ぶ人がいる。 これが、志願兵だが、その反対語は「強制徴募兵」、無理矢理に兵隊にするわけだ。 帆船時代の英国では、Press Gang(強制徴募隊)というのが、酒場などを襲い、翌朝、飲んだくれが気がつくと、海の上にいたという話である。 本人の都合構わず、強制的にサインさせられて、戦争が終わるか、除隊になるまで船の上という。 逃げだそうとして捕まると鞭打ち刑が待っている。 鞭の先は九つに分かれていて別名 cat-o-nine-tails 九尾の猫、、この鞭打ちを受けると背中の皮膚に深くエックスの縞模様が出来る。
つくづく、平和な日本に生まれて良かったと思う。
いつも鈍感で鈍い私なので、2V話にしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なんと「U」話

U(Uniform ユニフォーム)[・・-]

ユニフォーム(制服)なら、やっぱりセーラー服が可愛い。 学校によって、少しずつ変化があるので、3本線はどこそこ高校、スカーレット色のリボンはあそこの高校などと、見分けがついた。 特に気になる高校の制服は遠くからでも、、、
多分、気になる子がいるから、遠くからでも判ったんでしょう。
スカートの脇に1本、縦線が入ったあの制服、、見かけた時は、彼女じゃないことを確認する。 私の通った高校にも女子はいるのだが、どっかの会社の事務服に似ている制服では、あまり気を惹かれる様にはならなかったかもです。 その点セーラー服ではブスも美人に見える って事? 
いつも見てる美人よりも、隣のちょっと綺麗な人の方が良く見えるのでしょう。
電話するのも、メールするのも、ほんと新鮮でドキドキしてました。 封筒にシールを貼る時は、こんな汚い字で良いのかな?と思いつつも、エイヤッと気合いでしたね。(ワォ、制服から話がずれてる)
高校時代はこんな気持ちで制服を見てました。 他に目がいってない、その時からオジンだったかな?
大学に入ると好みの年齢対象が変わってくるので、セーラー服から、スッチャーデスに変化。 紺のスーツにトリコロールを思わせるスカーフとスッチャー帽子、そりゃぁもう、妄想の世界に入り込んでました。 (^▽^) ハッハッハ 。
でも、なかなか飛行機なぞには乗れない貧乏学生。 初めて乗った時には、離着陸の恐怖心で、ほんの僅かしかスッチーに気が回りませんでした。
今ではキャビンアテンダント? 制服はまだまだ魅力がありますが、凄いベテランの人も沢山増え、男の客室乗務員も増えたりして、、、、それでもって、コンピューターで座席割り!
相手は嫌がるだろうが、私は飛行機に乗るなら、若い綺麗なスッチャーの対面に座り、飛行機が落ちて死ぬ時は、せめて可愛いスチュワーデスを眼にしながら逝きたいと思っているのに、、、、なんとUことか、無情にも座席割りはコンピューター!
昔は、早く搭乗手続きすると、座る座席が自分で選べた。 最近は、、、そもそも乗ってないわ。=^_^=

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/01/18

バックが「T」の話

T(Tango タンゴ)[ー]

Tango タンゴは踊れませんし、私はどちらかと言えば、当然、一字違いの、
Tanga タンガが良いですね。
この世界に入る前は、この言葉を知らなかった。 どんな感覚なのか、非常に興味がある。見たことはあっても、触ったこともないから、ちゃんと話が出来るかな? ブラジルでは、タンガ(tanga)と言ってるものとほぼ同じ、Tバック

想像するに、、、、
あ、日本にも似たような物があることに気が付いた。
それは「六尺」!(ふんどし[褌]ともいう)
出来上がった後ろ姿は、まるで「Tバック(タンガ)」である。
実は、少々の事では崩れないように、サラシをしっかり結ぶには、六尺では足りず、八尺ほど必要である。 それは、胴回りで三尺、後の交点から前まで行って(胴回りの所で)折り返すのに三尺、交点で結んで巻き付けるのに片側一尺づつである。
ただこの方法だと、おしりのところがゴワゴワする。 何せ、サラシの幅は普通一尺(30cm)だし、後の交点から割れ目を通ってくる時は、途中から、大事なアノ部分を包み込むようにして広げるので、太い紐状帯になっている。で、折り返して後に持って行く時も、大事な部分から先は、太い紐状、、、おしりに2本の紐を挟んでいたんでは、、、、馴れないと、走ったりする時痛くなる。
見た目には、ビシッとしているが、実情はそんなところだろう。

江戸時代は、ものを大切にする時代、何でもエコロジックであった(その時代には「もったいねぇ」だろうが)。 すると、八尺も使う褌は長すぎると言うことになる。
そこで、最小限の六尺にして、前の折り返しを30cm程度に詰めて、後までの往復する部分を省いた。 若者は、この30cmほどに切り詰めた前垂れのヒラヒラを三角に折ったり、片側のみ内側にたくし込んで、着物の間からちらちらさせ、粋を決め込んでいたようだ。
この方法だと、おしりの間には1本の紐しかないので、全幅のサラシでも十分快適である。
そんな六尺褌も、まだエコでないと言うのが、越中褌である。
これは、医療用に「T字帯」というのと同じであり、ほぼ三尺のサラシと細い紐で事が足りる。 細い紐の中央にサラシの端を縫うだけで、細い紐を腰に廻して前で結び、後からおしりの間を通ってきたサラシを、紐のところで折り返して、前に垂らすだけ。 夏は風通しが良くて、非常に涼しい!(経験者は語る)。
エコで良い越中も一つ欠点?があるそうだ。
海中を泳いでいる時、鮫に遭遇したら、自分を大きな物と間違えるように、六尺をほどいて、後になびかせれば、鮫は襲ってこないと言う伝説。 長さ的に これは越中には無理だ。

お、タンガの話がどこか それてしまった。 せっかくのTバックのお話チャンスなのに。
タンガ話を期待したあなた、、タンガは文章を読んでワクワク期待する物ではないですよ、ねぇ? (^_-)☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/01/14

ど「S」の話

S(Sierra シエラ山脈)[・・・]

Strip ストリップ 脱ぐ、
怪しい光りの元、最後の薄い一枚をするりと脱ぐと艶やかなハダが目にはいる。
下の方は、なにやらモジャモジャと生えているのも見える。
カブリツキにいくと、ちょっと異様な淡い刺激臭もする。
ワォ!目が痛い!
ウォッカと結構相性が良いんです。
タマネギは塩を付けて丸かじり、黒くて堅いパンにカチカチのバター、これらが、ウォッカのつまみにピッタシ。 キャビアも良いですが、長い航海、タマネギは野菜不足を補うのに丁度良いそうです。(ロシア船長談)

え?話が違う? 何か変な想像してませんでした?
ひょっとして、語尾にteaseがつくのを? =^_^=
玉葱の皮(skin)を剥いて囓っただけなのに、、、
この玉葱の料理法に関して一言。
(これからは、タマネギを根っこを南極にした地球に見立ててのお話です)
よく料理の先生が、タマネギの微塵切りは、北極側から赤道までの深さに網目状に切れ目をいれた後、緯度に沿って(水平に)切ると、微塵切りが出来ますと言ってる。
確かに北半球はそれで良いかも知れないが、残った南半球側はどうするんだ? 赤道付近は、包丁の切れ目が入っていたりいなかったりで、収拾がつかない状況。この付近はオニオンリングにもならない。
それなら、最初から子午線で真っ二つにして、安定した状態で俎板の上に置き、ザク切りにした方がマシというもの。私はそう思ってます。
ザク切りにした後は、フライパンで、きつね色になるまで炒める(これをスエと言うswear?)と甘みが出て美味しい。カレー・シチューの味が変わってくるので、お薦めです。
生で食べるにしろ、炒めるにしろ、切る時は皮と皮の間で、Slip 滑りやすいので、手を切らないように、ご安全に(Be Safe)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/01/07

腹に響くので「R」話

R(Romeo ロミオ)[・-・]

ロミオ、なぜあなたはロミオなの、、
なぜ < NATO phonetic alphabet > にロミオとジュリエットが入っているかは知りませんが、よほどシェークスピアが好きだったとかネ。
愛は心と心の共鳴( Resonance )か?

それでは、共鳴現象について、少し。
太鼓(スルド)を叩いてみよう。低い音が響く。 この音の高さは、叩いたスルドの表面(革)の振動数と同じはず。内側に凹み、外側に凸る、これの繰り返しで音が出ているわけでR。
では反対側の革は? 表側の面が内側に押されると、空気が圧縮されて、圧縮された空気が裏の方へ音波として移動する。 そして、裏側の革に当たって跳ね返り、また、表側の革に当たる。 これが同調すると、大きく長く響くこととなり、これが共鳴でR。
手近のスルドの高さは約65cm、表と裏を行って帰ってくると130cm、音速を343m/秒だとすると、264Hz(≒ドC)この音が一番響きが良いはず。 音の大きさは、広い革の方が大きくなりますが、響きは革の距離(高さ)。 音速は気温によって速度が違いますが、この近傍の音であれば、十分響きます。 でも、音の波長が大きくずれていると、全く響かず、「ボコッ」で音は消えていきます。
響くかどうかは、波長次第。 例えばクラシックとサンバ、波長は半分とは言いませんが、,、ちょっと違うようです
男女も、ま、結婚する時はお互いの波長をしっかりと確かめましょう (笑。 といっても、最初のうちは合っているんですが、少しずつズレて行くんですねぇ。 時々チューニングが必要ですね =^_^=


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/01/03

三島大社で初詣

なんか、最近は日記を書くのが少ない。、、、、

とか何とか言ってると、何もかけないので、書き初めと言うことで、、、

Photo


今日は三が日最後、明日から仕事する長男を送りがてら、御殿場のアウトレットに寄ってきた。 富士山も綺麗です。
9時半に到着したのだが、すでに凄い車の列、これでは、駐車するのに30分以上かかると思ったので、近くの不便な?駐車場へ車を乗り入れ、そこからバスでアウトレット会場まで移動。 まだ10時前でしたので、店は開店していなかった。=^_^=
今年初の買い物をして、皆満足。

7


そして遅いお昼は、桜家で、鰻をいただく。
くは~!
高いけど美味しい!
道中、おにぎりも食べたので、ココはぐっと我慢して、4人で鰻重3個でしたが、大満足。

ついでに、「三島大社」にも初詣。Photo_2

おみくじ惹いたら 「大吉

今年は良いことあるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/01

連発の「Q」話

Q(Quebec ケベック)[--・-]

Qといえば、Queen 女王、トランプの12番目、チェスでは縦横無尽に動く駒。
また、今の世代ではイギリス英語を Queen's English と言って、 American English と区別するそうな。 で、ある時、Australia の人と話をすることになった。 ひとしきり、仕事の話が一段落したところで時計を見ると11時過ぎ、" It's over 11 am. What time shall we take lunch? " と怪しげな英語で聞いたところ、彼は " ネイ "と一言答えた。
この一言は堪えたね、全然意味が分からん! 私の耳もロバの耳になったかと思った。
近くにいた外国馴れした人が笑いながら、「今」だよと教えてくれた。 Now→ネイ
その昔、イギリスの犯罪者は、Australia や New Zealand に島流しされたが、多くがBrooklyn に住んでいた貧民が多く、その訛りが影響しているという。

子供の頃には、醤油、塩、辛子、わさびの他の調味料というとマヨネーズ! よく指先に付けてなめてました。 皿に残ったりすると、、、ご想像にお任せします。 そのころはマヨラーっぽかったですね。 それに、味はキューピー1本やり。 味の素のマヨネーズは売ってなかったです。
なぜマヨネーズを作った会社がQピーかは知りませんが、このマヨネーズが発明されたのは、丁度、フランス軍がスペインのマノルカ島のマオン港に進軍した時、というのが、最有力説。 二十歳くらいまでは、まさか材料がほとんど油とは知らなかった。 塩胡椒と酢、そして卵黄を入れて、かき混ぜながら、少しずつ油を入れていくとできあがる。 だから、キャンプなどで、油を切らした場合には、マヨネーズで代用できますよ =^_^= カロリーが心配なかたには、カロリー1/2 と言う製品もQピーは出している。

1/2の1/2は、1/4(Quarter) だね、ちょいと話変わって、ラグビーのスクラムでは 一番前方フォーワードが当然フロント(前)であるが、そのすぐ後にハーフが来て、その後に4人?のスリークォーターバックがいる。そして最後尾がフルバック1人! これは配置上で、全体のどの辺りにいるかで、呼び分けているんだと思いますが、会社組織の中では、「ヘッドクォーター」は「本社」とか、「幹部」とかを意味する。 いつもこの言葉を聞くと、「頭1/4」を連想し、奴らの何処が1/4なんだと変な発想をすることが多い。
(自分で偉いと思ってる)奴が、船の後の方で陣取って、命令していた頃の名残だとは思っているが、ひょっとして、この旦那も後の方にいると見られていたりして、、(それは嫌だなぁ)。

こんな こーたー どうでも良いが、今回は Queen、QP、Quarter と3個のQを、ゴチャゴチャさせてしまいました。 ここまで読んでくれたあなたに、3Qです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

年越しは蟹で

年越しには、蕎麦じゃなくてCrab0
を戴きました。
なんて美味しいんでしょう?
このタラバ、1kgで2千円!流石、Bz020


毛蟹は、娘も一番美味しいところを知っていて、真っ先に甲羅を取って持って行きました。
そして、当たり前のようにお酒を注ぎ、、、、
流石我が娘。

一人、下の息子は、妹と兄の家へ遊びとお手伝いに行って留守。
何でも、名古屋周辺のビルとか、建築物を見るとか言ってました。
みんな大人になって離れていくんですね。
一人、この旦那は、遊びほうけていますが、こんな男と、またこの一年お付き合い下さいませ。

まずは、

明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »