« 転籍 | トップページ | 次は »

2010/09/26

息子が帰ってきた

長旅から、息子が帰ってきた。
一人で、初の海外旅行。
一皮むけて帰ってきたようだ。

成田まで、車で迎えに行ったが、何でこんなに遠いところに空港なんか作ったのかな?
と思うほど都心から遠い。
これでは、国際線の競争力が問われるのも、あれだけ闘争があったのもうなずける。

それはさておき、
土産で嬉しい、ルンバ(丸いロボット掃除機)が我が家についた。
説明書を読んで、日本語モードに切り替えた。
自動で掃除して廻り、充電のために帰ってくるとは、ホント嬉しい。
あの中にどんな頭脳が入っているのか、感心してしまう。
Roomba

|

« 転籍 | トップページ | 次は »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お坊ちゃまの無事なご帰還、おめでとうございます。
お迎えにいらっしゃるのは、偉い。
奥地にいると、成田だって、羽田だって…、茨城だって、大してかわらないんです。どこに行くのも不便で…。(それ以前に、飛行機が怖いし…)

知人が、ルンバが欲しいと…。夜中に勝手に掃除をしてもらいたいとか…。
掃除の仕上がりはどうなのでしょう?

投稿: ELK | 2010/09/27 16時27分

ELK<ルンバ(バにアクセント)は、そこそこ目に付くゴミはとってもらえます。
ただ、音がうるさいので、お客が来た時のデモには良いですね。 基本は留守中でしょう。

向こうでは$299だったようです。
まだまだ日本では高いようで、、、
かなりの言語に対応してますので、日本語モードで音声をださせています。

投稿: Samson♪ | 2010/09/28 06時50分

無事の御帰国、よかったですね。
ルンバはなかなかスグレモノだが、
いかんせん価格が…。
親戚の者が買い求めましたのが、
偽物ルンバ、
ちっとも役にたたないと捨ててしまったそうです。
やっぱり、本物がいいらしいようでございます。

今度、成田は減便になります。
羽田に滑走路が増設された?
それができないっつって、
あれだけの反対を押し切って
成田を作ったんじゃないの?

投稿: (=^・^=) | 2010/10/03 21時21分

にけねこ<あの地見ん党が勝手に決めた成田、、道路や鉄道などの工事、付近の地価上昇、その辺が狙いだったのでは?とおもいます。

投稿: Samson♪ | 2010/10/04 06時24分

空港がなければ…
なーんにもない、
静かでのんびりした所なんだろーなー、
と思いました。

成田空港の是非はともかく
発着陸する飛行機を見るのが
何故か好きです。
港で船を見るのも好きだし。
船の場合は飛行機ほど頻繁に出入りはありませんが。

船は簡単に乗れないけど、
今度はちょっくら飛行機で出かけようかな、
と思っております。
(国内ですよ!)
しかし、今、
そう考えただけで
新幹線の便利さを痛感しました…。

投稿: にけねこ | 2010/10/06 07時21分

にけねこ<速度が速いと、あっという間に見えなくなります。
あっさりして良いかもしれませんが、船ならなかなか見えなくならないので、ゆっくり感動を感じていられます。
ゆったりとした時間、今我々に欠けているのがそれなんでしょうね。
飛行機でそんなに油を使わなくても、、、
綺麗な海と空、陸を子供達に残したいです。

投稿: Samson♪ | 2010/10/06 16時13分

ぞろぞろと人が乗り込み、
じゃばらが離れて、
ランプが点滅し始め、
機体がゆるゆると下がり、
向きを変えながら滑走路のはしへ移動、
助走に入って少しづつ速度を増し、
車輪が地面から離れる瞬間、
ゾクッ。
彼方の点となり、
完全に視界から消え去るまでは、
思いの外時間がかかるものでございます。
何故、空の港というのでしょう。
飛行機はship、
乗員はcrew、
雲海などという言葉もございますね。

投稿: にけねこ | 2010/10/10 18時38分

にけねこ<そら~、空の玄関口ですから、ちなみに、飛行機に右側の出入り口がありますが、それは緊急用。総て左側から昇降します。
それは、船と同じように左舷側(ポートサイド)と呼んで、港(port)側になるんですね、、、その左は当然「港」となります。
また、離陸の時は加速度が0.2G位でコンスタントに加速しますね、、、、、、、着陸の時が、一番怖いです。

投稿: Samson♪ | 2010/10/11 00時53分

船は乗船、これはわかりやすい。
飛行機は搭乗、でございます。スペースシャトルなんかも搭乗。
英語ですとboardingで、
これは船の甲板を意味するのではなかったですか?
ちなみに宇宙船、などと申しますね。
大海原も宇宙も人間からみれば
果てしなく広がる…三次元の世界。
いや、四次元かも。

投稿: にけにゃ~ん | 2010/10/11 05時34分

にけねこ<私もよく知りませんが、確かに旅客機ではboardingと言いますね。これはdeck甲板があるためかなと思っております。
で、戦闘機はどう呼ぶのかな? Riding or Boarding?
間、どっちでも良いですが、ね。

それから、船は水面上しか動かないので、潜水艦を除けば二次元の広さでしょう。
道路や鉄道は、ネット網になっていますので、1.5次元かな?

我々の人生は、、、、二次元以上であって欲しい。
いくら何でも「人生一本道」だとは言われたくないですね。=^_^=

投稿: Samson♪ | 2010/10/11 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/49571855

この記事へのトラックバック一覧です: 息子が帰ってきた:

« 転籍 | トップページ | 次は »