« 朝から眠い | トップページ | どこでいつ付いた「J」話 »

2011/12/16

私は「I」の話

9番目の文字(いんでぃあ)[・・]

アルファベットでは、「I」は「H」の後にくる、、理想は愛は「H」の前にして欲しいがね。 =^_^=
英語で「I」は私のことですね。
19XX年3月19日長野県東筑摩郡宗賀村(洗馬)で発声!、2歳から18歳までは、愛知県愛知郡日進町で尾張弁をしゃべっとった。
ふんでも、神戸の学生寮(4人部屋)に入ったら、岸和田高卒の先輩が「自分、言葉汚いで!」(河内弁に言われとうないわぃ)、一年後に入ってきた後輩は「先輩の言葉分からへんわ!」(二十世代ほど続く神戸の神主の息子=ばりばりの神戸弁)。
こんな環境で5年もいたら、関西弁も美味しなるわ。 ←何で5年もおるん?(笑
××の町(川崎)に就職して4年、都会(横浜)の空気に触れ2年、義父の許しをもらってからはずっと、片田舎(横浜)に住んでいますが、気が付けば、これまでの人生の半分以上はココだぁ。
30年もいるのに、横浜が地元という感じがしないのはなぜだろう?
開港して百四十年の港町、「日本丸」はあるし、「マリノス」もある、「サウージ」もあるではないか!
そうだ、「アレグリア」がないせいだ。 昨年からはまっているサンバ、、たった一念でさいたま県人になってる?
.....(^▽^) ハッハッハ 、そんなん絶対ないわ。

Intermission ( 休憩のI ) ------

大文字だと、電流(I)、小文字だとC言語の[ i = i ++ ] が頭に浮かぶ。
でも、憎たらしいIがある。
それは、普段よく使うソフトの「×L」「○ード」に出てくる。
頭に「i」と小文字で打っても、大文字の「I」に変わる、、行番号をくっつけたりする。
印刷のプリビューと印字が違うのも しゃくに障るが、この無理矢理変換が頭に来る。 それを止める方法が見つからないのは、もっと頭に来る。
なんせ、私の会社のメアドが「i」から始まるので、よく使うのだ。

「愛」は地球を救うかも知れませんが、私の「i」は救われへんわ。


|

« 朝から眠い | トップページ | どこでいつ付いた「J」話 »

与太話」カテゴリの記事

コメント

氏が在学してらした頃は、
四年半で9月卒業でしたよね?
その四年後くらいから選べるようになったんでは?
Iちゃんはくせ者。
iは虚しい。
ABの次はC、
下手すりゃD、
泣く泣くI。
EFGがなくてHの後にI?
CとHは同じ?
でも、A、Bと段階を踏むなら
Cの方がHよりIが感じられる、
Hはすっ飛ばしてそれだけ?

投稿: ニャーリー | 2011/12/20 07時24分

にけちゃん<うまいうまい!
ヤッパ大きなIが欲しいですね。

投稿: Samson♪ | 2011/12/20 23時17分

今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。

投稿: プラダ 店舗 | 2012/10/22 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/53500174

この記事へのトラックバック一覧です: 私は「I」の話:

« 朝から眠い | トップページ | どこでいつ付いた「J」話 »