« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/28

昔話 68 日付変更線

昔話 68 日付変更線

出航して約2週間、かなり順調に快走している。
GWに入った途端、西半球にも入った。 西半球は2回目であるが、今回は完全に「日付変更線」を跨いでいるので、変更線と言いながら、変更した。76_0014
変更すると、もう一度「天皇誕生日(4/29)」をやってくれるのかな? いやいや、4月の30日を二回続けるだけで、休日を一日増やしてくれるわけではない。
船上でも、休日は休日。 当直の当番でなければ、課業(授業)はなく、日がな一日、本を読んだり、その他の自分のことが出来る。
赤道通貨の時はセレモニー(赤道祭)があったが、日付変更線を超えても特に目立つような事はない。 
そして5月に入って、帆走もチョロチョロと、東に向いて進んでいる。
舵輪当直中に、ふと上を見ると、風向きを見る小さな吹き流しの上方に、何やらひらひらしている。
それは、鯉のぼりのようだ。76_0016
うほほ~ぃ、スパンカーの上のガフ(縦桁)に「鯉のぼり」が上がった。それも四匹も。
長い航海、何かで気を紛らわせないと、狭い船内では、同じ顔と目を付き合わせ、やりきれなくなる。
鯉のぼりは、そのアクセントの一つ。
5月5日まで、この鯉のぼりは空を泳いでいた。
76_0015


そして、鯉のぼりが見えなくなった時、船は深く西半球に入り込んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のBBQ

寒中、暖(談)あり、酒アリ=^_^=


昨日は、朝のうち曇っていたのに、昼前から晴れ始め、BBQ開始の1時頃は
天気はピーカン、気温は鰻登り、冷えた缶ビールは最高に美味い。
桜もボロッと開きました。

例年、この春休みの時期にBBQをやっているが、今年はTさん家族、Oさん家族も来られず、ちょっと寂しくもありましたが、開催。
来週は「さくらまつり」を目の前でするし、その手伝いに駆り出されているので、日付がバッティングするのは非常にまずい。 で、仕方なくこの日にしたが、前日までの寒さで、桜の開花はイマイチ。
家の前の桜もまだ2分咲きといったところ。

BBQと言っても呑兵衛の集まりだから、焼ける肉・魚より飲む量が多い。
ビールが2打半、シャンパン1瓶、ワイン3本、マッコリ1本。
これを5人で整理するわけだから、いやはや。
食欲が進まないから、肉が一杯余ってしまった。
魚介類は新鮮さが大切なので、サザエや鰺は早めに焼いたが、ホタテが焼き忘れで2個残ってしまった。 こりゃ日曜日の夜へ回して、、と
最後は、焼きおにぎりを作って、、、

夕方、火も落ちてきて、室内に移動し、宴会の続きを、、、
2年の女の子は食べ疲れか、ソファで寝ているので、静かに騒いでいました。

ここで、一つ発見、
ヱビスビールと、アサヒのスーパードライの2種類があったが、みんなが手を出すのはヱビスばかり、アサヒ離れが進んでいるのかな?
ヱビスも白を用意しておいたら、先にその白がなくなった。
皆さん、美味しいものを知っておられるようだ。

さて、残ったビールをチビチビと飲んだら、いつものように発泡酒か第3のビールに移行しますわ。
毎年の、春だけの贅沢でした。

今回、漬けたキムチが大好評で、一番受けたかな?
お土産に持たせたキムチ、気むちよく食べていただければ、それだけでも嬉しいです。


私のキムチは
1.軽く白菜を塩漬けにし、一度塩抜きをする。(水分を減らすため)
2.出し汁(鰯や鰹)を作り、冷ました後、烏賊の塩辛、アミ(小エビ)の塩辛、韓国製粉唐辛子を入れ、おろしたニンニクをさらに入れて混ぜる。
3.白菜を一口大に切り、樽に入れ、その中に2.の赤い物体をよく混ぜ合わす。(一枚一枚の葉っぱに塗りつけるなんて、面倒です)
4.重しをかけて、じっと待つ
※それぞれの分量は霊感でやってますので、皆さんも分量は各自で、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

咲いた、咲いた

たった五輪ですが、家の近くの桜の木に咲きました。
A3220(写真は二つですが)
まさか、たった五輪で騒ぐじゃないが、TVからはパラリンピック(パラ五輪)の話がほとんど聞こえてこない。
あちらでは、金が三つも取れたのに、、

日本では、障害者の人が住みやすくなるように、いろんな設備が出来ているのに、報道機関ではあまり感心を持っていないのか? それとも我々自身が障害者を理解していない?
障害者には誰でもなる可能性があるのに、、、 そして、その逆はない。

桜の話から外れてしまったが、
本日東京でも、
ここ我が家の近くでも桜の開花宣言です。

酒が飲めるぞ~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昔話 67 時鐘

時は鐘なり?

船の当直は4時間ごとに交代である。 三直では一日の間に2回8時間の休みがあるので、睡眠時間も、そこそこ取れるが、育ち盛りでは眠いこともある。 当然、当直30分前には、全直の人が起こしに来るし、当直が終わっても巡回などに時間をかけると、一度に取れる睡眠は、7時間を切ることもある。
今回は東西に航走するので、毎日船内の時間補正をする。 東に行く時は、毎日太陽が昇るのが早くなるので、午後に時間を何分か進める。 日付変更線を超えると、一気に一日延ばす。 そんな時間調整が毎日ある。 どんな腕時計も、こう毎日時間を変えていたら、今が何時何分なのかよく判らない。 当然、船内時間に従って当直交代やら、食事の時間も決まっているので、そちらが優先される。 毎日グリニッジ時間を計算しているわけもいかず、面倒なので、腕時計ははずしたまま。
さて時刻を知るにはどうするか?

帆船では、毎30分ごとに時鐘を鳴らすのだ。 余分なエンジン音もなく、波が船体を叩く音を除けば、鐘の音はよく響きます。
ただ、鐘をコツンと叩いても時間が判らないので、当直交代後の最初の30分で鐘一つ、
1時間で二つ、1時間半で三つ、、と増えていくが、数を数えやすいように、2個ずつまとめてカン・カーン、 カン・カーンと叩くと(この場合は2時間)何時かが判る。
どの当直も八点鐘で、当直交代となるが、夕方の4-8(16:00~20:00)の当直だけは、鳴らし方が違う。

18時の4点鐘は普通だが、18時半の5点鐘は1回しか鳴らさない。19時半には3点鐘を鳴らし、20時に一気に八点鐘を鳴らす。
これは海の悪魔?海神?が、船を夕刻に襲おうと考えて近づいてきたら、1点鐘しか鳴らないので、まだ時間が早いと思い、夕方の闇を待っていると、急に20時になって、襲うタイミングを逸してしまい、スゴスゴ帰って行くという言い伝えがある。

多分、夕食時に時間を取って交代で食事する時の慣習からだとは思うが、海のロマンを感じさせる逸話ですから、信じている振りをします。

さて、私の人生の八点鐘は、いつ鳴るのだろう? 次は4点鐘と思っていたら、急に八点鐘が鳴ることだけは避けたいが、、、、、いまだに、まだ4点鐘が鳴ると思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/03/21

さらば、女性のその、、、

A32032


今日は、娘の卒業式に行ってきました。
流石、某女子大、午前午後と学生を二つに分けても、大きな講堂に入りきらず、早めに行って座席を確保しました。
その整理券も長蛇の列でした。A32036


学長の長い、なが~い祝辞を聞いていると、眠くなり、爆睡。
その後、先生とのお話を聞く茶話会がありましたが、テーブルには軽食のみ。A32044

A32047


お腹がすいたので、学食で台湾式味噌ラーメン(¥420)を戴く。

男性用トイレだけはキチンと表示されているが、個室ばかりで、立ち××の容器が置いてない! 女子大だけにそりゃそうだが、、、
ここは、男が阻害された場所だと実感。

卒業式の袴のレンタルをすぐ返す学生ばかりだが、着替えの体育館から出てくる彼女たちを見てみると、髪の毛をアップ、化粧は濃く、その洋服姿がちょっとアンバランス、

どっかのキャバクラ嬢に見える。
(≧▽≦)ノ"ギャハハハ

これで、私も女子大の敷地内に入ることがなくなるだろう。
ゆっくり数えても、両手の指の数ぐらいしか経験がないね。
ま、娘のお陰で、多少なりとも楽しませて頂きましたが、 これにて、さようならですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/03/14

昔話 66 回し方用意

この日本丸は横帆だから、斜め後から風が当たると帆走の効率が良い。
縦帆のヨットぐらい性能が良ければ、風上側にかなり切り上がれるのだが、横帆船の悲しさ、精々真横から1点(22.5゚)ほど風上側に切り上がればいい方であろう。 
横帆船は、動きの鈍い学生達が操作するのであれば、スピードを上げても、上手回し(タッキング)など無理であろう。

上手回しは、船の進行方向を変える一つの方法であるが、これは、帆を引き込んで その角度を真横近くにして切り上がり、無理矢理、船の針路を惰性をつけてそのまま風上に向けて行って、風の入り込む舷が反対に回った時、帆の向きを一気に反対側へ向けるのであるが、風に正対した時に、セイルは裏帆を打ち、風にしばらくの間押し戻されるような格好になる。
そして一気に6枚のセイルの向きを変えるのは、無理・無理・無理だろう。
カッターボートでは、ジブ(先端帆)を押さえて、楽にジャイブして回れたのに、。

これに対して、下手回し(ウェアリング)は、舵を風下側に回してグルリと一回転する方法で、危なげなく確実に船の向きを変えることができる。船の針路に合わせて、ゆっくり帆の角度調整もできるので、素人向けの技法。 ただし、風下側にだいぶ落とされるので、風上に切り上がってきた帆走の利得をかなり失うことになる。 だから、風下側に暗礁などの障害物があった場合は、下手回しなどできない相談となる。

ある時、後から風が吹いているのに、また針路を変えるという、士官同士のこそこそ話を聞いた。
"回し方用意、かかれ~!"と言う号令は聞きたくないな、、。 当直交代後にして欲しいね、まったく。
大海原の西の端で、まだ、航海を始めたばかりなのに、ブレースを引くだけでも重労働なのだ。 先が思いやられる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おう神様、たった神ひとえなんですね。

金曜日
会社で会議中に、同僚が手招きしている。
重要なところだったので、5分ほどして、会議を抜けて聞くと、、、

「家から電話があったよ!」

鞄の中の携帯を見ると、、「着信アリ」

家にかけると、娘が車を追突させたらしい。
怪我のないことを確認して、後は保険屋への連絡方法などを指示した。
娘は相当落ち込んでいる。
「怪我もしてなけりゃ、させてもいない。車なんかどうでもいいから、今日一日落ち込んでりゃいいョ」と言ったよ。

A312
帰ってから車を見ると、前のバンパーに貼り付けておいた「三島大社の交通安全のお札」(反射板)が、粉々となってはずれている。他はなんともない。
相手の車は、かなり凹んでいるようだ(写真で)。

土曜日
歯医者やら大学の後援会やら いろいろと用事があったが、夜はコッソリと なじみの店の7周年記念ステージを楽しんできました。
何せ、ちょっと遠くだけど、好きな音楽系統のライブをしながら、お酒を出すのはこのお店だし、かれこれ3~4年ほど通ってる(3月に1回だけど)。
今回は、出演者が一曲だけで交代するから、言ってみればダイジェスト版である。04050706


その後、帰宅すると
奥様が出てきて、こうおっしゃった。

「ぶつけられちゃった!」
聞くと、交差点を出たところで、後から追突されたらしい。
それも二重玉突きの先頭車である。
Back00

被害は甚大で、後はかなり凹んでいるし、、、、、、
車に乗せていたロールケーキ様もグチャッといってしまった。
これが一番めげてる(笑。

事故の状況を聞くと、交差点の向こう側が空いたので、青信号で車を前に進めた。
交差点を出たところで、前の車がつかえているので、停車したところ、後から追突された。
運転していた爺様は、謝ろうともしなかったらしい。爺様の車の後も二重に追突されていたせいかも?
娘の場合は、交差点前で止まっていた時、後部座席のティッシュ箱を取ろうとして、ブレーキから足が離れたせいのようだ。
加害者と被害者、今うちでは、その両方を一度に味わってます(笑。

{ なるほど、神様のご加護は素晴らしい。
  お札で、自車の被害がなかったこと。
  お札を取ったら、一日で大被害! }

息子に言って、三島大社のお守りたくさん買ってきて貰おうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/07

昔話 65 総帆展帆

さて、出航してから2日も経つと、学生達の訓練も質が上がってきて、つまりそろそろ帆の名前、役目、ロープの名前などが頭に入ってくる。
偏西風の風が良く当たるようになると、帆走に入ることとなる。

野島崎を離れれば、ここは大海原の太平洋。 行く手は何千浬も先がある。 
食事をし、腹も落ち着く午後一時、総員配置になった。 とりあえず、班毎に分かれて受け持ちのマストに行き、登艢の号令が掛かるのを待つ。 船長の合図に従い、士官がマストに上がる号令をかけた。 士官一人でマスト1本。 学生がマストを登り、ヤードに散っていく。そしてセイル(帆)を止めているバントラインを解き降りてくる。
これで、船が動き出すわけではない。
一番下のセイル(Course)やロワートプスル(Lower-tops'l)、ロワートゲルンスル(Lower-topgallans'l)などは良いが、やっかいなのが、アッパートプスル(Upper-tops'l)である。

76_mast


当然の事ながら、セイルを張るにはヤード(帆桁)に取り付けられたセイルの下の隅を引っ張ればよいと思うでしょうが、ここのセイルはヤードを持ち上げる事で帆を拡げるタイプである。 アッパートゲルンも同じであるが、そっちの方はまだ軽い。 10人以上でハリヤード(揚げ索)を引かないとヤードは上がっていかない。 もし、これで、風が強く吹いていたら、どうなるんだろう? 上がらないだろうな? イヤ、我々の息が上がった。

セイルが広がっても、のんびりとは構えて居られない。 すぐブレース(桁回し)を引けの号令が掛かるからだ。そして、最後にロープをコイルダウン(すぐのばせるように甲板にとぐろを巻かせる) ふと時計を見ると2時近くになっている。 重労働だ、風が首筋の汗を撫でてゆく。
今夜のビールはきっと美味いぞ、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/06

美味しいものはバリウムではなく、

金曜日は年に一度の健康診断の日。
空きっ腹抱えて、東京タワー近くの診療所に行きました。
10時過ぎには終わったので、そばに蕎麦屋がないかと、展望台から探しました。高いところに上がったのに、、、、
って、高すぎて判るわけないじゃん。A3055窓から下を見るとメッチャ怖い。 恐る恐る窓の上に乗ってみた。 メタボでは割れるかと思ったがセーフ、身が細る思いでした。(笑。

これから食べるのは、結局は、バリウムと一緒に出て行くわけだから、質の高い食物でもなくてもいいが、浜松町近くの豚骨醤油麺「福気ラーメン」87を戴いた。
¥680が一緒になって流れていくのかと思うと、もったいない気持もあったが、スープがうまい。 そして麺の腰がしっかりと絡んで、口から胃に行くのを嫌がっていたわ。

会社に戻ってから、昼休みヌキで仕事して、会社でとりあえずスッキリ。
午後はまた、すぐ太陽光関連の展示会へ、外出。
案の定、帰り際に新橋に戻ってきたら、お腹が鳴っている。
1あのお店にお立ち寄りすることとした。
そろそろ、この辺りでビールかと思ったが、入った途端、店でタバコ吸っている奴がいた。 煙が流れて来て、とたんに嫌気がさしてきた。
ここ鰻のお店だろう?「うなぎのお宿」
浜松からの直行だから 日本物の鰻なのになぁ、
Photo
タバコなんか吸って店の味を落とすなよな。

一息ついてから、家に帰り、落ち着いて最後のバリウムとおさらばしました。

やはり、バリウムより、ラーメンや、うなぎの方が美味しい。
でも胃カメラよりましかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/03/02

食と温泉

前日に借りたハイエースGCを駆って、0750に駅前に到着、既に6人集まっていた。
一人来て、残り一人を電話で呼び出すと、、、
降り続く雨の中、小走りに来た。
さて出発であるが、歓声はなく、お喋りが途切れない。
せいぜい この旦那に聞くのは、「○○さん、いつ頃着く?」
カーナビ情報と旦那の勘で答えるが、カーナビはとろい。 到着予定時刻はいつも遅め。
案の定、9時半の到着予定が9時に着く。
その最初の予定は施設見学で、当然ささっと終わらせ、次は観光である。

宇都宮でトイレ休憩を挟んだ後、白河インターで降りて昼食にしようと思ったが、降りた付近にはドライブインのようなものがなく、「まぁ、どっかにあるだろう」と山道に入ったのが、12時半だった。
山に上がっていくと、「キョロロン村」とか「チャボランド」とかの看板があったので、それを頼りに走って行くと、前の車が「チャボランド」の方に曲がり、丼のマークが看板にあったので、さっとハンドルを切った。
チャボランドだったら、焼き鳥かな? 鴨南蛮なんかも良さそうだなぁと車内で話してた。
一人先遣隊が聞きに行ったら、
「チャボ」じゃなく「チャポ」、お風呂にチャポンとはいる意味で健康ランドであった。 だが、ここ以外は山を下りないと食事が出来る場所はないと言われ、「ムフっ、正解」。
午後1時の遅い昼食となった。
みんなが「味噌ラーメン」という中を、旦那だけは、「唐揚げ定食」!Torikara

まだ、チャボが頭から離れていない。(#^.^#)

次は「大内宿」
昔の宿場町と言うことだが、両側のお店は食い物屋が多い。 突きあたりの上にあるお堂からなら一望できると考えて、滑りやすい雪道を登って行く。 どうも中国語や英語の声が聞こえるのは耳のせい?
いや、実際に観光客の半数近くが外人であるのにはビックリした。 雪の坂を登るのに手を貸したのはそんな人達。 無理して上がった景色は素晴らしい。 雪に宿場町が映えてる。Photo_4


 
聞けば、午前中は吹雪だったそうだ。 神様に感謝。 あの山道の途中、一カ所雪の路面を走ることがあって、スノータイヤを履いてないこの車、全行程が雪なら、今頃は事故ってるに決まってるわ。 晴れた空に感謝である。

宿に着いたのは5時半、ドアを開けると、硫黄の匂いが鼻を突く。
今夜の宿は、高湯温泉の「安達屋」さんである。Photo_5

さっさと露天風呂にはいるが、以前より少し湯ノ花が少ないのではと感じたが、それでも掛け流しのお湯は素晴らしい。 流石、奥州三名湯?
食事は囲炉裏端で炭火にあたりながら戴く。 鯰の刺身!! チーズ入りの茶碗蒸し!など普段では戴けないものばかり。 岩魚の串焼きも美味しかったゾ。Robata

勿論、運転手はお酒をがぶ飲みである、( ^_^)/▼☆▼\(^。^ ) チン♪。

寝る前と、起きてからも更に温泉に浸かり、充分堪能しました。
朝食は、昨夜とは別のところでビュッフェ形式、ただし、品数は30以上で豊富でした。
おしなべてみて、かなり満足できる旅館でした。
朝、源泉を見ることがあり、なるほど、この温泉地は湯量が多く、掛け流しがしっかり出来ることを確認しました。

帰りにふもとのお店に入り、土産を買った後は、しっかりアクセルを踏んで、12時に茨城県の「那珂湊港」に到着、美味しい昼食を戴きました。Photo_2

Photo_3


ここでも、みんなが「握りランチ」(千円)を頼む中、一人だけ「海鮮丼」(¥1,890)である。 ← なんと我が儘な、、、協調性がない! そう思われてもしょうがない状況ではある。 でも美味しかったョ。
また、ここでも、お土産を買いあさった皆さん、確かに車にはスペースがいっぱいあるが、段々輸
送トラックの様相を帯びてきた。
最後に立寄った「偕楽園」Photo


でも、また御菓子類を買う人達、確かに家の近くまでは送り届けますが、、、
今回は買い物ツアーだったのか?
旦那の分もしっかりあります。

レンタカーを返したのは、6時15分前。 予定より2時間早めの余裕でしたが、走行距離は2日間で834㎞、疲れましたわw。
参加した皆さんは、笑顔で帰宅。 家で、土産話に華が咲くことでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »