« いい加減に「C」の話 | トップページ | 心にぽっかり...のような »

2011/12/02

忘れられない「D」の話


「D」はアルファベットの四番目の文字、モールス信号で(-・・)ツートト、
そして呼びは(でるた) < NATO phonetic alphabet > 昔の電報では、字を間違えないように「葉書のは」「リンゴのり」と聞き間違えのないように使っていたものの英語版です。
ノルマンディ上陸作戦の決行日は「D-ディ」6月6日....話がズレていってますな。
話題を変えまして、ゴホッ、大人の話に入りましょう。
古い言い方で、恋のABCがあり、kissでの段階はAと言われてました。Bは.....その順番で行くと「D」はアレですな。
お目出たいと言う人もいれば、困ったと言う人もいる、、アレ、プレグ何とかいう、、。

学生時代にこの状況になると、誰しも困惑しちゃいます。 私の友人も「おい、どうしよう?」と相談に来た。 お相手は私の友人でもある女性、彼女がDになった。 「どこの医者が良いか教えてくれよ」(俺に尋ねたい理由も分からんでもないが)「男の俺に聞くなよ、大学の保健センターで相談したら?」
大学は男子学生だけでしたが、こういうケアもしているんですね。 結婚前のお嬢様の経歴に傷が付かないようにこっそりと、、、 
その後二人は別れて、いつの間にかまたくっついて、3人の娘が育っています。
忘れられない日(Day)とは、運命の人と出会ったような人生の節目の日、父母を見送った日、子供が生まれた日などですね。 
勿論、うちの家内と出会った日は、、覚えてない。 =^_^=;
30年近くも昔の話だもん

|

« いい加減に「C」の話 | トップページ | 心にぽっかり...のような »

与太話」カテゴリの記事

コメント

今はそういう言い方、しないのでございますね。
ABCDの次はIでした。
にけちゃんは親の端くれとして、
結婚前に、というか生活能力もないのに、
相手の女性を平気でD状態にさせるような無責任な男に
大事な娘を託す気には到底なれないんです。
娘が頼りないから、尚更男性に厳しいものを求めてしまう。
そういうことになれば生活変わっちゃうし。
世に一つの命を生み出すことですから、
もっと重く受け止めてほしい。
中絶は殺人です。
勿論男だけが悪いとは申しません。
人間としての問題です。

投稿: にけねこ | 2011/12/03 19時33分

にけねこ<そそ、そうですよね、、、、男はkの問題反論できまへんわ。

投稿: Samson♪ | 2011/12/04 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/53389980

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられない「D」の話:

« いい加減に「C」の話 | トップページ | 心にぽっかり...のような »