« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/31

昔話 70 天測

「てんそく」という風習が中国にはあるそうだが、船上には天測というお務めがある。、星・太陽が同じ高さに同時に見えるのは、地球の表面上では一定の線になる。 そして、この線が2本以上交差する所が、船のいる場所である。
でも、同じ高さってどう測るのか? それは、水平線から太陽や星までの天体の高さ=角度として測るのである。 特異な例として、北極星がある。 北極点では真上(90゚)、赤道では(0゚)
ここで問題となるのが、時間である。 太陽や星などの天体は24時間弱で地球を回っているので(そのように見える)、時刻が違うととんでもないことになる。 私はまだ一度もないが、陸上を航走させた人がいる(計算上)らしい。
多分これは作り話だとは思うが、天体の位置(日付)を一日間違えれば、経度で約1゚≒大阪~名古屋位違う。が、計算の途中で、数値が大きくかけ離れるので、判るはず。 かくいう私も、この作り話をちょくちょく広めている、、=^_^=。

さて、天測も太陽で行うものと、恒星で行うものの2種類あり、惑星・月などは誤差が大きくてあまり使わない。
太陽は、朝方、東の方に太陽がある時に高度を測り、お昼に、南または北の方向で高度を測って、数時間の間をおくことで方向を変えて位置を出す。おおむねの速度が判っているので、数時間後でも、推測位置のずれは少ないものと判断している(鈍い船足なら尚更)。
恒星で行う天測は水平線と星が同時に見える、朝夕の一日2回しかチャンスはないが、数分の間に4~6の星の高度を測れ、位置を算出しやすい。

この天測の時、細かい秒まで測る時計が"クロノメーター"と言われ、毎日ゼンマイを決められた回数だけ回している。 また、高度を測る機械が"六分儀(セクスタント)"で、鏡によって、星の見える角度を水平方向まで、光を反射させ、水平線と比べることで角度を測っている。 勿論太陽を測る時は、途中にサングラスを入れて調整しますよ。

天測の計算結果はノートにして、毎回士官の結果と付き合わせる事になり、計算時間と正確さ、それに天測回数も求められる。 
朝昼は3/O、星測は1/Oの担当が多かったかな。 毎回、士官も同じ計算をするので、学生に負けるわけにもいかず、大変だなぁ、、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/30

ケッタ とは

久しぶりの休日
出かけようと思ったら、ケッタがパンクしているのを思い出した。
我が家のケッタ2台ともである。
どっちかは、チューブもだめかなと、先にチューブを買ってきた。
なくなりかけた接着剤とあわせて、、、

自転車のパンクが後輪だとチョッとイヤになる。
チェーンやら、あんだかんだでやりにくいのだ。
1台はバーストしてると思い、チューブを買ってきたが、開けてみるとたいしたことはない。
2台とも同じサイズで、後輪で、覚悟したシャフトの分解は必要なかった。
一台は、痛みもかなり酷いので、これを最後に次回はチューブ交換間違いなしだろう。

006


自転車屋へ持っていけば1台1.5~2千円はとるんじゃない?

器用貧乏と言うが、チューブが680円で接着剤が120円
部品代だけなら安いのに、、、

ここで修理のコツ!
1.接着表面はヤスリで表面を良く荒らすこと
2.糊を良く乾かしてから パッチを当てること
3.パッチを貼り合わせたら、良く叩いて密着させること
4.疵付けないようにチューブを入れること005


そして、+ 愛想が良ければ、自転車屋さんの資格ありだね。

ちゅーぶ 辺り地方では、自転車のことは「けった」と呼ぶ
ペダルを蹴ってたおすところから来てるらしいが、関東で言う「チャリ」より生活感があって好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/29

ここ数日の忙しさは?

最近仕事がキツイ、
仕事が遅いと言うこともあるが、元来細かいことは気にしない質なので、
細かく言われると腹が立つ。

そしてここは、とあるビルの16FA519nedo

漫画にも載った所なので、場所は××
上から見ると見晴らしが良いんですよね。

この近くには、昔の本社があったので、良く来ていたが、ここは遙かに素敵な場所に思える。
だが、仕事は、
ねっちり、、、
よく、銀行の仕事は1円のミスも許されないと言うが、ここはそれ以外にも基準があるようだ。
一言一句間違えないように、、、、やってられネェド。

やっと、数字を合わせて今日×○◇を送った。
担当の女の人から、また電話で呼び出されなければいいが、
あっちこっちの訂正は、お金を貰うためには仕方ないですけど、こんな事に力を使っていて良いのだろうか?
何かむなしい気がする。
元は税金だから、慎重に使わなければならないが、こんなに労力を無駄にするなら、小さな会社はやりたくないはずだ。
結局 大会社に金が流れる仕組みですね?

ぁあぁ、眼が疲れて、痛い。

今夜は遅い夜の春雨が頬にあたり、まぶたの熱も取ってくれたので、少しは和らいだ。
明日の仕事も眼が疲れそうな気がする、そんな思いで布団に潜り込む。

そして昨日一日、ビクビクして過ごした。
木曜の夕方に訂正した文書をメールして、どんな訂正が来るのかヒヤヒヤドキドキもの。
会社の電話は、どこに居てもダイレクトに繋がるPHSだから、会議や応対していても、椅子に座ってなくても、便座に座っていてもかかってくる。
その個室にいる時もかかってくるのは拒めないので、応対するが、堅いものが引っ込んでしまうんですね、一時的に、、、
だから、我慢しながら、出来るだけ机の前にいるようにした。
分厚い書類を目の前に置き、スタンバイして他の仕事をする。
それはかかってきた時に、何の何頁に◇◇◇◇があるよと指摘を受けたら直ぐ答えが出せるように、、。
電話をかける方は、当然私がその仕事に即答できるものとしてかけてくるから、、、、
こちらは、補助金を貰おうとして頑張っている身だから、、、
木曜日は、有効数字を直し、誤植を直し、業者の印鑑がなかったので、メールでコピーを送って転送したり、、、。
金曜日は、、、、、ない!
言われたらと 気をもみながらの数字あわせの仕事は、やはり捗らない。

実は、メールで送ってもらった業者の印鑑付きの書類、私が印鑑を押すところがあるんだよね。 言われたら、郵送で送られてきたものに、印鑑ついて、送れば済むが、それを言われるのかな?と心配すると、落ち着かない。

無事一日が過ぎたが、まだまだあるぞ、この仕事。
何せ、相手は「仕分け」の対象になったらヒヤヒヤの「独立行政法人」ですから、、、
細かいところも、五月蠅いわけですよ。
CDでのファイルや、メールなどで便利にはなったとはいえ、全ての書類が完全で、証明書や印鑑がないとは、、、、やはりお役所仕事ですわぃ。

で、
一番嫌いなこと、、、

日本だから、何故日本のソフトを使わないのかな?
漢字変換なら「○太郎」のA徳、あそこでしょう?
ファイルも あそこので良いのに、、
変換の悪い「|ME」、画面と印刷字面が違う「×ル」、点がいくつも並んだり、小文字のiがあると、勝手に変換するなど、信じられない。
「ワー、どうかしてるよ」と叫びたい。

ちなみに、サムが最初から作る文書は、制約がない限り「○太郎」だし、
表計算は、細かい色使いの綺麗な「ロー+」をちょくちょく使います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/20

仕事帰りに、寄り道

火曜日は、しばらくの間、한국발の勉強で夕方拘束される。
終わりに近くなった時、娘から電話があった。

で、娘とデートした

ま、一緒に飲みに行っただけだけど。
あれこれ五月蠅いから、ちょっと高級なお店で、、
http://www.tribeca.cc/shinagawa/index.html
ちゃっかり、ボックスシートを選ぶ娘
流石、親のスネを囓る時は、良いことするわ。
テーブルチャージって高いんだぞ、、、

本日はワインボトルが半額だからと言って、
親父もつい飲んでしまった。

久しぶりに親子の長い会話。
そしてもう一本

十分会話も楽しんだが、

レシートを見て、
給料日まで、何処にも飲みに行けないわ、こりゃ

心浮き浮き、財布が軽く、

頭ヅキヅキ.....

品川なんかで飲むんじゃなかった。
後の祭りである。

どうせ会話を楽しむのなら、韓国語でか? まだ無理です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/05/16

サメ場所、サメ時間

金曜日にあった 会社の発表会
グループ会社全体で、仕事内容の改良などがテーマの発表会で、素晴らしい発表をした活動グループには△+万円の報奨金が、現金で出るので、みんな張り切っている。

発表が終わった後に、役員8人で点数を付け、賞金が振り分けられていく。 1・2位辺りはちゃんと点数で決めているが、賞金を出すか出さないかのギリギリのところは、発言力の大きさが運の分かれ目、△諭吉がもらえるかどうか、それはそれは重要なところである。 点数の確認作業担当には、ちょっと目にしたくない。 現実に分厚い「金一封」が眼に痛い。

点数付けが終わると、役員は懇親会場へ行って、(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイである。
総勢150人前後が狭いスペースにぎっしり、立食パーティである。
勿論順位発表は後の後にのばされるのですから、皆が、酒・ビールを飲んで、楽しくぺらぺらしゃべっている間、こちらはじっと黙ってますわ、(#^.^#)、 しかし食べてはいますが、、、、

さて、発表が終わる頃には、普段顔を合わせない人たちとも、仕事の話やら、噂話、ある事無いこと話が舌好調。 
そうこうするうちに、最近何とも不思議な「中締めの一本締め」=閉会、があって、お開きになった。
飲み会が終わっても、仲間とは飲みたいもの、厭な上司とは別れ、、数人が固まってコッソリ抜け出す。

N君にも声をかけたが、どうも同行している役員が気にかかり、土壇場で分かれた。 
とは言っても、東京方面へ行くことには変わりなく、同じ電車の別の箱に乗った。 そこで彼らの姿を見失った。
途中駅で、別の電車に乗り換えて、K君の勧める駅で途中下車し、同行の数人で飲みまくった。 愚痴を聞くのが仕事の一部かな?と思いつつ、しこたま飲みました。

そろそろ、時間も遅くなったので、地下鉄で帰るK君と別れ、2人でJRの駅ホームに上がると、、、
なんと、先ほど分かれたN君と一緒にいた役員とバッタリ!

え、こんな所で そっちも途中下車して飲んでたの?

そうか、ここは、人が集まる「錦糸町」、
飲んでいた場所、時間量も同じという偶然もありかな?
Same Place、Same Time (サメ場所、サメ時間)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/15

昔話 69 機走

帆走では風上に切り上がって行けないので、向かい風の時は苦労します。
そんな時は、奥の手、、、そう、2台のエンジンを使って、プロペラで走るのです。

特に今航は、ある目的があって行く場所があり、その期日が迫っている関係上、船の速度は重要な要素、同じ所にとどまっているわけにはいきません。
現在では、ギネスに載っているそうですが、国産初の池貝式600馬力×2台は、向かい風の強い時で3ノット近くの速度であり、前に進むだけで立派なものである。
いくら帆を畳んだとはいえ、相当な風圧抵抗となっている。 その証しは、たまに風向きが横になった時、7ノットほど出ていたので、その差は歴然と判る。

当然、当直も帆桁回し、トリム調整などもなく、船尾の帆走用の舵輪ではなく、前部の機走舵輪で舵を取るので、舵当番は一人で十分である。
そして当直が人数的にかなり楽になるので、洋上で全員が参加できるようなリクレーションを行うことになる。
どうも当初の計画からあったに違いない。
このゴールデンウィーク中の目玉行事の運動会である。
剣道の勝ち抜き大会は場所が狭く、面をとりに踏み込む時、船の揺れがあったりすると、そこをすかさず、胴などが抜かれる。
ロープはたくさんあるので、綱引きは必須ですが、なかなか太いのが余っていないので、ちょっと細めのロープで行う。 当然ながら、トリムのついた船尾側が勝利。くじ引きで、船尾側を引いた方が勝利するわけだから、くじ運の強い班が優勝である。

何か運動会と言っても、体力を使わず、運任せの勝敗、空の下、、、機走天蓋?
帆走というとのんびりした感じで、機走というと忙しない感じであるが、実際は、機走はのんびりとした当直実習であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/14

한국

한국말
入力が難しい韓国語
さて、来週からまた、講習を受けることになった。
場所も少し変わって会議室でするようになったが、先生は前回と同じ人。

선생님, 잘 부탁드립니다!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/11

コットン

日曜日、納骨した。

小さな骨壺に収まった母は、墓石の前にある小さな入り口は、骨壺が通るのはやっとの大きさ。
そこで、兄弟で考えたのは、手ぬぐいで包もうというもの。

坊さんが家に来てお経を唱え、
その後、墓場に着いて、用意していた手ぬぐいを見ると、
桐の骨箱から、壺を取り出し、
そこに手ぬぐい(コットン綿製)を広げると、壺の中のお骨をぶちまける。

そのまま、墓石の奥に、骨を包んだまま入れて納めた。

父はその下1mの所に埋まっているので、後数年もすると、
骨は父と同じ土と一緒になる。

後から考えれば、こちらの方が理にかなってる。
土葬の父の後、40年以上して、やっと一緒になった。

父も待ちくたびれていたな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/05/04

安近短で、千葉に

長男が高校受験以来だから、9年ぶり?
家族旅行に行きました。

大の大人が家族旅行もないのだが、そこはそれ久しぶりに、
娘も就職したし、ちょっとは金が使える。
だが、「安近短」 近場で済ますことにして、楽○を検索したが、
伊豆は高いから、千葉にした。
それも房総半島の南端近くの温泉宿。名は「ホテル瀬戸○」
朝、子供達をたたき起こして、久里浜に向かう。
人と同じルートを撮らないのが へそ曲がり。へへへ。
ゆったり船旅を楽しんだが、ぐるっと回るのとほとんど変わらぬ時刻に、
A50303
目的地の一つ「○ザー牧場」へ、空いてました!
渋滞など関係なく、駐車場も楽々入れる。

ここで、イチゴ狩り、乗馬、などを楽しんで散歩していると、どんどん時間が経つ。
A50314A50353「羊の大行進」なるアトラクションは圧巻である。
意外や意外、お子様向けのモノばかりかと思っていたら、結構大人も楽しめるではないか?
「バンジー」も子供達はやりたがっていたが、親父は、「・・・・・・・・」
オィ、2千円もするぞと脅して、息子は飛んでも、親父が飛べないと言う事態だけは避けた。
「こぶたのレース」も面白い。
結局スケジュール変更で、ここで3時頃まで過ごすことにした。
宿だけは押さえた、ぶらり旅の良いところかな?

帰ろうとしたら、「○ザー牧場」へ入場する車で大渋滞である。
皆、人の不幸を見て、自分たちの幸運さをほくそ笑む、ラッキー!
ただ、竹岡駅の近くで、気になるラーメン屋を見つけた。
なんと4・50人ほど並んでいる!(←次回の調査ですな)

A50359その後、野島崎の灯台を見て、すぐ脇の神社に奉納されているものを見て、子供達とにが笑う。

海岸際の宿には、5時過ぎについた。
外見はぼろい宿、名は「ホテル瀬戸○」
どうも家族経営の宿のようである。<○に入る漢字はひとつ>

A50367
夕食は豪華であったが、仕出しかな?と思った。
のんで、そのままバタンQ。でも
蚊のせいで、睡眠はあさかったかな?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

翌日は早めに出るが、子供達が交代で運転してくれるって、嬉しくなるね。
奥方様はヒヤヒヤモノだったらしいが。
何せ、すれ違えないところもある山道も通って行ったからね。

目指すは、養老渓谷。
3週間ほど前に、サスペンスドラマで、人が殺された場所。
って、どんな所?
A50475


緑と滝があって、フィトンチッドに包まれた、流石自然の中。
(安房)養老の滝を散策し、サスペンスでの殺害現場も発見(#^.^#)。
W稲田とかのヒッチハイカーを尻目に振り切り、久留里城へ向かう。
ヒッチハイカーの段ボールの行き先表示は昨日のマザー牧場ばかりだったから、、、、。

高低差90mほどであるが、老体にはキツイ勾配である。
A50485子供達は、丁度、資料館でやっていた鎧武者姿コーナーで、武者に変身。
鎧を付けると、流石立派な姿になる。

A504a5遅い昼食をラーメンで済ませ、、、意外といけた。
空いたアクアラインを抜けて帰った。

文章で書くと簡単だが、2日間でどれだけ歩いただろう?
四万歩?良い運動にはなりました。

子供達に喜んでもらえたのが最大の収穫です。
奥方にも、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/02

華金の後で

GW前、なんとか仕事が速く終わった。
時間は6時過ぎ、いつもは残業で7時過ぎだもんな。
そこで、いつもとは違う電車に乗り込む。
通い慣れたとはいえ、遠い。
たっぷりの缶ビール大2本の距離である(←どういう測り方?)

駅から歩いてちょっと。。。あるお店が目当てなのだ。
今夜は、どんな人か判らないが、
A4300
「柳沢マーヤ&小泉明子」と農家カレンダーに載っている。
のっけに流れたのは、あの「バートバカラック」のインスト
♪良いですね。
酒を飲みながら、こういう曲を聴くとホッとします。

ただ、ビリージョエルの「素顔のままで」は、母を思い出し、
涙がこぼれてしまって、とても前を向いていられなかった。

偶には泣いてもいいか?
おしぼりで眼の汗をぬぐって、気を取り直した、、、。

あ、またボトルの中身が蒸発している。
しょうがないから、もう一本か?
新しいボトルは、今までのボトルより20ml多いんだよな。

で、ふとカウンターの奥を見るとキープのボトルが少ない。
お客さん減ってるんだな、、ちょっと寂しいね。
頻繁に来るには遠いお店、「農家」
また立ち寄りますから、、、

さて、1日は映画の日、
「9地区」と「シャッターアイランド」を見てきました。
9地区のエイリアンは面白かったね。
でも、シャッターアイランドは1時間ほどで、謎が判っちゃったので、残りはただただ長いとしか感じませんでした。 ハィ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »