« 壊れてしまった。 | トップページ | 昔話 71 スターサイト »

2010/07/04

学食、ショック

学食!
それは、この年頃の旦那には、魅力溢れるものなのだ。
外食ランチは滅多にしないので、心躍らせ、大学の門をくぐった(門がなかったけど)
目指すは3階のカフェテリア。

メニューを見ると、冷麺があるではないか!
本場でも、食べたことがない冷麺を日本で食べる。
にこにこしながら、トレーを取って、学生達に並ぶ。

しかし、「本日冷麺はやってません」の張り紙。
がっくり来て、その隣の「釜玉うどん」をたのんだ¥302円、、
チョッと足りなそうなので、大盛りに、
ついでだから栄養を考えて豆腐とほうれん草を

出てきたのが、これ大盛りかな?
ま、小ライスにみそ汁もつけて
締めて¥618
002

それでも、安いわ~。
窓の外を長めながらの食事はいい。
太いうどんが、汁と卵に絡んでうんうん、つるっと入っていきます。
チョッと揚げ玉がカリッとして邪魔かな?
最後はご飯とみそ汁を、、、、、、、

実はこのご飯、麦飯なんです。
久しぶりの麦飯に、思わず手が出たのが、本音。
この後の一仕事を終えた時の麦汁を考えると、先に麦いただいていた方が健康的ではないか!

この大学のHPの善し悪しを議論して、夕方、みんなして有楽町に出かけました。
♪有楽町で会いましょう♪?
誰と?
ひろこさん(男)とも合流
7オフ会である。
鼻の下をぼかしましたが、女性にワインを注がれて嬉しそうな旦那です。はい。

|

« 壊れてしまった。 | トップページ | 昔話 71 スターサイト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

麦の汁でございますか?
んなものでだまされないざます。
とまあそれはよいと致しまして、
にけねこの子供の頃、
にけねこ父は麦飯党で、
体にいいからと麦が混ざったご飯でした。
にけねこ母の実家には
秋田犬が二頭、他(忘れた)一頭おりました。
お手伝いさんがいつも麦を
お犬様の為に炊いておりました。
にけねこは麦飯を好きだったので、
お犬様が羨ましかった…(爆笑)

投稿: にけねこ | 2010/07/05 23時56分

にけねこ<お手伝いさん?
すげ!

押麦を入れたご飯をよく食べましたが、あちらの方が味があって良い様に思えましたね。
ただ、寿司にはちょいと合わない気がしますが、良く噛むのなら、やっぱり麦ご飯が好きです。

投稿: Samson♪ | 2010/07/06 23時54分

祖母のうちには、
通いのお手伝いさんがいました。
朝、やってきて(一応出勤?)、
掃除、洗濯、買物…、
人間からお犬様のお食事の支度まで、
曾祖母と一緒にしてました。
おばあちゃんは開業医で、
午前中と夜は診察、午後は往診、
と家事にまで手がまわらなかったのだと思います。
伯父の歯科医院で働くスタッフの賄い
とかもありましたから。
懐かしい思い出です。


投稿: にけねこ | 2010/07/07 23時33分

にけねこ<開業して働いていらっしゃったとは、それなら納得です。
立派な家柄だったんですね。

投稿: Samson♪ | 2010/07/09 22時59分

家柄って…
母に因れば
「別に“普通”だと思う。」
だそう。祖母に関しては
「家族の為に死に物狂いで働いた、
本当に苦労の多い人だった。」
なんだかんだ申しましても
女が一人で生きるのは、
いつの世もたいへんでございます。

氏の御母上様の御苦労も
いかばかりであったかと…
想像もつきません。
けれども
良い息子に恵まれて、
幸福を感じていらっしゃったのでは?

投稿: にけねこ | 2010/07/10 07時33分

にけねこ<目の当たりに見ていると、その苦労がひしひしと伝わってきますよね。女性が家事と仕事を両立させようとしたら、相当苦労します。
私ら兄弟も、ご飯は自分で作ってましたからね。

投稿: Samson♪ | 2010/07/11 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/48797694

この記事へのトラックバック一覧です: 学食、ショック:

« 壊れてしまった。 | トップページ | 昔話 71 スターサイト »