« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011/09/25

新米の仕入れ

今年はちんけな旅行となっちゃいました。
去年は神戸、一昨年は韓国だったけど、今年は愛知県止まり、、
来年は30年だから、ドカンとブラジル辺りに、、、、(ちょっと無理か?)
でもどっかに連れて行きたいですね。

今回は、新米を仕入れに愛知県まで、行ってきました。
勿論、放射能はない「こしひかり」!
まだ古米が30kg残ってますが、新米が早く食べたいので一年分の240kgほどを仕入れてきました。
ま、ついでだからと、家内を連れて伊良湖岬まで行ってきました。
330
ちょっと高台にあるホテルからは眺めが素晴らしい。
沖を見ると、なんとまあ、造船所で引き渡しに立ち会ったあの船が伊良湖水道を抜けていくところでした。322

空気は美味しい、太平洋の潮風、空は青空、気分は最高ですね。

新米を食べると、流石に美味しい!
実家にも寄って栗も貰ってきた。
秋の味覚満載です。

ただ、今日帰ってきてから、黙々と栗の皮を二人して4時間ほど剥いていたら、疲れましたわ。
愚痴もこぼれそうですが、
包丁の刃もこぼれそう。

途中で一回、最後にまた、包丁の研ぎ直し、、
美味しい栗も手間がかかるんですね。

沢山剥いたので、一部は冷凍しようと思ってます。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011/09/19

今日は疲れてoff

先週は群馬の大泉で40℃、昨日も江東区大島で32℃
毎週末酷暑にやられてます。
でも、サンバって楽しい。

ブラジル人の多い大泉で、はしゃいで、バテリア特別賞。
238
食事は、勿論、ブラジルの名物 シュハスコ(牛串)!
飲み物はカイピリーニャ! カシャッサというサトウキビの蒸留酒とライムで作るカクテルなのだが、美味しい!
これで酔っぱらって帰ると夜遅い。
月曜日からは、だるい仕事の連続が始まる。

必死に仕事に打ち込んでいる最中は、何も考えないのだが、ちょっと他ごとを考えると、週末の楽しさがよみがえる。
頭の中にサンバの曲が、リズムが踊り出すのだから結構重症か?
(これはヘッドホンのせいだが)
朝夕、曲を覚えるために毎日聞いている、練習の一環です。

307
昨日は大島(おおじま)で2駅間をパレード、上下4車線の2車線を使って、楽しくパレード。 流石に大きな交差点では信号に従って、分断はされましたが、何人もの警察官に警備されながら、爆音も許される、気分は最高ですね。

今日は、疲れて、完全にoff!
明日の仕事のことを考えると、イヤになるが、しょうがない、明日になったらちょっとだけ気を入れるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/04

今日は防災訓練&...サンバでしょ!

9月4日は防災訓練の予定ですが、、、
この台風一過のなかで出来るかどうか、、きっとやるでしょうね。
すでに炊き出し用の米は買ってあるし、もう、洗ってあるでしょう。
タダ、グランドがグショグショだから、どこまで出来るか? 我々下っ端は、8時15分に集まって、何だ神田の準備にあくせくすることだろう。
9時からが本番だけど、明日はこれ以外の行事がある。
2日から続けて、代々木公園でやっている。
2日は雨で流れたが、3日は、やったようだ。
4日15時頃、私らのチームが演奏に出る。ダンサーも10人以上参加。
あいにく、私は練習量が少なく、しっかりアゴゴがたたけないので、今回はスタッフとして参加する。

代々木公園集合は12時半、防災訓練に最後までつきあうと、11時半でOUT!
10時には、訓練抜け出して、サンバへ直行だな。
イヤイヤ、地元の活動をないがしろにする訳じゃない。 10時ぐらいまでには大体が終わっているので、だらだらと、ゆっくり炊き出しのご飯を待つなど、出来ないでしょう。

代々木公園にはブラジルの報道関係者も来るそうだ。
本場ブラジルのサンバに負けるかも知れないが、日本のサンバ此所にあり!って訴えたいよな。
そもそも、サンバにしろ何にしろ、音楽や踊りって楽しむものだから、、、頑張って楽しんできます。

アレグリア!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

昔話 76 大陸見ゆ

もうそろそろかな? 昨夜の0-4ワッチの人から聞いたが、当直中に一度、レーダーを回したとか。
緯度と経度は判っていても、地球のどの辺りにいるか、よく分かっていないほど東に進んできている。 時計が狂っていたら、東に突き進んで西海岸に乗り上げてるだろう、、と思うほど、日本から遠くへ来ているのだ。
4-8のワッチで、東の方の空を見ると、なにやら雲なのか、山脈なのかあるようで、ないようなギザギザ。
士官に聞くと、もっと南東を示して「あの辺りに見えるはずだよ」という。
ヤッパ雲だったかと思う。 それほどくっきり見えた雲も、朝日を反して次第に薄れていく。

もうすぐ港だなと思うが、なかなか陸へ向かう進路を取らず、陸とは平行線で進んでいく。
そして、陸が見えたので、今日からは天測は中断。 朝はゆっくり飯が食える。
そもそも、朝の太陽を測ろうにも、水平線が見えずに陸岸が東側にあるので、高さが判らない。 南の緯度を測ってもあまり意味ないしなぁ。
ところで、陸岸が見えたのに、何で陸に近づかないのかな?

そして、ふと気がつく。
太平洋を渡りきったんだ! 多くはエンジンを使っての機走が多かったので、感慨は少し小さくなったけど、船と風、そして食料などがあれば、太平洋も怖くない。 なんと言っても、このだだっ広い太平洋を実感として掴めたのが嬉しいですね。
この感触、経験と自信、、これが航海士を育てる妙たる薬です。
四方を海に囲まれた日本が、堂々と世界へ乗り出すための教育として、「日本丸」「海王丸」の2隻の帆船があるんですね。 素晴らしい海事教育です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

昔話 75 運動会


5月5日はこどもの日であるが、日付変更線を超えているので、本当に5日で良いのかな?
ミズンマストの左舷ヤードに鯉のぼりがぶら下がって泳いでいました。 6日、鯉のぼりも下ろされ、船内では運動会を開催しました。 本当なら、今日は木曜日なので、課業という名の授業があるのだが、いつも、船内でゴロゴロしていると、健康にもよろしくないと言うことで、本日は運動会!

圧巻は乗組員との「綱引き」、体のなまっている学生と、職員を含めた乗組員で引き合う。若干トリムが付いてはいるが、ピッチング(縦揺れ)の時に合わせて引き込むタイミングが一番肝要。それと乗組員は地下足袋!これはずるい。学生のデッキシューズより摩擦力が大きいから、結局負けてしまった。

その他剣道に自信がある人は、トーナメント戦で試合をする。 これも踏み込みのタイミングで勝負が決まる。 一番つまらないのが、マラソン。 ただただ、舷側から船首尾をぐるぐる回るだけ、走るコツは、これまた船の揺れに合わせて体の左右バランスを保つこと。
船の上の運動会だから、船に合わせたもの勝ち。

 こんな運動でもしないと長い旅では、体がぶよぶよになってしまう。 健康のためには大切な運動。 
宇宙ステーションでは、重力がない分、よけいに汗を流すそうだ。 
でも、船の場合、汗を流した後に、美味しいビールが待っている。 これは流石に宇宙にはないだろう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »