« 今年の納会 | トップページ | 気に入らないマニキュア »

2009/12/27

昔話 58 海外の味

東京商船では、海外留学生を受け入れていた。
インドネシアからの留学生で、ウなんとかかんとかじゃ、という名前だが、えらく長いので、ウィDと呼んでいた。
彼は、流ちょうな日本語を話し、我々の話をほぼ完璧に理解していた学生である。
たまに、自分に不利なことは「判らない」と逃げるのだが、愛嬌があって憎めない奴である。
海外からの留学生は、最近では珍しくないのだが、このときは物珍しさもあって、仲良くしていた。

これは、彼個人の嗜好であるか、民族性なのかが判らないが、美味しい調味料の作り方を教わった。
インスタントコーヒーの瓶に唐辛子を細かくみじん切りにして、
砂糖とタバスコ一瓶、少量の塩を入れてかき混ぜる。
美味しくないおかずの時は、この調味料がぴりっとして、ぐっと料理が引き立つのだ。
辛党の私にとっては、素晴らしい調味料。

新鮮な野菜は、行く先々で調達するが、そうでなくとも、安い食材はまとめて購入するので、乗船してすぐの期間は、この安い現地食材の余剰品が出てくる。
学生時代にはあまり食べたことのないロブスターもその一つである。

ただ、そんな美味しい食材ばかりとは限らないので、上記のような辛み調味料は重宝した。
辛くて塩気もあるので、まるで海苔の佃煮感覚。
そんな辛党でなくても、佃煮のような自分好みの味の瓶とか、マヨネーズとかを皆さん必ず一つは用意していましたね。
名前を書いて、共用の冷蔵庫に保管。
勿論この冷蔵庫の主役はビール! けんかにならないよう気を遣ってましたョ。

|

« 今年の納会 | トップページ | 気に入らないマニキュア »

船の昔話」カテゴリの記事

コメント

にけちゃんの友達のSちゃん、
まれに見る美貌の持ち主。

彼女はマヨネっこ。
何にでもマヨネーズをかけてしまいます。
彼女が散らし寿司にマヨネーズをかけた時は
驚きました。

でも今はお寿司にマヨネーズ、
全然、珍しくないのでございます。

にけちゃんの旦那さまの実家では、
焼き塩鯖にマヨネーズ、
最初はびっくりいたしましたが、
けっこういけるかニャン?

投稿: (=^・^=) | 2009/12/29 16時05分

にけねこ<偶にはいますね。 マヨラー。
何にでも、マヨネーズ。
どこでも、持ち歩いていたりする。

私は、唐辛子。
何にでもかけるように、、、
(これで、醤油をかけず、塩分控えているのだ)

投稿: Samson♪ | 2009/12/30 08時02分

あー、でも、
唐辛子は確かに
塩分摂取を少しでも抑える効果を
期待できますです、ハイ。

投稿: にけねこ | 2009/12/31 23時06分

にけねこ<持ち歩く訳じゃないけど、よく唐辛子を使います。

投稿: Samson♪ | 2010/01/02 17時21分

にけねこも好きでございますよ、
特に黒七味…。

投稿: (=^・^=) | 2010/01/03 23時20分

にけねこ<あの「黒七味」ですね?
七味は、配合が肝心だから、、それで、結構味が変わっちゃうんです。
黒いのはまだ経験がない。
どんな味なんでしょうね=^_^=

投稿: Samson♪ | 2010/01/04 23時01分

そうだ、
にけねこのブログにもUPしたのでございました。
原了郭の黒七味は山椒が多いのだとか。
だから黒っぽい色をしていますね。

JR.摂津本山駅北側のやや三宮方向に、
黒七味を使っているおうどん屋さんがございます。
オジサマ、たまには神戸にもいらしてくださいましね。

投稿: (=^・^=) | 2010/01/07 00時21分

にけねこ<すいませんなぁ、明日は大阪止まりですわ。
神戸まで後ちょっとが、、、、一泊するか?
無駄遣いは、、ちょっと遠慮しトコう。
次の機会かな?

投稿: Samson♪ | 2010/01/07 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105035/47124607

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話 58 海外の味:

« 今年の納会 | トップページ | 気に入らないマニキュア »