« きせい 発声 | トップページ | まだまだ暑い、熱い »

2010/08/21

昔話 72 漁

帆走していると、スピードは精々速くても8ノット程度、時速で言うと15㎞/hであるので、船の後に釣り針を流している。 餌はなしで、疑似餌を使っている。 あまり遅いので、、マグロはかかりそうもないが、翻車魚(まんぼう)なら、スピードが手頃だそうだ。
食べて美味しいと言う翻車魚を期待する。
ある日掛かったのは、残念ながら「シーラ」。
大きさは1mを超え、10㎏以上はありそうで、早速ウェルデッキ(船の全部の凹んだところ)に持っていき、頭を金槌でブッ叩き、そしてやっと息の根を止める。
すると魚の色が濃い青から虹色に変わり、最後には緑色に変わった。 
その日の夜には食卓に並んだが、、ちょっと臭みが強く、皆さん遠慮気味である。 案の定、翌朝にも残っている。
わさび一杯つけても、美味くないんだね。

かといって、美味しい新鮮な魚を積んでいるはずの漁船とは、近づいてきても、接触せずに追い返す。 洋上では、トラブル発生の元ですから、他の船とは接触しないそうだ。
ひょっとしたら、海賊かも知れないしね。

やはり食料は冷凍庫からの補給品に頼るしかないですね。 毎朝、ビタミンC補給のためにトマトジュースが出てくるのだが、これが飲めなくて、辛い思いをしていた。これが嫌いなのは俺一人?
脚気などの病気にもなっていけないので、なんとか飲もうとするのだが、、、、流石私は貧乏人、他の人にあげるのがもったいなくて、帰りの航海には、飲めるようになったんですね。

|

« きせい 発声 | トップページ | まだまだ暑い、熱い »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

ふむ…、
トマトジュース!
苦手な方、多いかも、です。
にけにゃんもだいたい、
トマトを嫌いです。
いや、嫌いでした。
今では嫌いなのか、
そうでないのか
わからなくなりました。

投稿: にけにゃん | 2010/08/23 11時21分

にけねこ<トマトは好きです。 それもメッチャ。
だけどジュースになった時風味もない、塩味がする。
これは人間が飲むものじゃないと高校生の時感じました。
濃縮果汁還元ではなく、そのままをいただきたいもの、、、ましてやトマトの美味しさを知っているから。
だから行きの航海では、頭の中のトマトの味のイメージが邪魔して飲めなかったです。

投稿: Samson♪ | 2010/08/23 23時35分

トマトジュースには塩分が
結構な量、含まれてますにゃん。
にけにゃんに言わせれば、
にけにゃんの
トマトの特に好きでない部分、
を凝縮したのがトマトジュースでございます。
でもにけにゃんは、
どちらも食します。
体にいいと信じておるから、
それだけの理由で。

投稿: にけにゃん | 2010/08/25 23時07分

にけねこ<あの時は、ただただ「もったいない」という感覚が先でしたけどね。

投稿: Samson♪ | 2010/08/26 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/49213550

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 72 漁:

« きせい 発声 | トップページ | まだまだ暑い、熱い »