« こんなん「M」じゃねぇ話 | トップページ | 「O」違いの話 »

2011/12/27

極端な「N」の話


N(のべんばー)[-・]

Nに関連してナゾナゾを一つ
「あるところに熊が住んでいました。ある日のこと、そこから1㎞南に移動しました。それからまた、1㎞東に移動しました。そして今度は1㎞北に移動しました。すると、もとにいた場所に戻ってきました。 では、この熊の色は何色でしょう?」

どうも、最近は、この熊の生存が脅かされているようですね。
答えは、北極の白熊の白、ナゾナゾでは北極点にいたわけですが、そこからならどっちを向いても南、そして北極点を中心にして回転するように東へ、何処まで行っても北に1㎞進めば、もとの北極点です。
北極熊は、主にアザラシなどの動物を食べているが、猟の仕方はいたって簡単。 氷の穴の開いたところで、じっと待っていると、餌の方が息をしに、海から顔を出す、そこをボカッと前足で、、、。 だから、地球温暖化で北極海の氷が無くなると、アザラシ捕獲も出来なくなるから飢え死にですわな。 私のようなひねくれ者ですと、北極海の氷が無くなる→船が通行できる→船便の安いボージョレヌーボーが早く飲める。なんて考えるからね。 そんな事態になったら、そもそも、気温上昇でワインの産地は大打撃のはず。 海面上昇で、土地が海没し、国が一つ消えそうでもある。 地球の温暖化、怖いですね。
エネルギーは大切に使いましょう。余ったエネルギーはサンバへ!

PS. 北極はS極だって知ってました? 磁石のN極が指す方向が北だから、北極にはS極があるんです。 正確にはノルウェーの近くに地球のS極の磁心があります(まめ知識)

|

« こんなん「M」じゃねぇ話 | トップページ | 「O」違いの話 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

南極の氷が全て解けたら…?
なんてクイズがありました。

北極熊は他の種類の熊に比べ、
顔立ちが可愛いらしいように思います。

投稿: ニャーリー | 2011/12/31 03時08分

ニャーリー<いろんな生物の北限が変わってきています。 海洋生物もご多分に漏れず。
レッドデータブックに載る危惧種はどんどん増える一方。総ての元凶にあるのは人間。
あぁぁ、鯨の肉が食べたいと思う私は、その代表?

投稿: Samson♪ | 2011/12/31 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/53578827

この記事へのトラックバック一覧です: 極端な「N」の話:

« こんなん「M」じゃねぇ話 | トップページ | 「O」違いの話 »