« さらば、女性のその、、、 | トップページ | 咲いた、咲いた »

2010/03/22

昔話 67 時鐘

時は鐘なり?

船の当直は4時間ごとに交代である。 三直では一日の間に2回8時間の休みがあるので、睡眠時間も、そこそこ取れるが、育ち盛りでは眠いこともある。 当然、当直30分前には、全直の人が起こしに来るし、当直が終わっても巡回などに時間をかけると、一度に取れる睡眠は、7時間を切ることもある。
今回は東西に航走するので、毎日船内の時間補正をする。 東に行く時は、毎日太陽が昇るのが早くなるので、午後に時間を何分か進める。 日付変更線を超えると、一気に一日延ばす。 そんな時間調整が毎日ある。 どんな腕時計も、こう毎日時間を変えていたら、今が何時何分なのかよく判らない。 当然、船内時間に従って当直交代やら、食事の時間も決まっているので、そちらが優先される。 毎日グリニッジ時間を計算しているわけもいかず、面倒なので、腕時計ははずしたまま。
さて時刻を知るにはどうするか?

帆船では、毎30分ごとに時鐘を鳴らすのだ。 余分なエンジン音もなく、波が船体を叩く音を除けば、鐘の音はよく響きます。
ただ、鐘をコツンと叩いても時間が判らないので、当直交代後の最初の30分で鐘一つ、
1時間で二つ、1時間半で三つ、、と増えていくが、数を数えやすいように、2個ずつまとめてカン・カーン、 カン・カーンと叩くと(この場合は2時間)何時かが判る。
どの当直も八点鐘で、当直交代となるが、夕方の4-8(16:00~20:00)の当直だけは、鳴らし方が違う。

18時の4点鐘は普通だが、18時半の5点鐘は1回しか鳴らさない。19時半には3点鐘を鳴らし、20時に一気に八点鐘を鳴らす。
これは海の悪魔?海神?が、船を夕刻に襲おうと考えて近づいてきたら、1点鐘しか鳴らないので、まだ時間が早いと思い、夕方の闇を待っていると、急に20時になって、襲うタイミングを逸してしまい、スゴスゴ帰って行くという言い伝えがある。

多分、夕食時に時間を取って交代で食事する時の慣習からだとは思うが、海のロマンを感じさせる逸話ですから、信じている振りをします。

さて、私の人生の八点鐘は、いつ鳴るのだろう? 次は4点鐘と思っていたら、急に八点鐘が鳴ることだけは避けたいが、、、、、いまだに、まだ4点鐘が鳴ると思っています。

|

« さらば、女性のその、、、 | トップページ | 咲いた、咲いた »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

ハハハ…、大学5回生はやっぱり、
育ちざかりなのかなぁ…。
(ρд-)zZZ眠いのは、
うばざくらも同じでございます。
ただ、
眠くて(身体的に)眠れるか、
眠いのに眠れないか、
の違いはございますです、ハイ。
さすが“海の男”はロマンチックなのでございます。
船を襲う海の魔物は、
実はこの世のものとは思えぬ、
妖艶な美女でございます。
三つ又の槍を持ったポセイドンや、
ネプチューンとは似ても似つかないのでございます。
女は魔物と申します。
それもやがてはうばざくら…( ̄▽ ̄;)

投稿: にけねこ | 2010/03/22 11時55分

にけねこ<妖艶な美女奈良、大歓迎ですが、うば桜はちょっと、、、、てなことは言いませんよ。
心で思っていても。
女は魔物、、、それは当たっているかもネ。

投稿: Samson♪ | 2010/03/22 18時46分

ふむ…、
若ければいいというものでもないのでしょうか?
海の魔物は何百年、
いや何千年も生きてるかも。
うばざくらどころではございませんね。
やはり、歳相応がよろしいのでございます。(^m^)

投稿: うばざくら | 2010/03/24 23時03分

うばざくら<海の魔物の住むところは、本当は心の中に住んでいるんじゃないかな?
心の中に何年もゆがんだ心が巣くうと、それこそ魔物ですね。

投稿: Samson♪ | 2010/03/26 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/47872706

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 67 時鐘:

« さらば、女性のその、、、 | トップページ | 咲いた、咲いた »