« 22歳になった | トップページ | 研修よりも食い気か »

2010/02/06

昔話 63 出航

東京は詰め襟の学ラン、神戸は紺色のダブルのスーツ。
これが冬の制服である。
76_0008


10時から出港式であるが、田舎からの家族の送りはない。
ましてや、付き合っていた彼女も、神戸からでは遠い、、、ここは東京の晴海埠頭H2岸壁。
出航前にカメラマンやら、別れを惜しむ家族がたくさん乗り組んでくる。
76_4


「お願いします」と言われたら、ツーショットでも何でも収まるように笑顔をを出します。
でも辛いですね、家族が来ないのは、もっと辛いのが、恋人も来てくれない、またはいない事が、、、、

何回かは、シャッター音にごまかされましたが、「もし恋人がいても、ここまでは来られないだろう」と自分を慰めます。
半年間の別れになると、皆傷心(小心)者になるのは普通だろうと思う。
私なんぞもやはり相当心を病んでました。

そうこうしている内に、全員が後部甲板に集められ出港式の挨拶となった。
出港式も名残惜しい衆目からの耳目を集めたが、H船長の言葉も、私の心には虚ろに聞こえ、何も記憶はない。
出航の前には、船内に密航者はいないかサーチするが、流石に半年もバカ学生と密航をするような人はいなくて、(狭い船内、隠れようがない)
外部が全員下船したのを確認し、午後、学生は作業服に着替えた後、船はH2岸壁を離れはじめた。
この時、号令がかかる。

「総員、登り方用意!」
「かかれ!」

定位置に着くと、バウスプリットの学生が、
「帽をとれ、ごきげんよう、ごきげんよう、ごきげんよう!」
と声をかける。
薄曇りの空と東京タワーが妙に心を騒がせます。
それもつかの間、名残惜しむ間もなく、デッキに下ろされて、お台場の砲城を過ぎ、観音崎過ぎる頃には、空は茜色に変わっておりました。

|

« 22歳になった | トップページ | 研修よりも食い気か »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、Samsonさん。

"半年間の別れになると、皆傷心(小心)者に" と
いうのが伝わってきますネ。

投稿: てっちゃん | 2010/02/06 08時15分

にけねこが初めて
練習帆船を見た年のお話ですね。

(にけねこは神戸港第四突堤の海王丸でしたが…、
今でもあの時のことは鮮明に
記憶しております。)

以前、氏が恋人との別れについて
書いていらっしゃいました。
若い日の思い出、
と言ってしまえばそれまでですが、
惜しみなく青春を謳歌したあの時期は、
何物にも代え難い財産では?

投稿: にけねこ | 2010/02/06 10時26分

てっちゃん<半年というのは、ほんと辛いです。 何かで寂しさを紛らわさないとね。


にけねこ<青春を謳歌すると言えば聞こえは良いけど、貧乏と悲恋とが混ざった辛い日々でもありました。 
ちょっと肌寒い薄曇りの東京湾は、余計に寂しさを感じさせました。

投稿: Samson♪ | 2010/02/06 23時24分

にけねこもボンビー学生でしたけど、
まあ、両親が揃ってましたから。
ただ男子と違って
お金を使うことは少なかったんではないかと
思いますです、ハイ。
お酒も飲まないし、
男子に比べれば食べる量もしれてますし…。
(今は負けません。)
ただにけねこも卒業後、しばらくして
悲恋の憂き目に遭いました。
今でも思い出すと切なくて泣けるニャン。
だから半年くらい待てなくてどーすんの、
って…。
先のない別れは辛いニャン。

投稿: にけねこ | 2010/02/08 15時23分

にけねこ<まぁ、今となれば淡い思い出。
素敵な旦那様と出会ってるんでしょう?
それよりも、母上、娘との会話が楽しいかもね。
=^_^=

投稿: Samson♪ | 2010/02/09 00時30分

素敵かどうかはご想像にお任せ致しますが、
にけねこには勿体ない旦那様でございます。
我が子にモテモテで、
娘が、
お父さんみたいな人がいい、
と申します。
この幸福者めッ!

投稿: にけねこ | 2010/02/11 00時34分

にけねこ<どこの娘も似たようなことを、、、ただ、今では「加齢臭がどうのこうの」とか、「ウザイ」とかいう褒め言葉を戴いていますわ。
coldsweats01

投稿: Samson♪ | 2010/02/11 11時08分

加齢臭?!
ウザイ?!
shockweepshock
まだ、だんな様は娘からそうは
言われてはおりませんけども・・・
にけねこが気をつけてあげなきゃsweat01

投稿: にけねこ | 2010/02/12 20時05分

にけねこ<じゃぁ、いいお父さんなんですね。
きっと賞味期限が長いでしょう。
私は賞味期限がすぐそこまで、shoedash

投稿: Samson♪ | 2010/02/13 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/47488210

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 63 出航:

« 22歳になった | トップページ | 研修よりも食い気か »