« どこでいつ付いた「J」話 | トップページ | 長い「L」の話 »

2011/12/20

危険な?「K」の話

K(きろ)[-・-]

よく言う3Kは、キツイ、キタナイ、キケンである。
キツいトレーニングを好む人がいるし、敢えて、汚いものに近づきたい人もいるらしいけど、私としては、多少のキツさを我慢できても、基本的には両方とも嫌ですね。
ただ、危険なものには、フッと吸い寄せられるようなところがあり、刃物や火薬、毒と聞くと惹かれる人も多いと思う。
テトロドトキシンという毒もつ河豚など、鍋や刺身で美味しいもんね。 また、特に危険な薫りを漂わせる美人には、つい、お近づきになりたくなる。 そしてその毒牙に掛かってしまい、29年もその刺々しい毒舌に悩まされているオッサンもいるそうだ。(笑
そのオッサン、最近は叩かれる方から、叩く側に変わってきているが、相手はコッカーンと鳴る物。何に見立てているんでしょうね。

「打楽器はティンパニィだけで十分」というクラシック派の美人のこと、
その昔、「子供達に音楽を教えるには、色んなリズムも練習しなさい」と、強制的にキツいレッスンを指導させられたとかあるんでしょうね。 ラテンリズムがトラウマのKになってたりします。 だから、「音楽はクラシック!」と言わせるんですかね。

世の中、そんな悪いKばかりじゃないです。
凄い3Kがある。

それは、松島、宮島、天橋立、、立派な3Kです。
え、意味が違うって? そう、これは日本三景 (おうてるやんか)
このオッサンも、もっとKが欲しいそうじゃ。
オーケー、O毛、多毛、、お後がよろしいようで。m(_ _)m

|

« どこでいつ付いた「J」話 | トップページ | 長い「L」の話 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

ニャーリーの3Kは
器量よし、気立てよし、気前よし、
でござんすよ。
(^^)そうだったらいいなぁ、って話。
ついでに、きっぷよし、
で4Kにするざんす。

男の方は美人に弱いざますね。
はたでみていると滑稽なほど。

かと思うと、
男から女に電話はできない、
などという輩もおりまする。

どっちもどっち、かな?


投稿: ニャーリー | 2011/12/22 06時14分

ニャーリー<そちらの3Kも良いですねぇ。
で、電車に乗る時に、切符よし ですね。
にけちゃんは行動力がありますから、
鑑賞する、行動力、キップよしの3Kかとも思いますが、何であれ、ないよりあった方が良いもんですね。

投稿: Samson♪ | 2011/12/23 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/53531024

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な?「K」の話:

« どこでいつ付いた「J」話 | トップページ | 長い「L」の話 »